新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

素敵なダイナマイトスキャンダル

「ニューセルフ」「写真時代」を生んだ伝説的編集者・末井昭の自伝を映画化した青春コメディ。
幼少期に母親がダイナマイトで自殺するという衝撃的なエピソードは凄過ぎで、ダークで重くなりそうな所を、飄々したキャラとテイストの軽さで妙なバランスを保つことは、サブカルやマニュアル文化の時勢とマッチしているようでもある。
母親の自殺で自己崩壊感的な虚無感が根底にあるのか、挫折をしてもキャラ同様に悲壮感を全く感じなく、とらえどころのない。エロや風俗に関連することも多いが、生々しさや因業さを感じないことも関連しているだろう。
一見、先見の明があるようだが、挫折を何回もしても、その都度何度も立ち上がる行動は、バイタリティが満ち溢れている。一番の特徴は、自分の強さに気づいていないようなネジが外れた性格が最大の魅力で、自意識がないのにバイタリティが高いことが新鮮に感じる。
監督:冨永昌敬
出演:柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子、中島歩、落合モトキ、木嶋のりこ、瑞乃サリー、政岡泰志、菊地成孔、島本慶、若葉竜也、嶋田久作
制作 東京テアトル
脚本 冨永昌敬
原作 末井昭
音楽 菊地成孔、小田朋美
制作年 2018年
制作国 日本
時間 138分
岡山の田舎町で少年時代を過ごした末井。肺結核を患い、医者に見放された彼の母親は隣の若い男と抱き合い、ダイナマイトに火をつけ、爆死してしまう。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】
【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【dmm】 【hulu】

【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【FC2ランキング】 【MV】
【ドラマ映画ランキング】
【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】