新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

近キョリ恋愛

邦画,邦画か行,ラブストーリー/ロマンス

近キョリ恋愛
みきもと凜の人気少女コミックを山下智久主演で映画化。
近キョリ恋愛 (A Short Distance Relationship)どんな時も表情を崩さない超クールな天才女子高生・枢木ゆに。成績は常に学年No.1だが英語だけが苦手な彼女は、赴任したばかりの英語教師・櫻井ハルカとふたりきりで特別補習授業を受けることに。
ヒロインは「クールな天才女子高生」、お相手は「史上最強ツンデレ教師」と、もうその肩書きだけでお腹いっぱいな二人の恋愛模様を背中が痒くなるシーンの連続で描いていく、とにかくむずがゆい映画なのだけど、話の運び方やキャラクターの描き方が丁寧で「史上最強ツンデレ教師」を演じる山Pもあまりファンタジックになりすぎないキャラクターとして成立している。
一方ヒロインの「クールな天才女子高生」もクールに見えるのは表情を作るのが苦手なだけであり、本当は感情表現も豊かで乙女チックな純情ハートの持ち主と言うギャップ持ち。
そんな彼女の「本当の心」に最初に気づくのが我らがツンデレ教師こと山Pである。なんだか頬の皺が目立つなあ……と思ったりそもそも似合ってなかったりと色々あるが話の流れが丁寧なので問題なし。
この二人が時に物理的に、時に精神的に近づき、離れていく様子を胸キュン(観ているこっちが恥ずかしくなる)シチュエーションを満載してお送りするのが『近キョリ恋愛』だ。
少女漫画原作の映画は大抵テンポが悪すぎるか早すぎるかのどちらかになりがち(長期連載作品を2時間で無理矢理まとめようとしすぎ)なのだが、この映画のテンポは悪くない。
二人の出会い(というか惹かれるキッカケ)、惹かれ合う過程、新キャラ投入、そしてクライマックス……そのどれもが自然且つドラマチック。
監督:熊澤尚人
出演:山下智久、小松菜奈、水川あさみ、小瀧望、佐野和真、古畑星夏、利重剛、矢柴俊博、春海四方、山本美月、新井浩文
脚本:まなべゆきこ
原作:みきもと凜
音楽:安川午朗
上映日:2014年10月11日
制作年:2014年
制作国:日本
時間:118分
【hulu】【unext】【動画】【Abema】
【fod】【とれまが】【dmm】

【hulu】【vod】【フル】【動画】 【ブログランキング】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【FC2ランキング】 【tutaya】