新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
安田顕主演、母と息子の家族の絆を描いたドラマ。
「死」、とりわけ近しい人・あるいは近過ぎる人の「死」というものをどのように受け止めて、見守っていくのか。そんな「死」の前後をしっかりと見せてくれた。
誰にでも訪れる「死」と、その迎え方・見送り方・受け止め方、色々あるけれど、「死」の意味だって必ずあるんだと涙を拭いて前向きになれるような映画でした。
母親に病と闘ってもらいたい息子と、できれば闘いたくない母親。このあたりの心情にリアリティを感じる。胸が詰まる。
母親の遺骨を拾うところから始まる。そこから時がさかのぼり、子供の頃からの母親との思い出や、死にいたるまでの母親の闘病の様子が描かれる。
監督:大森立嗣
出演:安田顕、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司、倍賞美津子
脚本 大森立嗣
原作 宮川サトシ
音楽 大友良英
制作年 2019年
制作国 日本
時間 108分
子どもの頃から泣き虫で病気がちだったサトシ。そんな彼は、いつも明るく優しい母に救われていた。2010年の春。その母が突然癌を宣告される。サトシは母を支えようとがむしゃらになるが。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【unext】 【TSUTAYA】
【AU動画】 【geo】 【dmm】 【FOD】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【ブログランキング】
【ビデオパス】 【geo】 【dTV】 【MV】 【FC2ランキング】

【videopas】 【VOD】 【TSUTAYATV】 【とれまが】 【動画】