新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

家族のはなし

家族のはなし
鉄拳のパラパラ漫画を岡田将生主演で実写映画化。決して驚くような展開とか号泣できるとかそういったことはないけど、親の有り難みや家族の大切さを感じるには十分の作品。
勝手に大学を辞めてバンドでデビュー、そして解散したことを言えずにいる拓也。実はとっくに家族には全部知られていたことが後にわかる訳ですが、3枚目のシングルを出す前に契約を切られてしまう位ならそんなに有名なバンドではないと思うのに解散の記事が新聞に出るかな?
仮に地元の新聞でも、それを売りにしてた訳ではないから普通は出ないような。
気になる点はあったものの、拓也がお父さんに当たってしまうシーンの時任さんの悲しそうな表情と、林檎が落ちてもそれで終わりではないことを幼い拓也が教えてくれてたことがわかるシーンに心打たれました。
お父さんと主人公の関係、お母さんと主人公の関係、幼馴染と主人公の関係。それぞれが短い中で上手く描かれていていい映画だった。
監督:山本剛義
出演:岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉、財前直見、時任三郎
制作 よしもとクリエイティブ・エージェンシー、MBS
脚本 青塚美穂
原作 鉄拳
音楽 遠藤浩二
制作年 2018年
制作国 日本
時間 80分
リンゴ農園を営む優しい両親と、そのひとり息子・拓也。スポーツで神童と呼ばれた幼少期、怪我、上京して大学生活の傍らのバンド活動、そして挫折。夢破れた拓也は久しぶりに里帰りする。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【unext】 【TSUTAYA】
【AU動画】 【geo】 【dmm】 【FOD】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【ブログランキング】
【ビデオパス】 【geo】 【dTV】 【MV】 【FC2ランキング】

【videopas】 【VOD】 【TSUTAYATV】 【とれまが】 【動画】