新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

バキ「最凶死刑囚編」第1話~第25話(BAKI)

板垣恵介さんが「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて1991年より連載中の人気格闘マンガで、地下闘技場の最年少チャンピオン・範馬刃牙とさまざまな格闘技の達人たちとの戦いを描く。累計発行部数は7,000万部を突破、過去にはOVAやTVアニメが制作されている。現在までにコミックス全123巻+番外編3巻のほか、数多くのスピンオフを展開。 新しいテレビシリーズは、2001年にアニメ化された第1部「グラップラー刃牙」の続編である第2部「バキ」の「最凶死刑囚編」から描かれる。『グラップラー刃牙』の続編。「刃牙」シリーズ25周年記念作品。
世界最強の男である、父「範馬勇次郎」を超えようと、ひたすら強くなるため己を鍛え続ける主人公「範馬刃牙」。そんな時、世界中から最凶かつ最悪の死刑囚5人が同時に東京へ集結しようとしていた。彼らの目的は『敗北を知ること』。あまりに強すぎた死刑囚たちは生きることに倦み飽きており、自分たちを圧倒し、完膚なきまでに叩き潰してくれる者として、刃牙たち闘技場戦士を闘いの相手に選んだのだ。この非常事態に刃牙以外にも花山薫、渋川剛気、烈海王、愚地独歩たち地下格闘技の闘士たちが立ち上がる。今ここに最凶死刑囚と刃牙達の熾烈極まる闘いの幕があがる!
【原作】板垣恵介「バキ」(「週刊少年チャンピオン」秋田書店刊)
【監督】平野俊貴
【出演】島﨑信長、菅生隆之、島田敏、小山力也、江口拓也、銀河万丈、子安武人、津田健次郎、茶風林、二又一成
【シリーズ構成】浦畑達彦
【キャラクターデザイン】鈴木藤雄
第1話「シンクロニシティ」 数多くの死闘が繰り広げられた地下格闘技トーナメントからしばらくの時が経ったある日の事、範馬刃牙は地下格闘技の主催者である徳川光成に呼び出される。そこで刃牙は光成から、世界各地の刑務所にいる凶悪な死刑囚5人が「敗北を知りたい」という同じ言葉を残して刑務所を脱獄、そしてその5人が示し合わせたかのように東京へと向かっているという話を聞かされる。

第2話「黒格闘技」 光成の話によれば世界各地の最凶の死刑囚5人は、地下格闘技のチャンピオンである刃牙を狙い、東京に集結しつつあるという。刃牙は今一つ信じられずにいたが、死刑囚たちは、続々と日本へと上陸を果たし、その凄まじいまでの凶悪さと圧倒的な強さの全貌を明かし始めていく。そして刃牙も死刑囚の一人、スペックとの邂逅を果たす。

第3話「来た!来た!!来た!!!」愚地克巳が長を務める実戦空手・神心会本部道場に招かれた烈海王が特別コーチとして中国拳法を披露する中、そこに死刑囚のドリアンが乗り込んでくる。また一方、徳川光成とプロレスラーの猪狩完至が元世界一の柔道家・舘岡を連れて会食をしていると、死刑囚の一人であるシコルスキーが突然姿を現し、猪狩達に攻撃を仕掛けてくる。そのころ刃牙はというと学校の体力測定に挑んでいた。

第4話「死闘開始!!」偶然か必然か、刃牙、愚地独歩、烈海王、花山薫、渋川剛気の地下格闘技の闘士たちとドリアン、スペック、柳、シコルスキー、ドイルという最凶死刑囚たちが地下格闘技場へと集結した。凄まじい緊張感が支配する中、徳川光成が闘いの始まりを高らかに宣言する!!

第5話「まだやるかい」心を許している唯一の女性、松本梢江と夜の公園を歩いていた刃牙。甘い雰囲気が漂う2人の様子を物陰から見ていたスペックは、今がチャンスと刃牙に襲い掛かろうとする。しかしそうはさせまいと、伝説の喧嘩師である花山薫がスペックの前に立ちはだかる!!

第6話「片平巡査の報告書」激しさを増していく花山とスペックの闘い。その死闘の中、スペックは警察署内から盗んできた銃弾を花山の口内へとぶち込み、破裂させる。辺りに爆裂音が鳴り響き、立ち込めていた煙が払われると、そこにはもはや人とは呼べない一匹の怪物が立っていた!

第7話「最強タッグ」刃牙が通っている高校の教室へと乗り込んできたドイル。刃牙は機先を制しドイルに一撃を加えて校舎裏へと逃げるが、そこで学校の職員に変装した柳龍光と出くわす。柳は武器を使うことに全く躊躇せず、凄まじいスピードで鎖鎌を振り回し、刃牙へと襲い掛かる!!

第8話「試合と本番」柳龍光との闘いの後、渋川、花山、烈、独歩たちと共に徳川家へと集合した刃牙。光成を中心にして、目の当たりにした最凶死刑囚たちについて話し合っていると、その場所にドリアンがたった一人で厳重な警備を突破し、乗り込んでくる。

第9話「神心会激震!!」神心会空手において一番の武闘派で知られる加藤清澄は、徳川邸から姿を消したドリアンの後を追跡し、下水道の中にある隠れ家を突き止める。そして始まるドリアン対加藤…格闘技の枠からはみ出した、ルール無用の死闘が始まる!!

