新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

人狼ゲーム マッドランド

邦画,邦画さ行,サスペンス,ホラー(horror)

人狼ゲーム マッドランド
心理ゲーム“人狼ゲーム”をモチーフに描く川上亮の小説を人気アイドル・浅川梨奈主演で実写映画化第6弾。
狂人村という設定によってゲームの内容自体がパワーアップしているし、対面・殺し合い前提だからこそ起こる 通常の人狼ゲームとの違いもあり、純粋にとてもおもしろいと感じた。
それに、意外な展開で観客を楽しませよう!という意気込みが、今回は成功していた! ラバーズでは 「そこがいい感じになるんかい?!」という理解出来ない展開になったのが残念だったので……今回は見たいものをこちらの期待以上に見せてくれた
今回は"狂人村"という人狼を勝たせる理由で組織されたような役職が高度な駆け引きを重ねながら村人側と闘う展開が組まれる。
また今回"2人(用心棒,予言者)vs8人(人狼,狂人)"という偏った構図はシリーズ史上で一番奇怪な設定だった。
作品の前半では自称人狼を名乗る人間が他の参加者を扇動しては王様を気取り後半では主導権が再び何転かし場内が不穏な雰囲気へ包まれる。
中盤以降ではゲームの盲点を突くためあるプレイヤーがルールの規範に乗っ取り奇抜なある賭けにでる場面であったり終盤で泣かせるくだりが最後の判定を覆すミスリードを機能させてたりと論理的に組み立てられたプロトコルには唸った。
ただヒエラルキーの闘争(特に地べたでパンを食わせるくだりや逆ハーレムの気持ち悪さ等)が前半で濃すぎたためか人狼ゲームそのものの核因へは届かず改めて原点に立ち返るためリブートをかけたような作品だった。
内容の2/3程度から固い友情軸が露骨に反映されるのも過去シリーズにおける既視感が多分に募ってしまい最後の最後まで展開が読めないという辺りまでは脚本ともども過去作を越える一定の境界線上へ踏み込めていないというのが最終的な結論である。
監督:綾部真弥
出演:浅川梨奈、松永有紗、佐奈宏紀、飯田祐真、門下秀太郎、栗原吾郎、長谷川ニイナ、眞嶋秀斗、木下愛華、坂田将吾
制作:吉田尚剛
脚本:川上亮、綾部真弥
原作:川上亮
制作年:2017年
制作国:日本
時間:98分
人狼ゲームの情報をネットで目にし、自ら志願した5人の参加者たちと、ゲーム未経験の拉致者5人が狂人村で殺戮ゲームに挑む。
【hulu】【unext】【動画】【tutaya】
【fod】【クランクイン】【dTV】【とれまが】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【Abema】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】