新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

浅草キッド

邦画あ行,邦画,ヒューマンドラマ

浅草キッド
舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。
舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方…。
お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春映画

年齢的に馴染みがないからこそ、新鮮で、ビートたけしのバックボーンを知れて良かった。この時代の芸人の売れ方と今までの芸人の在り方があり、時代の流れも感じた。個人的にとても面白い作品だった。あのビートたけしでさえ苦労して努力していたのだから、自分も頑張ろうと思える。

ビートたけしがまだエレベーターボーイの「タケ」だった頃の浅草。それまでの人生を「切って」芸人を志した男がストリップ劇場で出会ったひとりのカリスマ、深見千三郎。 舞台とはなにか。芸とはなにか。笑いとはなにか。ひとつひとつを教わりながら、瞬く間に過ぎていく蒼く輝いた時間。 時代はエンタメのメインストリームが舞台からテレビへと移り変わっていき、日本の文化の中心が浅草から渋谷へと移り変わっていくその渦中。岐路に立たされた師匠と弟子の進む道はどう別れていくのか。

キャスト・作品情報


監督:劇団ひとり
脚本:劇団ひとり
原作:北野武(ビートたけし)
出演:大泉洋、柳楽優弥、門脇麦、土屋伸之、中島歩、小牧那凪、古澤裕介、大島蓉子、尾上寛之、風間杜夫
製作年:2021年
製作国:日本
時間:122分
【hulu】【Abema】【海外ドラマ】【dmm】【fod】
【WATCHA】【とれまが】【ディズニープラス】

【hulu】【映画】【Abema】【WATCHA】【動画】【動画】 【動画】
【MV】 【cinema】 【TSUTAYA】 【Paravi】 【ブログランキング】 【FC2ランキング】