新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

散り椿

『劔岳 点の記』の木村大作が葉室麟の名作を映画化した本格時代劇。
美しいに尽きる。夫婦の愛、友の愛、色々な形の愛。そして物語。演出も人を映す、映画を撮る、というよりも芸術品としての映像作品に感じた。心が綺麗になる映画。
藩の不正を訴え出たが認められず藩を出た新兵衛(岡田准一)が亡き妻(麻生久美子)の遺言「采女様(西島秀俊)を助けていただきたいのです。」を受け藩に戻ってくる。
篠の実家に身を寄せ、藩の不正事件の真相を突き止めようとする。
篠の妹里美(黒木華)と弟藤吾(池松壮亮)は新兵衛に戸惑いながらも、その生き様にいつしか惹かれていく。
新兵衛は篠は本当は采女と結婚したかったのではないかと、思っていたが、采女と対峙し、篠の文を見て杞憂だと気付く。篠の愛情ふかさを改めて知ることになる。
藩の不正の真相を突き止め、采女と共に闘いに向かう。
監督:木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒形直人、柳楽優弥、芳根京子、駿河太郎、渡辺大、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二
制作 市川南
脚本 小泉堯史
原作 葉室麟
音楽 加古隆
制作年 2018年
制作国 日本
時間 112分
享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛は、病に倒れた妻・篠から最期の願いを託される。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【unext】 【TSUTAYA】
【videopas】 【geo】 【dmm】 【FOD】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【U-NEXT】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【geo】 【unext】 【dTV】 【MV】 【FC2ランキング】
【AU動画】 【リンク切動画を探すgeo】 【TSUTAYATV】 【とれまが】 【動画】