新着タイトル

更新映画

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

恋する母たち 第1話~第5話

ドラマか行,ドラマ

恋する母たち
倦怠期だったり相手に逃げられた妻であり母の話、木村佳乃、小泉孝太郎の話、阿部サダヲと仲里依紗の話、吉田羊と磯村優斗の話の三軸で話が展開、それぞれ別の相手と結婚してたり離婚してたりするが、それなりの年齢の子供達の母親でもある。
母3人とも頑張ってるのに不幸な目にあってく中で新しい出会いで救われそうになる感じがドロドロしてなくてむしろキラキラしてる面白い!
原作:柴門ふみ
出演:木村佳乃、吉田羊、仲里依紗、小泉孝太郎、磯村勇斗、阿部サダヲ
脚本:大石静
主題歌/挿入歌:松任谷由実
公開日:2020年10月23日
製作年:2020年
製作国:日本

ストーリー



第1話:石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。

第2話:ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。

第3話:与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。

第4話:杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。

第5話:赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。

第6話:慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。
【hulu】【unext】【動画】【Abema】
【fod】【とれまが】【dmm】

【hulu】【vod】【フル】【01】【02】
【03】【04】【05】 【ブログランキング】
【MV】 【mierutv】 【動画】 【FC2ランキング】 【tutaya】