第10話「空中決戦」日本全土で100万人もの会員を持つ超巨大組織、神心会空手の会員たちの鉄の結束によって、遊園地へと誘導されるドリアン。その場所でドリアンを待ち構えていたのは、加藤清澄の同期の桜である末堂厚だった。怒りに燃える末堂は、問答無用でドリアンへと殴り掛かる!!

第11話「虎殺し」謎多き死刑囚・ドリアンの過去が明らかになり、驚きを隠せない愚地独歩とその息子である克巳、そして烈海王。次のドリアンの対戦相手として前に進み出たのは、神心会空手の創始者、人呼んで「虎殺し」と呼ばれる独歩だった…!!

第12話「キャンディ」格闘技界の伝説として名を馳せる愚地独歩の放つ拳がドリアンに強烈なダメージを与えていく。ドリアンが生まれて初めて恐怖を抱き、震えあがったその時、独歩が瀕死の重傷を負っている加藤清澄をドリアンの前へと連れてくる。

第13話「ミスターオリバ」突然、刃牙が慕う女性である梢江の前に現れたシコルスキー。恐怖に震える梢江は刃牙の名を絶叫する。一方、警視庁では死刑囚たちが東京の街を跋扈するこの状況の収拾をつけようと「オリバ」と呼ばれる謎の人物の協力を仰ごうとしていた。

第14話「許されぬ自由」犯罪者にも関わらず刑務所を自由に出入りし、警察等が匙を投げた難事件を解決するオリバが、死刑囚たちの身柄を確保するため来日する。そのころ拉致された梢江が監禁されている部屋にはシコルスキーの他に思いもよらない人物がいた。

第15話「超筋力」死刑囚が相手でも圧倒的な強さを誇るビスケット・オリバ。しかし強さの底はまだまだ見せていなかった。そんなオリバが警視庁の柔道場に逮捕術の指導に来ていた渋川剛気と稽古をすることに。

第16話「斬撃」柔道の稽古にも関わらず、圧倒的なパワーだけで強者たちをブン投げていくオリバ。その様を見て、次の対戦相手として渋川剛気がオリバの前へと進み出る。一方そのころ、神心会道場では斬撃空手の使い手・鎬昂昇が死刑囚との対戦を熱望し、愚地克巳と協力体制を築こうとしていた。

第17話「親父ッ!!」斬撃空手の使い手・鎬昂昇と全身凶器の死刑囚・ドイルの息詰まる死闘がクライマックスを迎えようとしていたその時、刃牙は自宅にて最愛の女性である梢江と甘く、それでいて緊張感が張り詰める時間を過ごしていた。

第18話「アリガトウ」中国拳法の最高傑作とも称される烈海王は、武具を用いた闘いでも凄まじい技量を持っており、武器の使い手であるドイルを追い込んでいく。そしてまさに決着がつこうとしたその時、更に怪物具合を増したあの男が現れる!!

第19話「認めるかい?」神心会道場を大爆発させ立ち去ろうとしたドイルの前に立ちはだかったのは人喰いオロチこと愚地独歩だった。勝つために手段を選ばないドイルの闘い方に嫌悪感を覚える独歩は容赦ない攻撃をドイルへと打ち込んでいく。

第20話「SAGA」柳龍光のかつての師匠である大日本武術空道のマスター、国松のもとを訪ねた徳川光成は、そこで空道の恐るべき秘技・毒手についての講釈を受ける。そのころ刃牙は想いを寄せている梢江に、男として一世一代の勝負を挑もうとしていた。

第21話「制裁」梢江と結ばれ男として一皮も二皮もむけた刃牙に対し、柳龍光もシコルスキーも単独では歯が立たず、2人で刃牙へと攻めかかるがそれも通用しない。そのまま2人を完膚なきまでに叩き潰すかと思われたその時、刃牙は思いもよらない行動に出る。

第22話「超雄対決!」ロシアの英雄であるアレキサンダー・ガーレンや、日本のプロレス界のレジェンドである猪狩完至を血祭りにあげた男、シコルスキー。そんな彼の前に現れたのは刃牙の異母兄弟であるジャックハンマー。夜の公園を舞台に異次元の闘いが繰り広げられる。

第23話「本当の攻撃」地下闘技場へと連れてこられたシコルスキーの前に、対戦相手として立ちはだかったのはかつて刃牙とも対戦経験もある環境利用闘法の使い手・ガイアだった。ガイアのあまりにも異質な攻撃の数々にシコルスキーは徐々に追い込まれていく。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【dmm】 【hulu】 【air】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【01】 【02】
【03】 【04】 【05】 【06】
【07】 【08】 【09】 【10】
【11】 【12】 【13】 【14】
【15】 【16】 【17】 【18】
【19】 【20】 【21】 【22】
【23】 【24】 【25】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】