新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

マンチェスター・バイ・ザ・シー/Manchester by the Sea

マンチェスター・バイ・ザ・シー
ケイシー・アフレック主演、マット・デイモンがプロデュースを手掛けた人間ドラマ。
孤独で虚無的で、自暴自棄にも見える主人公リーの日常から物語は始まる。
過去と現在の映像が織り混ざり少しずつ詳らかになっていくリーの過去。
主人公リーの兄ジョーが亡くなってからのリーとジョーの息子パトリック2人の物語で進んでいくけど、ところどころでリーの過去が入ってきてリーの過去が少しずつわかってきて色々あってこうなったんだなって。
元々のリーはすごく陽気なのだけれどとある出来事をきっかけに挨拶もしない、名前も名乗らない、目があった相手に殴りかかったりそんな人として何か欠落した人物になっていっちゃった。
すごくリアルな描写、演技すごくよかった。
心は決して晴れるストーリーじゃないけど、なんだかそれでいいって思えるストーリーだった。鑑賞中ずっとリーの抱えてるわだかまりみたいなものが心に張り付いてるような映画。
主演のケイシー・アフレックはこの映画でアカデミー主演男優賞を受賞していますが、自分的には演技にあまり特別な物が感じられなかった。
ストーリーは考えさせられるものだけど、主人公の男性の様に感情を殺さざるおえない心境になってしまい、真実がわかってからはずっとこの気持ちのままで鑑賞を終えた。
生きていく中で、原因は違ってもこういった気持ちを背負っていると思うので、共感性が高いテーマだと思う。
監督:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、グレッチェン・モル、ルーカス・ヘッジズ、ベン・オブライエン、テイト・ドノヴァン、C・J・ウィルソン
制作 マット・デイモン
脚本 ケネス・ロナーガン
音楽 レスリー・バーバー
原題 MANCHESTER BY THE SEA
制作年 2016年
制作国 アメリカ
時間 137分
兄の死を機に故郷に帰って来たリーは、兄の遺言で16歳の甥・パトリックの後見人となる。リーは過去の悲劇と向き合い、パトリックと共に新たな一歩を踏み出そうとする。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【unext】 【TSUTAYA】
【AU動画】 【geo】 【dmm】 【FOD】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【ブログランキング】
【ビデオパス】 【geo】 【dTV】 【MV】 【FC2ランキング】

【videopas】 【VOD】 【TSUTAYATV】 【とれまが】 【動画】