新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

インフルエンス 第1話~第5話(全5話)

ドラマあ行,ドラマ

インフルエンス
葵わかな、吉川愛との共演で連続ドラマ化し、女性たちが友情が引き金となって犯した3つの殺人事件を描くサスペンス。
地方の団地で暮らす高校生の友梨(橋本環奈)は、過去に同級生の里子(吉川愛)が、祖父から性的虐待を受けていることを知りながらも、彼女を守ることができず疎遠になってしまったことで、心に傷を負っていた。
ある日、友梨が通う高校に東京から真帆(葵わかな)が転校してくる。真帆は何事も真剣に取り組む性格があだとなり、クラスで浮いた存在となっていたが、友梨は同じ団地で暮らしていることもありすぐに打ち解ける。
そんな中、包丁を持った暴漢に襲われそうなった真帆を助けようとして、友梨は男を刺してしまう。正当防衛だと逃げ、恐怖で震えながら眠りについた翌日、逮捕されたのは不良となった里子だった。
すごくすごく面白かったです。シスターフッドと言ってしまえばそうだけど、もっと深い友愛と女性の世界を描いていたと思う。そしてミステリ部分が本当に面白くて毎回、次はどうなるの⁉︎とストーリーに惹きつけられました。
監督:⽔⽥成英、ヤング・ポール
出演:橋本環奈、葵わかな、吉川愛(吉田里琴)、鈴木保奈美
脚本:篠﨑絵里子
公開日:2021年03月20日
製作年:2021年
製作国:日本

ストーリー



第1話:高校生の友梨(橋本環奈)は、東京から転校してきた憧れの存在・真帆(葵わかな)と同じ団地に住んでいたこともありすぐに仲良くなった。そんな中、暴漢から真帆を助けようとした友梨は男を刺してしまう。だが翌日、警察に逮捕されたのはなぜか同じ団地に住む幼なじみの里子(吉川愛)だった。友梨と里子はかつて親友だったが、ある事をきっかけに疎遠となり、里子は今では緒方(宮近海斗)ら不良グループの一員となっていた。

第2話:戸塚友梨と名乗り、「私たちの物語を書いてほしい」と小説家の及川トモミ(鈴木保奈美)に突然連絡してきた女性(大塚寧々)はなんと高校の同級生だった。――里子の逮捕を知り、警察に行こうとする友梨を真帆が制止する。自分が暴漢に襲われたことを知られるのはもちろん、友梨が自分のせいで捕まるのは耐えられないというのだ。その後、情状酌量で予定よりも早く少年院から出てきた里子だったが、実は彼女にはある目的があった。

第3話:トモミは、戸塚友梨と名乗る女性のにわかには信じがたい告白の真偽を確かめるべく、友梨や真帆らが住んでいたという団地を訪ねる。「戸塚」という表札を確認したその時、まさに友梨から着信が。――三十数年前、この団地で里子の祖父が転落死したのをきっかけに、友梨と真帆、里子は一切の関わりを絶ったのだった。

第4話:真帆の願いから彼女の夫を殺害してしまった友梨。しかしその後、真帆はまだ独身であることを知り、自分が殺したのはいったい誰だったのか混乱する。それからしばらくして、友梨の職場に刑事がやって来た。そしてその傍らには、夏目(白洲迅)の姿が。――現在。友梨が語る話に驚愕し恐怖を覚えながら、作家としての本能から彼女を自宅に招き入れてしまったトモミ。そして友梨はなぜトモミにこだわるのか、謎は深まる一方だった。

第5話:膵臓がんを患っていたのは戸塚友梨だった。そして驚くべきことに、彼女は3年前に亡くなっているという。トモミの前に現われたこの女性はいったい誰で、何が目的なのか?「今日ですべて話し終える」と言う彼女の口から語られた最終章は、想像だにしなかった真実を明らかにする。――そしてあの日、真帆と里子に利用されたことに絶望し、打ちひしがれた友梨はある決意をする。

原作をうまく映像化していたが、出来れば最後まで役者を変えて欲しくなかったが、ただそれではネタ割れしてしまうから仕方ないか、それと原作では最後に卒業アルバム見て作家が気付くのだが、その辺は脚色されていた。
【hulu】【unext】【Abema】【動画】【TSUTAYATV】
【WATCHA】【dmm】【Paravi】【fod】【とれまが】

【hulu】【フル動画】【01】【02】
【03】【04】【05】 【ブログランキング】 【abema】 【WATCHA】
【MV】 【cinema】 【danime】 【アニメ】 【動画】 【FC2ランキング】 【動画】