新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

ヒヤシンスの血

洋画(外国),洋画は行,サスペンス

ヒヤシンスの血
1985年ワルシャワ。兵学校への入学を決めた若き刑事ロベルト・ムロゾフスキーは、公園で刺殺された金持ちの男グレゴルチクの事件を任された。
グレゴルチクの部屋からゲイポルノのVHSテープが見つかった点、現場が〈ハッテンバ〉である公衆トイレに近かった点から、ゲイ絡みの殺人と思われ、ロベルトらはトイレでの一斉検挙を敢行。
そこで逮捕された男娼カミル・バルチクがグレゴルチクが「客」だったと認め、先日もゲイ仲間が刺殺されたと話し出す。それはソボレクというジャンキーが殺された事件で未解決になっていた。ロベルトはバルチクからさらに話を聞き出そうとするが、翌朝バルチクは留置所で自殺してしまう。
署長はバルチクがホシだったと決め付け、捜査は終了するが、ロベルトは納得がいかない。彼は独自にゲイコミュニティに潜入、アレクという青年と親しくなり、真相を探り出そうとするが…

キャスト・作品情報


監督:ピオトル・ドマレフスキ
出演:トマシュ・ジェンテク、フベルト・ミウコフスキ、マレク・カリタ、アドリアンナ・フレビツカ、トマシュ・シューハルト
脚本:マルチン・サイアストン
原題:Hiacynt/Operation Hyacinth
製作年:2021年
製作国:ポーランド
時間:112分
【hulu】【unext】【Abema】【動画】【TSUTAYA】【海外ドラマ】
【WATCHA】【dmm】【fod】【とれまが】【ディズニープラス】

【hulu】【unext】【Abema】【WATCHA】【動画】【動画】 【ブログランキング】
【MV】 【cinema】 【フル動画】 【danime】 【動画】 【Paravi動画】 【FC2ランキング】