新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

ディープ・ブルー2/Deep Blue Sea 2

洋画(外国),洋画た行,アクション,スリラー,パニック

南アフリカ沖。
2人の男性が船で漁を行っていた。
彼らの目的はサメのフカヒレで、いわゆる密猟行為に手を染めていたのだ。
しばらく船を移動させていると、無線で危険区域にいるため出るようにと警告を受ける。
しかし2人は意に介さず、そのまま漁を続けていた。
その時 突然大きく船が揺れ、目の前にサメの群れが現れる。
本来単独で行動するサメがまるで隊列を組むように迫ってくるのを見て、2人は動揺してしまう。
更にサメが船に体当たりして2人は海へと落ち、サメ達の餌食となってしまうのだった。
やがて、2人に無線を送った張本人で、海洋研究所“アケイロス”でサメのトレーナーをしているトレントが現場を訪れる。
彼は脱走した被検体のサメ“ベラ”と4匹のサメがこの惨事を引き起こしたことを直感。
そこにベラ達が現れるも、トレントはリモコンを使ってサメを誘導し、アケイロスへと帰還するのだった。
一方 サメの研究者であり保護活動を行っているミスティは、講義の後“デュラント製薬”のクレイグの訪問を受ける。
クレイグは社長が会いたがっているとミスティに告げ、5万ドルの前金に加えて向こう5年間サメの保護活動に資金を提供すると言う。
怪しげな話ながらミスティはそれを承諾する。
その頃 ベラ達をアケイロスに連れ戻したトレントは、施設の管理責任者アーロンに報告する。
施設の周囲にはサメが逃げないよう電気柵が設置されていたが、アーロンによればサメ達は電気柵の下にトンネルを掘って逃げ出した様子で、修理には1週間を要するらしい。
それを聞いたトレントは社長に報告すべきか躊躇する。
港ではミスティが待ち合わせ場所に姿を現し、同じく招集された神経学者の夫婦ダニエルとレズリーと共にデュラント製薬社長のデュラントと面会していた。
デュラントは会社が行っている実験を査察してほしいと告げ、一行をアケイロスへと連れて行く。
そこでは最も凶暴なオオメジロザメを使って生物実験をしている説明され、ミスティは危険性を訴えるが、突然デュラントはアーロンをサメがいるプールへと突き落とす。
すぐさまミスティが助けに飛び込み、そこにサメ達が群がってくるものの、デュラントはリモコンで見事にサメを操って見せる ミスティが着替えをしている間、クレイグはデュラントにベラが人を食い殺したと報告するも、彼は密猟者を殺したところで大したことはないと気にも留めない様子だった。
その後 危険な行為に激怒しているミスティに対しデュラントは、サメ達は遺伝的に脳を進化させて制御が可能だと説明する。
デュラントはコンピューターに人間が勝る時代を作り上げようと、投与された者の知性や集中力を増し潜在能力を向上させる“向知性薬”を完成させようと試みており、サメを使った実験を行っていた。
既に薬品は完成に近づいており、デュラントは試験薬を自らに投与して経過を見ていたが、周囲の人々はそれ以来 彼が病的に薬品の完成を目論むようになったと感じていた。
そして実験の過程で、サメのリーダー格ベラがおかしな行動を繰り返すようになり、その調査のためミスティを呼びつけたのだった。
それを聞いたミスティは、ベラが妊娠しているのではないかと考える。
その事実を確認するため、ベラを検査する準備を始めるが、そんな中 海中ではサメ達が結託してボートを燃料倉庫へとぶつけていた。
鳴り始めた警報でそれに気付いたトレントは、リモコンを使ってサメを止めようとするも言うことを聞かない。
なすすべなく倉庫は漏れ出した燃料によって爆発。
サメ達の反乱が起ころうとしていた。
監督:ダリン・スコット
出演:ダニエル・サヴレ、マイケル・ビーチ、マイケル・ビーチ、ネイサン・リン、エイドリアン・コリンズ
脚本:エリク・パターソン
原題:Deep Blue Sea 2
製作国:アメリカ
製作年:2018年
時間:96分
サメのひれを取っていた2人がサメに襲われるところから始まる。続編はサメ保護活動家であるミスティー・カルホーン博士が製薬会社の極秘プロジェクトに相談役として呼ばれるところから始まる。カルホーン博士は、この会社が攻撃的なオオメジロザメを実験体として使っていることに衝撃を受ける。
【ディープ・ブルー】
【ディープ・ブルー3】
【hulu】【unext】【動画】【tutaya】
【fod】【クランクイン】【dTV】【とれまが】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【Abema】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】