新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

TV-アニメ,TVアニメた行

「諏訪原市」に暮らす、ごく普通の学生藤井蓮は親友の遊佐司狼と殴り合いの決闘を起こし、決別。
それでも幼馴染の綾瀬香純や先輩の氷室玲愛と共に元の学園生活にも戻りつつあった。しかし、彼らの住む諏訪原市では人が首を斬り落とされて殺されるという無差別連続通り魔事件が起こり始める。
奇妙なことに蓮はその頃から、自分が断頭台で首を刎ねられるという恐ろしい悪夢にうなされ始めていた。だがそれは彼にとって恐怖と苦悶に満ちた戦いの物語の前触れでしかなかった。裏返る日常。暗躍する闇の超人達。
街は戦場へ変わり、常識を超えた不条理が蓮を襲う。戦わなければ生き残れない現実の前に彼は平凡な生活を取り戻せるのか。
原作:light
監督:工藤進
出演:鳥海浩輔、榊原ゆい、福原綾香、生天目仁美、前田剛、牧野芳奈、諏訪部順一、成田剣、谷山紀章、瑞沢渓
シリーズ構成:正田崇
キャラクターデザイン:福世孝明
美術監督:桑原悟(スタジオ天神)
2017年秋アニメ
特別総集編「Dies_irae Marie’s Memory『未知に通ず軌跡』
【Dies Irae: To the Ring Reincarnation】


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメた行

エレオノーレの追撃から辛うじて逃げ去った蓮はトリファから同盟を提示される。玲愛を救うという二人にとって共通の目的。そして、大隊長の三人のいずれかを倒せばいいという条件。たとえ、どれほど困難な道であったとしても選ぶことに躊躇いのないはずの道であった。しかし、ルサルカの知識を奪った司狼はトリファは信用できないと言う。決断する間もなく、突如暴走を始めたトバルカインにより、状況は混乱を深めていく。トリファは、創造位階のさらに上、流出位階について示唆を残し、立ち去ってしまう。
原作:light
監督:工藤進
出演:鳥海浩輔、榊原ゆい、福原綾香、生天目仁美、前田剛、牧野芳奈、諏訪部順一、成田剣、谷山紀章、瑞沢渓
【Dies irae(ディエス・イレ)第0話~第11話】


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),TVアニメは行,アドベンチャー,ファンタジー

ベイマックス/BIG HERO 6
架空の街サンフランソウキョウに暮らすヒロ。そして一流のサイエンススクールに通う兄のタダシとその同級生たち。ヒロは、兄が発明したケアロボット・ベイマックスを通じて様々な経験をする。私たち観客は、そんなヒロと一緒にたくさんの愛情や思いやりに触れていく。

幼い頃に親を亡くした14歳の天才少年ヒロは、唯一の理解者である優しい兄タダシを謎の事故で失う。ある日、タダシが人々の心と体を守るために開発したケア・ロボット<ベイマックス>が彼の前に現れ、心に深い傷を負ったヒロの声なきSOSをキャッチする。おせっかいなほど真剣にヒロをケアするベイマックスに、ヒロも次第に心を開いていく。
ヒロの発明品が盗まれたことがきっかけで、ふたりは兄タダシの死が事故でなかったことを突き止める。兄の仲間たちの協力を得て、彼らは危険をかえりみずに真相に近づいていく。人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、ケア・ロボットとしての能力を駆使してヒロを守り抜こうとする。だが、ヒロはまだ知らなかった。兄タダシがベイマックスに託した本当の使命を・・・。
とにかくヒロインたちがかっこよくて可愛くて、見ててわくわくする映画!でも派手なアクションばかりではなくて、みんなの間の絆や思いやりが見えて、とても愛おしくて。
そして、主人公のヒロがとても真っ直ぐで必死で、でも優しくて。
笑ったり泣いたり、とても楽しい映画でした。
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ
脚本:ロバート・L. ベアード、ダニエル・ガーソン
制作:ジョン・ラセター、ロイ・コンリ
原作:スティーブン・T・シーグル、ダンカン・ルーロー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
上映日:2014年12月20日
製作年:2014年
製作国:アメリカ
時間:102分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画あ行,邦画,サスペンス

惡の華
押見修造の人気コミックを伊藤健太郎、玉城ティナ共演で映画化した暗黒青春物語。
特に体操着を盗まれる同級生の秋田汐梨が最初は清純な雰囲気と行動を見せるが、変態二人に引きずられるように、ダークサイドを見せ、最後の表情も実年齢16歳で結構エグい熱演。
思春期特有の自意識と、自分は平凡な人間だということへの薄ぼんやりとした気づきの間で葛藤する感情が激しく、美しく、リアルに描かれていた。
この話は好き嫌いが分かれそうだけど、私は高校生くらいから思春期に苛まれ始めて、大学生になった今も引きずってるから、すごい共感できたし、心に響いた。
そろそろ悪の花と決別して大人にならないといけないなと思いつつ、まだ思春期の病にかかっていたい感もある。観終わった後、様々な感情が渦巻いた。「クソムシが」って叫びたい気分。
あと、玉城ティナちゃんの感情をさらけ出した、迫真の演技が素晴らしかった。
監督:井口昇
出演:伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨、飯豊まりえ、北川美穂、佐久本宝、田中偉登、松本若葉、黒沢あすか、高橋和也、佐々木すみ江、坂井真紀、鶴見辰吾
制作:松井智、板東浩二、小西啓介、小畑良治、新井重人
脚本:岡田麿里
原作:押見修造
音楽:福田裕彦
主題歌/挿入歌:リーガルリリー
上映日:2019年09月27日
制作年:2019年
制作国:日本
時間:127分
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】