新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

ブレージングサドル/BLAZING SADDLES

メル・ブルックス監督が贈る絞首刑に処される予定だった黒人奴隷の青年が、町人への立ち退きを画策する州知事補佐役の命により、前代未聞の黒人保安官に任命される。西部開拓時代のレイシズムを皮肉たっぷりに描いている、スラップスティック・コメディ。
町に混乱をもたらすために黒人保安官を送り込んだはずなのに、心外にも黒人さんが頑張ってしまうものだから、ナンタラカンタラという物語。メル・ブルックス特有の野暮ったいギャグが連発するため、大変に辟易させられるきらいがあるけれど、ツボに入るギャグが不意打ちで飛んでくるのが面白い。
主人公の黒人青年が竹を割ったような性格をしているのも醍醐味。他人からニガーニガー言われても怒髪天を衝くことはせず、「所詮はそこまでの人間」だと割り切り、「Let it go(流れに沿って突き進め!)」するところが清々しい。また、ジーン・ワイルダーが西部劇のパロディの部分を牽引する位置付けになっているのも愉快痛快。
クライマックスのドタバタ劇では、篠田正浩張りのメタ演出が炸裂。もはや邪道とも言える領域まで入っているが、映画産業における「終わったコンテンツ」に見切りを付けるかのような皮肉と風刺が効いている。いわばハリウッドへの鎮魂歌。
監督:メル・ブルックス
出演:クリーボン・リトル、ジーン・ワイルダー、スリム・ピケンズ、デビッド・ハドルストン、クロード・エニー・スターレットJr.、メル・ブルックス
制作 マイケル・ハーツバーグ
脚本 メル・ブルックス、ノーマン・スタインバーグ
原題 BLAZING SADDLES
制作年 1974年
制作国 アメリカ
時間 93分
町を乗っ取ろうと目論む悪党一味に利用され保安官に仕立て上げられたひとりの黒人労働者が、ひょんなことから本物の正義の味方へと成長し、悪党に立ち向かう様を描く。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【TTV動画】 【FOD】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】