TV-アニメ,TVアニメら行

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
長月達平氏による人気ファンタジー小説(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化第2期。
現代から異世界に召喚された主人公のスバルが、魔女の力?により自分が死ぬことで時間が巻き戻る「死に戻り」の力を駆使して、過酷な運命に立ち向かっていく姿を描く。
第1話「それぞれの誓い」幾多の死を繰り返しながら、ついに白鯨の討伐を成功に導き、暗躍する魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウス・ロマネコンティを打ち破ったスバル。辛い決別を乗り越え、ようやく最愛の少女・エミリアとの再会を果たしたのも束の間、スバルはこの世界からレムの存在が消え去ってしまっていることを知る。死のループの中で白鯨に襲われたときに起きた《存在の消失》。白鯨を倒した今、起こり得るはずのない事態がスバルたちを襲う。

第2話「次なる場所」クルシュとの話し合いを終え、ロズワールに事態の報告と相談を行うため、アーラム村へと帰ってきたスバルたち。しかし、アーラム村に人影はなく、どうやら魔女教徒の襲撃に備えて、ラムと共に「聖域」へと避難した村人たちがまだ戻ってきていないらしい。「聖域」の情報を集めるため、ロズワールの屋敷にやってきたスバルたちを出迎えたのは、過去にロズワールの屋敷でメイドとして働いていたフレデリカという女性だった。

第3話「待ちかねた再会」「聖域」へと向かう途中、意図せずして魔女の茶会に招かれてしまったスバルは、自らを「強欲の魔女」と名乗る少女・エキドナと出会う。警戒するスバルに対して、エキドナはお茶が冷める前に早く席について欲しいと告げる。エキドナとの会話を終え、どうにか外に出ることができたスバルが目にしたものは、ぼろぼろになって地面に倒れているオットーの姿だった。事態を飲み込む暇もなく、スバルは何者かの襲撃を受ける。

第4話「親子」
第5話「踏み出した一歩」
第6話「少女の福音」
第7話「ユージン」
第8話「命の価値」
第9話「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」
第10話「地獄なら知っている」
第11話「死の味」
第12話「魔女たちの茶会」
第13話「泣きたくなる音」
第14話「STRAIGHT BET」
第15話「」
原作:長月達平(「MF文庫J」KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
出演:小林裕介、高橋李依、内山夕実、水瀬いのり、村川梨衣、新井里美、子安武人、岡本信彦、天﨑滉平、名塚佳織
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
モンスターデザイン:小柳達也
製作年:2020年
製作国:日本
【Re:ゼロから始める異世界生活 第1話~第25話】
【Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第1話~第13話】
【Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow】
【Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメら行

ログ・ホライズン 円卓崩壊
「ログ・ホライズン」は、橙乃ままれ氏による小説が原作。
ある日突然、人気オンラインゲーム『エルダー・テイル』の世界に、数万人のプレーヤー『冒険者』が閉じ込められた!
モンスターや魔法がリアルに存在する異世界で人々は混乱し、冒険者の街『アキバ』は秩序を失っていた―人づきあいの苦手な青年・シロエもそんな冒険者のひとりだったが、意を決したシロエは盟友の直継、アカツキ、にゃん太らとギルド『ログ・ホライズン』を結成。
さらに、持ち前の知略を武器に冒険者の結束を呼びかけ、自治組織『円卓会議』を立ち上げ、街に平和と安定を取り戻す。
この『円卓会議』を中心に、ゲーム世界のもともとの住人である『大地人』との交流も進み、筆頭貴族コーウェン家の令嬢・レイネシアがアキバに赴任するなど、冒険者と貴族や商人、一般市民などとの外交や取引も活発化していく。
しかし、冒険者たちが異世界に飛ばされた『大災害』から1年が過ぎ、つかの間の繁栄を享受していたアキバの街には、新種のモンスター『典災』の襲来や東西の貴族どうしの権力闘争、冒険者間の格差・思惑の違いなど、多くの火種がくすぶり続けていた。
そして、ついに冒険者の結束の象徴『円卓会議』に決定的な危機が訪れる。
原作:橙乃ままれ
監督:石平信司
出演:寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治、山下大輝、田村奈央、松井恵理子、柿原徹也、藤井ゆきよ、原由実
シリーズ構成:根元歳三
主題歌/挿入歌:BAND-MAID
公開日:2021年01月13日
製作年:2021年
製作国:日本
【ログ・ホライズン】
【ログ・ホライズン 第2シリーズ】


