新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

ペーパー・ムーン/PAPER MOON

テイタム・オニールが若干9歳でアカデミー助演女優賞を受賞した心温まる感動作。ジョー・デイヴィッド・ブラウン原作の『アディー・プレイ』を、『ラストショー』のピーター・ボグダノヴィッチ監督による、1930年代の禁酒法時代、本当の親娘かどうか判らない男と少女の陽気なペテン旅行を描くロード・ムービー。
アディ(テイタム・オニール)は9つ。母親が自動車事故で亡くなった今、身寄りはミズーリにいる叔母だけだった。形ばかりの埋葬の場で、モーゼ(ライアン・オニール)は、牧師夫婦からアディを叔母の家に届けるように頼まれてしまった。アディの母は、酒場づとめをしていて、モーゼと深い関係にあったのだ。ついミズーリへ聖書のセールスに行くといってしまった手前、渋々引き受けざるをえなかった。しかし、彼は転んでもただで起きる男ではない。交通事故を起こした男の兄を訪ね、示談金200ドルをせしめ、その金でいままで乗っていたボロの30年型フォードを新車に買い替え、邪魔っけになったアディを汽車に乗せてポイしようとした。ところが、アディは眼から鼻に抜けるという言葉がぴったりのお利口さん。モーゼが200ドルカモるのを立ち聞きして、私のお金だから返してと主張する。返してくれなければ汽車に乗らないと。会ったこともない叔母の家へ行っても冷たくされるかもしれないし、それ以上になんとなく、このモーゼという男が気に入っていたのだ。
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
出演:ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリン・カーン、ジョン・ヒラーマン
制作 フランク・マーシャル、ピーター・ボグダノヴィッチ
原作 ジョー・デヴィッド・ブラウン
原題 Paper Moon
制作年 1973年
制作国 アメリカ
時間 102分
詐欺師のモーセは死んだ知り合いの娘・アディを親戚の家まで送ることになったが、彼女と旅をする内、モーセの心に父親的な愛情が芽生えていく。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【FOD】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】