新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

キング・オブ・メディア シーズン1 第1話~第10話(全10話)/SUCCESSION Season 1

『IN THE LOOP』でアカデミー脚色賞にノミネートされ、英国コメディドラマ『ピープ・ショー ボクたち妄想族』の脚本等を手掛けてきたジェシー・アームストロングが製作総指揮を務め、その他にもアダム・マッケイ(『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』)やウィル・フェレル(『俺たちニュースキャスター』)などが製作総指揮として加わった話題作。
企画:ジェシー・アームストロング
出演:ブライアン・コックス、ジェレミー・ストロング、セーラ・スヌーク、キーラン・カルキン、ニコラス・ブラウン、ヒアム・アッバス、アラン・ラック、ピーター・フリードマン、ナタリー・ゴールド、パーカー・ソーヤーズ、ロブ・ヤン、マシュー・マクファディン
製作総指揮:ジェシー・アームストロング、ウィル・フェレル、ケヴィン・メシック、アダム・マッケイ、マーク・マイロッド、アイリーン・S・ランドレス、フランク・リッチ、ジェーン・トランター
原題:SUCCESSION Season 1
製作年:2018年
製作国:アメリカ
第1話「誕生日」:アメリカ、ニューヨーク。自ら築いたメディア企業Waystarを世界有数の大企業へと成長させてきたローガン・ロイは、80歳の誕生日を迎えようとしていた。誕生日当日まで、会社を子供達に任せると言ってきたローガンだったが、誕生日パーティーの席で自分はCEOとして会社に残ると告げる。このニュースに一番愕然としたのは、会社の後継者になるはずだったローガンの次男ケンダル・ロイだった。

第2話「狂言」:自分の誕生日に家族と野球をした帰りのヘリコプター内で倒れたローガンの意識が戻らない中、CEOを失った企業の株主たちは、株が大暴落を始める前に、後継者を決めようとローガンの子供達に迫る。ケンダルを含め、4人の子供達は話し合いを始めようとするも、それぞれ自分の利益を考えて必ずどこかで衝突してしまい、事態は紛糾する。

第3話「助け舟」:後継者が決まり、それぞれが日常に戻るかに見えたロイ家に再び災難が降りかかる。なんと、会社には株主たちも知らない多額の負債があったのだ。そんな中、後継者決めが遅れた影響でロイコ社の株価が大暴落し、巨大メディア企業に倒産の危機が訪れる。一方、ロイ家の長女シヴは、自宅療養中の父ローガンに会うのを継母マーシャに阻まれたことに疑念を抱き、マーシャの身元調査を依頼する。

第4話「伏線と罠」:ケンダルは、企業が抱える財団が毎年行っている祝典で、父ローガンがトップの座を降りることを公表しようと画策し、そのためのスピーチを考えていた。一方、シヴは卑猥な写真により政界で危機に瀕していた自らのクライアントのダメージを最低限まで軽減するよう画策していた。そんな中、シヴのフィアンセでロイコ社の一翼を担っているトムが、企業の重要な秘密を知ってしまう。

第5話「家族の団欒」:ローガンはケンダルをオフィスに呼び、ローカルのテレビ局を拡大するという計画を伝える。デジタルメディアのご時世に時代遅れの方針を聞いたケンダルは、他の家族たちと共謀して、ローガンをCEOの座から降ろすよう画策する。一方、ロイコ社のトムの下で働き始めたローガンの又甥グレッグは、トムに企業の重要な秘密の隠ぺい工作を手伝うよう命令される。

第6話「敵か味方か」:ケンダルと弟のローマン、さらに株主の何人かは、ローガンに対し不信任決議案を提出してCEOの座から引きずり降ろそうと画策し、隠れて過半数の票集めをしていた。その間、ローガンはアメリカ大統領に面会するためにわざわざワシントンに来たものの、ホワイトハウスに到着してからキャンセルされてしまう。一方、トムとグレッグは危機的状況から解放され、祝杯をあげようと夜の街へと繰り出していく。

第7話「修羅場」:ケンダルが解雇されたことで彼がまた薬に溺れていることがニュースとなり、会社内外でのローガンに対する不信感が高まっていた。それが会社にも影響を及ぼすようになり、ローガンは家族全員で集まり、家族でセラピーを行う様子をメディアで取り上げようと考える。一方、シヴはローガンを失脚させようと考える大統領候補のもとで働くオファーを受け、このオファーを受けるかどうか決めかねていた。

第8話「プラハ」:ケンダルは同じくロイコ社をクビになったフランクと共に、新しいビジネスでの投資先に一つのテック企業と協議を始め、ローマンは父ローガンの宿敵からテレビ局を買収しようと立ち回っていた。そんな中、シヴとトムの結婚式前に、ケンダルとローマン、グレッグが、トムのバチェラー・パーティを開く。一方、シヴはローガンを失脚させようとする大統領候補の下で働き始める。

第9話「結婚式の前日」:シヴとトムの結婚式に出席するため、家族は全員イギリスに来ていた。シヴと確執のあるローガンも、父親が参列しない言い訳を思いつけず、イギリスに向かう。そこには、偶然にもシヴの浮気相手とトムとバチェラー・パーティで一夜を共にした相手も同席していた。一方、ケンダルは水面下でロイコ社をローガンの手から奪おうと画策していたが、共闘者から公表する時期を早めなければならないと伝えられ。

第10話「家族」:シヴとトムの結婚式当日。ケンダルはローガンを失脚させるための手筈を全て整え、ローガンにそのことを伝える。ローガンは、ケンダルに思いとどまるよう説得させようと、ケンダルの兄妹を差し向ける。一方、シヴが浮気していたことを知ったトムは、浮気相手を会場から追い出す。また、ローマンは自分が父親から任されたロケットの発射が中継されるのを今か今かと待っていた。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【dmm】 【hulu】 【air】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【01】 【02】
【03】 【04】 【05】 【06】
【07】 【08】 【09】 【10】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】 【TWD】