新着タイトル

更新アニメ

バイバイ、ブラックバード 第1話~第6話(最終話)

作家・伊坂幸太郎の同名小説をドラマ化する。伊坂といえば、2004年に「アヒルと鴨のコインロッカー」で第25回吉川英治文学新人賞、2008年に「ゴールデンスランバー」で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞など多数の受賞歴がある人気作家。これまで数多くの作品が映画化されてきたが、連続ドラマ化は意外にも今回が初めてとなる。
監督 森義隆
出演 高良健吾、城田優、石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ、松村雄基、丸山智己、岡村いずみ、斎藤洋介、あがた森魚、戸塚祥太
脚本 鈴木謙一
原作 伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」(双葉文庫)
音楽 安川午朗

第1話
借金のかたに連れ去られる運命の男・星野一彦(高良健吾)。監視役として派遣された繭美(城田優)に切り出した彼の願いは、5股をかけていた恋人たちに別れを告げることだった。「繭美への絶対服従」を条件に、星野は繭美と“お別れ行脚”を始めることに。しかし1人目に訪れた廣瀬あかり(石橋杏奈)は「繭美と結婚するから別れてほしい」と話す星野に怒りをあらわにする。そんなあかりに繭美は「ある提案」をするが……。

第2話
5股をかけていた女性との“お別れ行脚”を始めた星野と繭美。2人目に訪れたのは、バツイチのシングルマザー霜月りさ子(板谷由夏)のもとだった。息子の海斗(梅垣然太)とも心を通わせていた星野は、りさ子との別れに心を痛めるが、繭美はりさ子に無神経な言葉を浴びせる。それでも星野と出会えて良かった、と別れを受け入れたりさ子だったが、星野はりさ子のために「あること」をしてあげたい、と繭美に持ち掛ける。
【ビデオパス】 【動画】 【hulu】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【動画】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【動画】 【01】 【02】 【03】 【04】
【05】 【06】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】 【FOD】
【ビデオパス】 【dTV】 【DMM動画】 【FC2ランキング】 【U-NEXT】
ドラマ映画ランキング
【映画動画ブログ村】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】