新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

終末のワルキューレ 第1話~第12話(全12話)

TVアニメさ行,TV-アニメ

終末のワルキューレ
今、700万年続く人類の歴史が、幕を閉じようとしている──。1000年に一度、全世界の神々が一堂に介し、天界で開催される「人類存亡会議」。
人類が冒してきた愚かな行いにより、全会一致で「終末」の判決が下される直前、半神半人の戦乙女<ワルキューレ>の一人、ブリュンヒルデが異議を唱える。「ただ滅ぼすのでは芸がない。人類を試してみては?」。彼女が提案したのは、神 vs 人類最終闘争、通称「ラグナロク」。全世界の神々と、歴史上の全人類から選ばれた代表者たちが一対一のタイマン勝負をする。全13番勝負、先に7勝した方が勝利となる。

しかし、人類が神に勝つことなど絶対不可能。神々が嘲笑する中、ブリュンヒルデはなおも挑発する。「もしかして、ビビってるんですかァ?」。その言葉は神の逆鱗に触れ、怒りのままに、神々はラグナロクを承諾。

かくして、ブリュンヒルデたちは、700万年の人類史から最強の13人を選びラグナロクへと挑む。果たして人類は神を超え、終末を阻止できるのか? 超絶怒涛の真剣勝負<ガチンコ>バトル、開幕!

キャスト・作品情報



監督:大久保政雄 出演:沢城みゆき、黒沢ともよ、関智一、緑川光、高木渉 シリーズ構成:筆安一幸 キャラクターデザイン:佐藤正樹 音楽:高梨康治 アニメーション制作:グラフィニカ
製作年:2021年
製作国:日本


ストーリー・サブタイトル



第1話「ラグナロク」ヴァルハラ評議会では、神々の満場一致で人類滅亡が決まろうとしていた。だが、戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは、採決に異議を唱える。

第2話「好敵手」ついに始まったラグナロク第1回戦は、中華最強の武人・呂布奉先と北欧神話最強のトールの戦い。互角の攻防に、戦いを見守る神々は驚きを隠せない。

第3話「必殺技」呂布に神と渡り合う武器を授けるため、ブリュンヒルデは妹のランドグリーズを召喚。彼女の肉体は神器へと姿を変え、盾を破壊する力を呂布に与える。

第4話「歓喜」トールの真の必殺技を受けた呂布は両足を破壊され、絶体絶命の窮地に。そこへ赤兎馬(せきとば)が乱入し、人馬一体となった呂布は究極の一撃を放つ!

第5話「File No.00000000001」激闘の興奮さめやらぬまま始まる第2回戦、人類存続への希望をつなぐために選ばれたのは、神に対して最も憎悪を抱く男。彼こそは全人類の父、アダム。

第6話「華麗なる模倣」予定を強引に変更し、闘技場に現れたゼウス。相対するアダムはワルキューレのレギンレイヴと神器錬成(ヴェルンド)し、メリケンサックを手にする。

第7話「楽園追放」アダムがゼウスを打ち倒し、人類に待望の初勝利をもたらしたかに思われた。しかし、ゼウスは力を振り絞って立ち上がり、アダムに戦う理由を問いかける。

第8話「あふれる愛」ゼウスは最終形態となって真の力を解放し、アダムと壮絶な殴り合いを繰り広げる。だが、ダメージが蓄積したゼウスの体は、限界を迎えようとしていた。

第9話「大海の暴君」人類存続のためには、次の勝負に敗北は許されない。必勝を期する人類の前に、神々すらも恐れる大海の暴君こと海神ポセイドンが立ちはだかる。

第10話「最強の敗者」佐々木小次郎は秘剣"燕返し"を放ち、ポセイドンに神速の一撃を打ち込む。だが、ポセイドンの強さと恐ろしさは、小次郎の想像をはるかに超えていた。

第11話「燕が見た深淵」ポセイドンに刀を折られ、追い詰められる小次郎。その時、折れた刀はフリストの能力によって二刀へと生まれ変わり、小次郎は新たな境地を開く。

第12話「そしてラグナロクはつづく」小次郎の"二天岩流"をもってしても、ポセイドンの猛威は止められない。小次郎は敵の底知れぬ強さに絶望しかけるが、勝利を求めて再び奮い立つ。
【hulu】【unext】【Abema】【動画】【TSUTAYATV】
【WATCHA】【dmm】【Paravi】【fod】【とれまが】【Amebaマンガ】

【hulu】【unext】【WATCHA】【Abema】【動画】【01】【02】
【03】【04】【05】【06】
【07】【08】【09】【10】
【11】【12】 【ブログランキング】
【MV】 【cinema】 【ディズニープラス】 【danime】 【アニメ】 【動画】 【FC2ランキング】