新着タイトル

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

洋画(外国),洋画か行,コメディ

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて
『テッド』のセス・マクファーレン監督・主演による西部劇下ネタ汚ネタたくさんコメディ。
西部開拓時代のアリゾナ州。内気なダメ羊飼いのアルバートは謎の美女アナと出会い恋に落ちるが、なんと彼女は極悪非道のガンマン クリンチの妻だった‼︎はたして彼の運命は・・・。
きったないしくだらないんだけど、ほんとに心から笑えた。楽しいに尽きる。 演者も製作者もハズレがないし、何よりただのパロディの小ネタに本物のキャストを使ってくるとこに腰抜かしちゃった
銃を抜け数撃ちゃ当たる?!! セス・マクファーレンの元に豪華キャスト集結のコメディ映画で、マクファーレン版『ブレージング・サドル』。
彼は少年みたいにも、往年のスターみたいにも見える顔。そんな彼自身が演じるのは、生まれる時代を間違えた自己否定しがちな臆病者の主人公。これでもかと当時の普通をネタにしてしまう。例えば限られた歌や真顔の写真、貨幣価値。誰もがその存在を信じないで、"1ドル紙幣に脱帽"。一方で"羊がなぜか20ドル稼いでいた"というセリフもあったけど、どういうこと?おかしくない?お金どうなっているんだ〜誰か説明して。

祭で人は死ぬ。全く印象に残らない邦題とは対照的にイカした原題そのままにこれでもかとボケの手数を打ってくるから笑い死にとはならずとも、確かに笑え光り輝く瞬間があるし、当たり外れあれど全体的に結構好き。下品で時に食欲失せそうにもなったけど、それも例えばアダム・サンドラー主演コメディほどじゃない。命をネタにした不謹慎ネタは本作のものに関しては個人的に結構好きというか笑ってしまった。惹かれ合う二人は同じくらい西部嫌い。遂にはあの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から『ジャンゴ/繋がれざる者』まで。やっぱり祭りで人は死ぬ。

キャスト・作品情報



監督:セス・マクファーレン
出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、リーアム・ニーソン
制作:アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド、セス・マクファーレン、スコット・ステューバー
脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェルズリー・ワイルド
原題:A Million Ways To Die In The West
上映日:2014年10月10日
制作年:2014年
制作国:アメリカ
時間:116分
西部開拓時代のアリゾナで暮らす羊飼い・アルバートは、決闘を挑まれても逃げ出してしまう地味なオタク。ある日、彼は射撃の腕が立つミステリアスな美女・アナと恋に落ちるが…。

【hulu】【unext】【Abema】【動画】【TSUTAYATV】
【WATCHA】【dmm】【fod】【とれまが】【Ameba】

【hulu】【unext】【WATCHA】【Abema】【動画】【動画】 【ブログランキング】
【MV】 【cinema】 【danime】 【アニメ】 【動画】 【FC2ランキング】