新着タイトル

更新アニメ

アウトレイジ 最終章/Outrage Cod

北野武監督によるバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの最終章。
2018年日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞作品。
2012年公開映画『アウトレイジ ビヨンド』の続編。
サンリオピューロランドより遥かに豊富な強面キャラクターの祭典も最終章。
もう彼らの鳴き声と化した「コノヤロー」、「バカヤロー」が聞けなくなると思うと感慨も一入である。詰まるところ、本作は大友が今までのシリーズで生まれたしがらみや罪、恩など全てを消化する物語であり、北野武監督が始めた『アウトレイジ』シリーズを終結させるという二重の意味を持つ。エンタメ路線に振り切った本シリーズを自らの手で持って終わらせた北野武。思い残すことなくケジメを付け、やっと安息の時を手に入れた。北野武滅びの美学に、自らの運命を受け入れた漢の生き様を見た。

日本の二大勢力だった関東山王会と関西花菱会の巨大抗争後、韓国に渡った元大友組組長・大友(ビートたけし)は、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下で市川(大森南朋)ら手下を従え、済州島の歓楽街を裏で仕切っている。ある日、買った女が気に入らないと日本のヤクザからクレームが入る。クレームの主は花菱会直参幹部・花田(ピエール瀧)だったが、女を殴ったことで逆に大友から脅されて大金を請求される。
花田は側近たちに後始末を任せ、ひとり日本に帰国する。後始末を任された側近が張会長の若い衆を殺害してしまい、激怒した大友は日本に戻ろうとするが、張会長に制止される。山王会を実質支配下に収める花菱会の新会長の座には、前会長の娘婿で元証券マンの野村(大杉漣)が就いていた。金さえ稼げれば何でもありという野村のやり方に、古参幹部の若頭・西野(西田敏行)は敵意を燃やしていた。西野を厄介払いしたい野村は、若頭補佐・中田(塩見三省)に若頭の跡目を取らせようと手を回すが、本心は二人を揉めさせ、いずれまとめて捨ててしまう算段だった。
一方、花田が張会長率いる巨大グループを敵に回したことを知った西野は、花菱会の会長代理として、花田を連れて張会長に詫びを入れに行くことにするが、その裏には大金を稼ぐ花田の金をむしり取ろうという魂胆があった。野村は自分の地位を守るため、この西野の行動を利用しようとするが、野村の思惑に勘づいた西野も奇策を講じる。
監督:北野武
出演:ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、津田寛治、金田時男、中村育二、岸部一徳
脚本 北野武
音楽 鈴木慶一
制作年 2017年
制作国 日本
時間 104分
山王会と花菱会との抗争後、大友は韓国に渡り、日本と韓国を牛耳るフィクサー・張会長の下にいた。そんな時、花菱会幹部・花田がトラブルから張会長の手下を殺してしまう。

【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【TTV動画】 【air動画】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】 【FOD】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】