新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

フォローする

ソロモンの偽証 第1話~第8話 (全8話)

2021-10-13ドラマさ行,ドラマ

ソロモンの偽証
宮部みゆきのミステリー巨編を上白石萌歌主演で連続ドラマ化。「裁判をしませんか。わたしたちで」。同級生の転落死をめぐり、前代未聞の学校内裁判が今ここに始まる。

キャスト・作品情報


原作:宮部みゆき
監督:権野元
出演:上白石萌歌、宮沢氷魚、山本舞香、浮所飛貴、野村裕基、坂東龍汰、モトーラ世理奈、富田望生、坂井真紀、西田尚美、篠原ゆき子、橋本じゅん、田中哲司、高嶋政宏、小林薫
脚本:篠﨑絵里子
公開日:2021年10月03日
製作年:2021年
製作国:日本

ストーリー



第1話:クリスマスの朝、雪の積もった校庭で藤野涼子(上白石萌歌)はクラスメイト・柏木卓也(野村裕基)の死体を発見する。警察や高校が自殺と断定する中、涼子のもとに“同級生・大出俊次(坂東龍汰)らによる殺人”を告発する匿名の手紙が届く。自殺か他殺か、転落死をめぐって騒ぎだすマスコミやSNSユーザー。校長の津崎正男(小林薫)は事態の収束を図るも、さらなる事故が起きてしまう。

第2話:涼子、津崎校長、テレビ局宛てに届いた3通の告発状。そのことを知るという浅井松子(富田望生)は報道記者・茂木悦男(橋本じゅん)に会いに行く途中、交通事故に遭う。涼子は松子の親友・三宅樹理(山本舞香)の振る舞いを不審に思い、事故のことを厳しく追及すると樹理は喉を押さえて倒れてしまう。噂や憶測ばかりで転落死の真相が分からないことに納得できない涼子はある決意をする。

第3話:転落死が自殺か他殺か、私たちで裁判をしないかと教室で訴える涼子。しかし、クラスメイトの反応は冷ややかで、津崎校長からは裁判の開催に条件を課される。涼子が幼なじみの野田健一(浮所飛貴)と裁判の実現に向け動きだすと、柏木の親友・神原和彦(宮沢氷魚)が他校の生徒でありながら、協力を買って出る。一方、涼子の父で刑事の藤野剛(高嶋政宏)はある事件で大出勝(田中哲司)を追っていた。

第4話:執拗な嫌がらせを受けていた大出家が何者かに放火される。剛たち警察はさらに大出勝周辺の捜査を進める。学校内裁判に向けて、検事役を涼子が弁護人役を神原が務めることに決まる。神原は殺人を行なったと疑われる被告人・俊次のもとを訪れ、裁判に出るよう説得するも拒否された上に殴られてしまう。津崎校長は第三者委員会を設置し、転落死は自殺と結論付けようとするが、裁判に賛同する生徒が増えたことで焦り始める。

第5話:柏木が転落死した当日、公衆電話から彼の自宅にかけられた5件の着信。発信者が俊次か柏木本人か謎は残る。「柏木を殺したのは俺だ」と自白する俊次に対して、その発言は嘘で自殺だと決めつける神原。告発状のことで樹理の証言を得たい涼子だったが、樹理の母・三宅未来(西田尚美)から裁判への参加を拒絶される。一方、津崎校長は生徒の保護者に圧力をかけ、裁判が開催できないよう妨害する。

第6話:検事に涼子、弁護人に神原と健一、被告人に俊次、傍聴人に生徒や保護者、教師たち。それぞれの思惑が交錯し、ついに始まった学校内裁判だったが、俊次の父・勝の突然の逮捕で中断する。不安が渦巻く中、再開した裁判の証言台に立つ関係者たち。そして、涼子に説得された樹理が裁判に入廷し、告発状に書かれた事実を証言する。それを聴いて逆上した俊次は樹理に襲い掛かり、混乱した裁判は休廷する。
【hulu】【Abema】【海外ドラマ】【dmm】【fod】
【WATCHA】【とれまが】【ディズニープラス】

【hulu】【映画】【Abema】【WATCHA】【動画】【01】【02】
【03】【04】【05】【06】
【07】【08】 【動画】
【MV】 【cinema】 【TSUTAYA】 【Paravi】 【ブログランキング】 【FC2ランキング】