新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

ウエスト・サイド・ストーリー

洋画(外国),洋画あ行

スティーブン・スピルバーグ監督のキャリア初となるミュージカル作品。
1950年代のニューヨーク、差別や偏見により社会への不満を募らせる若者たちは仲間と団結し激しく敵対し合っていた。そんななか「ジェッツ」と呼ばれるポーランド系移民によるチームの元リーダー、トニーは、対立するプエルトリコ系チーム「シャークス」のリーダーの妹マリアと出会い一瞬で恋に落ちる。しかしこのふたりの恋は、やがて多くの人の運命を変える悲劇となっていく。

スピルバーグがミュージカルを手掛けたと聞いて、あまりイメージが出来ないなと思っていたが、これでもかと言うくらい、オリジナル作品に忠実に仕上げられていた。

明らかな違いは、ドクの店の主人が女性になっていたこと。
ここに敢えて女性を持ってきたスピルバーグの意図は、オリジナル版の持つ、異民族や融合・融和、そして平等というテーマにもう一つ色を加えたというところだろう。
そしてその女主人を演じた俳優はオリジナル版のアニータ。なんとも心憎い演出。
そして1950年代のニューヨークの混沌とした状況をよくここまで描けたなと思うシーンがたくさん。ほぼセットなのだろうと思いつつも、映画が始まると同時に一気にタイムスリップが可能だ。
バーンスタインが手掛ける、今では有名過ぎる音楽もほぼ同じ。むしろ、より力強さを増したように感じた。
オリジナル版を観た当初は、ロミオとジュリエットの2人の物語を観た感覚だったが、本作品ではそれに加えて、背景となっている時代、政治、社会、生活、モラル、そういった環境のほうに意識が行く。
ニューヨークの一エリアの話、こんな小さな世界でも、出身国の違う移民達で殺し合いが生じるほど憎み合う。「他」への排除の意識と「自」への転換征服欲望の強さたるや。
まさにロシア・ウクライナ協議真っ只中にこれを観たこともあるが、日本にはあまり強く存在しないこの感覚を、ある意味しっかりと理解したい。
その上で、この時代の日本に生まれて今こうして平和に暮らせていることの意義や感謝を改めて心に根付かせたい。

キャスト・作品情報


監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、マディー・ジーグラー、アリアナ・デボーズ、デビィット・アルヴァレス、ジョシュ・アンドレ・リベラ、コリー・ストール、リタ・モレノ、マイク・フェスト
脚本:トニー・クシュナー
原作:アーサー・ローレンツ
原題:West Side Story
上映日:2022年02月11日
製作年:2021年
製作国:アメリカ
時間:157分

【hulu】【Abema】【海外ドラマ】【WATCHA】【動画】

【hulu】【Abema】【WATCHA】【cinema】【MV】
【動画】【映画】【動画】 【dmm】 【fod】 【mieruTV】
【Paravi】 【TSUTAYA】 【クランクイン】 【とれまが】 【ブログランキング】 【FC2ランキング】