第1話「レイネシアの結婚」オンラインゲーム「エルダー・テイル」の世界に、シロエたち「冒険者」が閉じ込められて1年あまりが過ぎた。ギルド「ログ・ホライズン」のメンバーが暮らすアキバの街は、自治組織「円卓会議」の発足により、安定を取り戻していた。そして、貴族の令嬢レイネシアがアキバに赴任するなど、ゲーム世界の住人「大地人」と冒険者との交流も活発になっている。そんなある日、レイネシアのもとに母・サラリヤが突然あらわれる。

第2話「アキバ公爵」「円卓会議」の一員でもある大手ギルド「ホネスティ」のリーダー・アインスが、ウエストランデ神聖皇国の斎宮家(さいぐうけ)から「アキバ公爵」に任命された。古くからの権威である斎宮家の後ろだてとあって、アキバの大地人の多くは好意的に受け止める。その一方で、斎宮家の当主・トウリからレイネシアへの縁談が持ち込まれたこともあり、シロエたちは、ウエストランデやミナミの何らかの策略ではないかと警戒する。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),アクション,TVアニメら行

ルパン三世 the Last Job
モンキー・パンチ原作による人気アニメシリーズ「ルパン三世」のTVスペシャル版。
今作も風魔がモチーフだが、なんと風魔一族の祖先はローマから来たものだという大胆設定。
まぁ確かに日本の山岳民族が大陸から渡ってきて、先住民に天狗等に解釈されたのは民族学的には基本だが。
にしてもローマ人が忍術を伝え、挙げ句の果てに小型ブラックホールを造るお宝を隠し持っていたとは、余りにも突飛な物語。

監督:アミノテツロ
声優:栗田貫一、小林清志、井上真樹夫、増山江威子、納谷悟朗、平野綾、朴ろ美、津嘉山正種
脚本 大川俊道
原作 モンキー・パンチ
音楽 大野雄二
制作年 2010年
制作国 日本
時間 92分

ストーリー


今回のお宝は風魔一族に伝わる『風神』 。古代ローマ時代から存在し、戦国武将信長や家康、ヒットラーの手にも渡った謎の力を持つ置物だ。
ルパンはICPO捜査官であり、風魔の末裔でもある『神楽坂飛鳥』に依頼され、かの置物のヒントとなる仏像を盗む。風魔の祖先である『モルガーナ』もそれを狙っており、襲撃に巻き込まれた銭形が命を落としてしまう。
モルガーナは同様に宝刀影虎も盗みだし、それを用いて仏像を割ると赤い石が出てくる。この石をレーザー照射することで風神のありかを示すのだ。
風神のありかを知ったルパンとモルガーナ、隠し金庫での最後の決戦!風神の放つブラックホールに誘われ、なぜかルパンだけ生きていました。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),TVアニメら行

ルパン三世 sweet lost night ~魔法のランプは悪夢の予感~
人気アニメシリーズ「ルパン三世」のTVスペシャル第20弾。
不二子の頼みで、どんな願いも叶う「魔法のランプ」を手に入れたルパン。しかし銭形の妨害により、次元との待ち合わせ場所から遠ざかってしまう。ルパンは「擦れば魔人が出てきて助けてくれるのでは?」と冗談半分でランプを擦ると、ランプから妖精と名乗る美女が出てきて願いを叶えてくれるという。ただし、人生の半分を失ってしまうと言うリスクを聞いた途端、突然ルパンは見知らぬ場所におり、半日分の記憶を失ってしまう。何故ルパンは記憶を失ってしまったのか?そして「魔法のランプ」に秘められた謎とは?
監督:アミノテツロ
声優:栗田貫一、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗、田中美里、萩原聖人
脚本:大川俊道
原作:モンキー・パンチ
音楽:大野雄二
エンディングテーマ「夜想曲」
作詞:山田稔明
作曲:大野雄二
歌:原田知世
オリジナル・サウンドトラック – 「ルパン三世 sweet lost night」
制作年:2008年
制作国:日本
時間:92分
今回のお宝は「魔法のランプ」。早々と盗み出すことに成功したルパンがランプをこすってみると中から魔人ではなく妖精が出現。彼の願いを叶えると申し出るが。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】