新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾/BLOOD TIES

1970年代の米ニューヨーク・ブルックリンを舞台に、犯罪者と警察官の兄弟と、彼らを取り巻く人々の葛藤やドラマを描いたフランス映画のリメイクであり、オリジナル版の主演俳優ギョーム・カネがメガホンをとったクライムサスペンス。
1974年ニューヨーク・ブルックリン、アンソニー(マティアス・スーナールツ)がアメリカン・ジョークを交わしながら談笑する部屋に、刑事のフランク(ビリー・クラダップ)たちが踏み込む。そこで目撃したのは、かつて愛し合いながら、あっさりと捨てたかつての恋人ヴァネッサ(ゾーイ・サルダナ)の姿だった。前科持ちの男を牢屋にぶち込んだフランクは、9年の刑期を終えて出所する兄のクリス(クライヴ・オーウェン)を迎えに来ていた。姉のマリー(リリ・テイラー)とのしばしの抱擁の後、娑婆に出て来たクリスは遠くで見つめる弟と気まずそうに視線を合わせる。その足でまず向かうのは、老い先短い持病を抱えている父のレオン(ジェームズ・カーン)の入院先だった。弟のフランクは兄貴を自宅に匿い、更生のため、車の修理工の働き口まで用意していた。一度は堅気の仕事に落ち着こうと決意したクリスだったが、かつての悪仲間のマイク(ドメニク・ランバルドッツィ)や元締めのルイス(マーク・マホーニー)との関係はなかなか切れない。しまいには別れた妻のモニカ(マリオン・コティヤール)までもが2人の子供の親権を盾に、クリスに高額のお金を強請る。別れた妻に要求されるお金、そして新しい彼女ナタリー(ミラ・クニス)との暮らしに纏まったお金が必要なクリスは、再び犯罪に手を染めてしまう。
監督:ギョーム・カネ
出演:クライヴ・オーウェン、ビリー・クラダップ、マリオン・コティヤール、ミラ・クニス、ゾーイ・サルダナ、ジェームズ・カーン、マティアス・スーナールツ、ノア・エメリッヒ
製作:アラン・アタル
脚本:ギョーム・カネ、ジェームズ・グレイ
原題 Blood Ties
製作年 2013年
製作国 フランス、アメリカ
時間 127分
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】
【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【dmm】 【hulu】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【FC2ランキング】 【MV】
【ドラマ映画ランキング】
【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】