新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

アマルフィ 女神の報酬/Amalfi : Rewards of the Goddess

邦画あ行,邦画,サスペンス

アマルフィ 女神の報酬
2009年7月18日に公開された日本映画。
2009年12月22日、外交官の黒田康作とイタリア旅行中の矢上紗江子は、クリスマス期間で賑わうローマ市内のホテルに入る。
その前日、あるテロ予告を受け、黒田はイタリア日本大使館に赴任する。
ローマで開催されるクリスマスのG8外務大臣会合へ出席する川越外務大臣のイタリア訪問の準備に追われる中、偶然、日本人少女誘拐事件に巻き込まれる。美術館の公衆トイレにたまたま少女が入った時にさらわれたという。
黒田は犯人に少女の父親だと名乗ったことで、少女の母・紗江子の「夫」として同じホテルに泊まる羽目になり、犯人との身代金の取引にも関わることになる。
犯人側は取引場所になぜかローマの観光地ばかり指定してくるが、警察に通報したことがばれ、取引は失敗に終わる。だが、その後の取引再開にて携帯電話の逆探知という方法[6]で掴んだアマルフィへ向かい[7]、黒田はついに犯人の目星をつけるが、実は誘拐と黒田らの捜査こそが、犯人グループの真の目的のために仕組まれた犯行計画の一部だった。
一連の犯行の動機は、7年前に起きたある中近東国家を支配する軍事政権の市民への虐殺が背景にあり、仲間を虐殺された藤井昌樹らボランティアNGOメンバーによる復讐だった。
彼らは復讐相手を軍事政権ではなく、陰で資金援助した日本政府の川越大臣に定めていて、川越に事実の自白強要をして殺すことが最終目的であり、誘拐や全ての犯罪行為は、在イタリア日本大使館に侵入するためだけの犯行計画だった。
黒田はそれを阻止すべく日本大使館に向かう。7年前に妻を殺された藤井に、紗江子からの「私と娘にしたことを生きて償ってほしい」という伝言を黒田は伝え、「説得」をもって藤井のテロを解決しようとする。
監督:西谷弘
出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、サラ・ブライトマン
制作:亀山千広
原作:真保裕一
上映日:2009年07月18日
制作年:2009年
制作国:日本
時間:125分
【hulu】【unext】【動画】【tutaya】
【fod】【クランクイン】【dTV】【とれまが】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】 【unext】 【Abema】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【dmm】 【楽天】 【FC2ランキング】