新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

マーズ・オデッセイ/MARTIAN LAND

遥か未来の火星を舞台に、人類が絶滅の危機に立ち向かうSFパニック。
冒頭の手抜きとしか言えない状況説明シーンで嫌な予感がし、続く火星での調査シーンのチープさで確信。見落としが無いかと最初から見直してみると、お馴染みの”アサイラム”の文字が…。この時点で映像のチープさやストーリーの適当さが確定なので、まじめな鑑賞は止めた。
前設定として、何故火星に人類が移住したのかよくわからないまま、火星に危機が起きる。人類存続に関わる危機の中、その危機から人類を救おうとしている人間の言葉が「我々は地球は救えなかったが火星は救ってみせる」とのことだ。今現在地球に暮らしている私達には全くもって感情移入が出来ない。たぶん未来の人類のために作られた作品なのだろう、正に100年先を行く作品というわけだ。すごい。
未来の火星ではどうも百合がおさかんらしい。とてもすばらしいことだ。
監督:スコット・ホイーラー
出演:レイン・タウンセンド、アラン・ピエトルスザウスキー、ジェニファー・ドロージ、アリアナ・アフサー
制作 デヴィッド・リマゥイー、デヴィッド・マイケル・ラット
脚本 ジェレミー・M・インマン
原題 MARTIAN LAND
制作年 2015年
制作国 アメリカ
時間 86分
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【dmm】 【hulu】 【air】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】