新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

とんび

邦画,邦画た行

重松清のベストセラー小説を阿部寛主演で映画化。
終始じーんと胸が熱くなる感動シーンが盛り込まれてて何度も号泣。
出てくる全ての登場人物が愛に溢れてる。
人生山あり谷ありだけど、そんな人生を、大切な人に支えられながら生き切るのも悪くないなぁって思った。
昭和 37 年、瀬戸内海に面した備後市。運送業者で働くヤス(阿部 寛)は、今日も元気にオート三輪を暴走させていた。愛妻・美佐子(麻生久美子)の妊娠に嬉しさを隠せず、姉貴分のたえ子(薬師丸ひろ子)や幼馴染の照雲(安田 顕)に茶化される日々。
幼い頃に両親と離別したヤスにとって家庭を築けるということはこの上ない幸せだった。遂に息子・アキラ(北村匠海)が誕生し「とんびが鷹を生んだ」と皆口々に騒ぎ立てた。しかしようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。
こうして、父子二人きりの生活が始まる。母の死を理解できないアキラに、自分を責めるヤス。和尚の海雲(麿 赤兒)は、アキラに皆が母親代わりなってやると説き、雪が降っても黙って呑み込む広い海のようにアキラに悲しみを降り積もらすな―「お前は海になれ」と、ヤスに叱咤激励するのであった。
親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間達に助けられながら、我が子の幸せだけを願い、不器用にも愛し育て続けた。そんなある日、誰も語ろうとしない母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をついた──。

キャスト・作品情報


監督:瀬々敬久
出演:阿部寛、北村匠海、杏、安田顕、大島優子、濱田岳、宇梶剛士、尾美としのり、吉岡睦雄、宇野祥平、木竜麻生、井之脇海、田辺桃子、田中哲司、豊原功補、嶋田久作、村上淳、麿赤兒、麻生久美子、薬師丸ひろ子
脚本:港岳彦
原作:重松清
音楽:村松崇継
主題歌/挿入歌:ゆず
上映日:2022年04月08日
製作年:2022年
製作国:日本
時間:139分
昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。妻を事故で亡くしたヤスは、人情に厚い町の人々に叱咤激励され、ひとり息子のアキラを育てていく。時は流れ、東京の大学に合格したアキラは上京することになり…。

【hulu】【Abema】【動画】【mieruTV】【動画】

【動画】【Abema】【cinema】【MV】【映画】【マンガ】【music.jp】【クランクイン】
【動画情報】【動画】 【ぽすれん】 【tutaya】 【ブログランキング】 【fc2ランキング】

2022年邦画邦画,邦画た行