新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

六月の蛇

邦画,邦画ら行,エロティック

六月の蛇
六月の蛇 (A Snake of June)「こころの健康センター」電話相談室でカウンセラーを務める辰巳りん子(黒沢あすか)は、夫の重彦(神足裕司)と暮らしている。りん子と重彦はセックスレスの状態が続いている。ある日、りん子のもとへ写真の束が送られてくる。そこには、部屋で自慰行為をする彼女の姿が収められていた。写真の送り主は、かつて彼女が自殺を思いとどまらせた相談者の飴口道郎(塚本晋也)である。
りん子は飴口からの電話を受けて、指定された駅のトイレに向かう。彼女は写真のフィルムを受け取る代わりに、屋外で自慰行為をするよう命令される。次第に、りん子の心に眠っていた性的な欲望が目覚めていく。後日、りん子は医師の診断を受けた結果、乳癌を患っていると知らされる。
1枚の写真を拾った重彦は、りん子の行動に疑念を抱き、彼女を尾行する。りん子は、雨が降りしきる路地裏の空き地に到着すると、衣服を脱ぎ捨てて自慰行為をする。自動車に乗った飴口は、彼女の姿を写真に収める。りん子は無数のフラッシュを浴びながら絶頂を迎える。重彦は、驚きと興奮の入り交じった表情で、その様子を物陰から見つめる。
重彦は飴口に呼び出されて、暴行を受ける。末期癌を患っている飴口は、その後、命を落とす。りん子は、傷だらけの重彦と再会を果たす。2人は裸になり、激しく愛し合うのであった。
最初は弱味を握られた人妻が変態ストーカー男に掴まり、色々と酷い目に遭うという話で、官能サスペンス?なのかなと思ったけど、変態男の思惑が明らかになるにつれて段々と物語が変容し目が離せなくなった。 さらには、人妻の視点が夫の視点へと移る事でより3者の立場が明確になり面白くなっていった。
監督:塚本晋也
出演:塚本晋也 黒沢あすか、神足裕司、寺島進、田口トモロヲ、鈴木卓爾
制作:塚本晋也
脚本:塚本晋也
音楽:石川忠
上映日:2003年05月24日
制作年:2003年
制作国:日本
時間:77分
『鉄男』『バレット・バレエ』の塚本晋也が、ベネチア国際映画祭で審査員特別大賞を受賞した官能エロス作品。セックスレス夫婦の妻・りん子の下に、彼女の自慰行為を盗撮した写真と携帯電話が届く。その日から、何者かによる脅迫が始まる。
【hulu】【unext】【動画】【tutaya】
【フル】【fod】【dTV】【とれまが】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【Abema】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】

2003年