新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

ドラマさ行,ドラマ

13(サーティーン)
13歳の時に行方不明となった少女・百合亜。 それから 13年後。
突如家族のもとに戻ってきた百合亜を待っていたのは、様変わりした世界だった。 家族はバラバラになっていたのだ。少女の生還は、人々の運命を変える。
見た目は 26歳、精神はまるで13歳のころから止まったかのよう。
とらえどころのない百合亜の言動は、周囲の人々を翻弄し、その運命を狂わせていく。
13年間、娘を失った後悔と生還を信じる気持ちのはざまで押しつぶされてきた母親。
娘が帰ってきた嬉しさの陰で、自身が隠してきた過去と向き合わざるを得なくなる。
父や妹も、百合亜の心の回復のために仲の良い家族を演じるうち、13年間のそれぞれの歩みを問い直すことになる。
誘拐されたと警察に話す百合亜。一体 13年の間に、何があったのか?
捜査を進める担当刑事たちは、葛藤しながらも百合亜の供述に疑問を持つ。 事情聴取での百合亜の証言は二転三転、矛盾していたからだ。
そんな中、第二の事件が発生する!
さらに、百合亜が隠していた真実が明らかになっていく。そして、残された家族が抱えていた、隠された真実とは?
出演:桜庭ななみ、青柳翔、遊井亮子、石川瑠華、井上祐貴、藤森慎吾、神保悟志、板谷由夏
脚本:浅野妙子
主題歌/挿入歌:LiSA
公開日:2020年08月01日
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行,コメディ,サスペンス

スペシャルアクターズ
『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督による劇場長編第2弾。緊張すると気絶してしまう売れない役者の青年が、演技で人助けをしている俳優事務所に所属し、仲間たちと共にカルト教団の悪行に立ち向かうコメディ作品。
監督:上田慎一郎
出演:大澤数人、河野宏紀、富士たくや、北浦愛、上田耀介、清瀬やえこ、仁後亜由美、淡梨、三月達也、櫻井麻七、川口貴弘、南久松真奈、津上理奈、小川未祐、原野拓巳、広瀬圭祐、宮島三郎、山下一世
制作:井田寛
脚本:上田慎一郎
音楽:鈴木伸宏、伊藤翔磨
上映日:2019年10月18日
制作年:2019年
制作国:日本
時間:109分
売れない役者の和人は、数年ぶりに再会した弟から俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われる。そこでは映画やドラマの仕事のほか、演じることを使った何でも屋を営んでいた。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメは行

変態王子と笑わない猫。
さがら総のいつも女子の事を考えている横寺 陽人を中心に失ったものを取り返す物語。
横寺 陽人は常に女子の事を考えている。そんな彼にはどうしても建前で喋ってしまい、中々本音が言えず断れずにいた。そんな時1本過ぎに向かうと猫の像があり眺めていると1人の少女が現れる。その少女にいきなり変態と間違われ誤解を解くために追いかける。
話を聞くと町外れの一本杉の丘にある「笑わない猫」の像に必要でないものを引き取ってもらう願いをするとかなうらしいことを知った。
さっそく願ってみると次の日から2人の願いが叶い建前どころか思ったことをそのまま口に出してしまく結果となる。
誰かに渡したのであればそれを取り戻すことが出来るかもしれないことを思いついたとき、小豆梓に出会う。彼女のしていたチョーカーが猫像の供物として消えたベルトと似ていたことから、陽人は建前が彼女に渡されたと考え、それを取り戻そうとする。
監督:鈴木洋平
声優:梶裕貴、小倉唯、石原夏織、田村ゆかり、寺川愛美
脚本:伊藤美智子
原作:さがら総
シリーズ構成:伊藤美智子
キャラクターデザイン:飯塚晴子
音楽:菊谷知樹
制作年:2013年
制作国:日本
第1話 変態さんと笑わない猫
第2話 妖精さんは怒らない
第3話 哀しむ前に声を出せ
第4話 気楽な王の斃し方
第5話 さよならマイホーム
第6話 ようこそマイフレンド
第7話 いつかはマイファミリー
第8話 100%の女の子
第9話 幸福な王子
第10話 一番長いということ
第11話 筒隠さんの家の中
第12話 変態王子と記憶の外
頭の中身が煩悩まみれな高校2年生・横寺陽人はひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったところ、心に思ったことが垂れ流しになってしまい。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画さ行,アクション,アドベンチャー

センター・オブ・ジ・アース
地質構造学の科学者で大学教授のトレバーは、10年前に行方不明となった兄マックスの遺志を継ぎ、地球内部に関する研究を行っていた。
そんなある日、兄の13歳になる息子ショーンを預かることになったトレバーは、ショーンの愛読書『地底旅行』の中に、マックスが書き記したメモを発見する。
それがマックス失踪と関連があると考えたトレバーは、調査を進めるためショーンと共にアイスランドへと向かう。そして、現地の美人山岳ガイドのハンナを案内人に、ヴェルヌの『地底旅行』で“地球の中心へとつながる入口がある”と書かれているスネフェルス山へ向かうのだが。
地球の中心があると言って冒険に出かけたまま戻らなかった父を持つショーンと、叔父のトレバー、山岳ガイドのハンナとともに冒険へ。命が百個あっても普通なら死んでると思うけど、そこは映画なのでよし。ありとあらゆる生物や危険がたくさんの洞窟。夢があって良い。
監督:エリック・ブレヴィグ
出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム、セス・マイヤーズ、ジャン・ミシェル・パレ、ジェーン・ウィーラー、フランク・フォンテイン
制作:トビー・エメリッヒ
原作:ジュール・ヴェルヌ
原題:JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH
上映日:2008年10月25日
制作年:2008年
制作国:アメリカ
時間:92分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】