新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

AI崩壊

邦画あ行,邦画,アクション,サスペンス

AI崩壊
『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠監督・脚本、大沢たかお主演による完全なAI社会となった近未来の日本を舞台に、人工知能が突如暴走し大惨事を起こす様を描いた物語。

ストーリー


研究者夫婦が医療AIを完成させたが、承認される前に奥さんが病死。
それから数年後に実装化され、人の寿命は格段に伸びる。いつしか人の健康生活を管理するAIに。
だがある日暴走。人を遠隔で殺しまくる。
一体このAIにどんな変化が起きてしまったのか・・・。
2045年、シングラリ、シング、咳払い。シンギュラリティ!人工知能が人類を超えるでお馴染みのAIが大活躍する本作AI崩壊。
2030年というちょい先ってところがちょうど良く、オリジナル脚本らしいですしお金をかけてて挑戦的な作品で好きでした。
映画好きな人からしたら随所に突っ込みどころがあったと思われ、ちょっと惜しい感は否めないが楽しめる作品でした。予告編のクオリティー高かったからなー
設定上、桐生さんがめちゃくちゃ強くて戦いながら逃げるならまだしもちょっとランニングしているおじさんを最新テクノロジーを駆使しても全然捕まえられない警察が無能で、その辺に説得力がちょっと欲しかったかなーと、ラスボスもアホめ。
トニースタークに頼んでドローンに武器搭載して貰えば良かったかも。ミニドローンはマジで可愛かったけど。
サーバー室とかかっこ良くて人工知能ののぞみがちょいHALっぽいのも良かったかも。
最近の世の中は監視や管理が強まっていきますよね。「エネミーオブアメリカ」でも電話やネット全て監視されており核とか特定のワードを全て広い警戒されてしまうって描写がありましたが実際にあってもなんら不思議じゃない気がする。
プリズンブレイク4のデータブラックホール装置とかも技術的に出来そうで怖い。

監督:入江悠
出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、高嶋政宏、芦名星、玉城ティナ、余貴美子、松嶋菜々子、三浦友和
制作:北島直明
脚本:入江悠
音楽:横山克
主題歌/挿入歌:AI
上映日:2020年01月31日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:131分
AIが全国民の個人情報と健康を管理するようになった日本で、暴走したAIが人々の命を選別し、殺戮を始める。テロリストにされた開発者の桐生は逃亡を図るが。
【hulu】【unext】【動画】【tutaya】
【fod】【クランクイン】【dTV】【とれまが】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【Abema】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】