新着タイトル

更新アニメ

逆光の頃

「コップのフチ子」で知られるタナカカツキの処女作を、高杉真宙、葵わかな主演で映画化した青春ドラマ。
一度しかない青春の苛立ちというか甘酸っぱさというのが、体験できました。ただ、その甘酸っぱさというのが、本当にほんのりと感じるくらい。まさに京都の味付けのようでした(笑)ただ、今の邦画の青春物はフッたフラれたのドラマチックが過ぎるので、たまにはこういう映画があってもいいのかなーと。
監督:小林啓一
出演:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、桃月庵白酒、佐津川愛美、田中壮太郎
制作:加藤和夫、間宮登良松
脚本:小林啓一
原作:タナカカツキ
制作年:2017年
制作国:日本
時間:66分
京都で生まれ育った赤田孝豊は17歳の高校2年生。彼が思春期ならではの喧嘩や別れ、幼馴染みの少女との初恋を経験して成長する姿を描く。

【ビデオパス】 【動画】 【hulu】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【TTV動画】 【air動画】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】 【FOD】
【ビデオパス】 【dTV】 【DMM動画】 【FC2ランキング】 【U-NEXT】
【ドラマ映画ランキング】 【アニメランキング】
【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】