TV-アニメ,TVアニメま行

GUN道MUSASHI
関ケ原の戦いで西軍が勝利し、大阪に幕府が開かれた数年後、アヤカシと呼ばれる妖怪が人間を支配しようとしていた。そのアヤカシと闘う1人の少年、その名は「ミヤモトムサシ」。ムサシは2丁拳銃を武器に仲間たちとアヤカシを封印することができる七つの秘宝を求め、日本の城を盗む旅を続けるのだった・・・。
原作:モンキー・パンチ
監督:木下ゆうき
出演:浪川大輔、堀川仁、河原木志穂、山野井仁、柳沢真由美
音響監督:高桑一
音楽監督:石黒典生
美術監督:中原英統
制作年:2006年
制作国:日本
BS-i、ANIMAXの『MUSASHI』(ムサシ)、イーネットフロンティアの『GUN道 MUSASHI』(ガンどう ムサシ)、その他に『GUNDOH ムサシ』(ガンドー ムサシ)


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメま行

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(第2期)
天才魔法律家の六氷透(ムヒョ/村瀬歩)が、泣き虫な助手のロージーとともに、霊に悩まされる人々からの依頼を解決していく姿を描いた。第2期では、円宙継(エンチュー/神谷浩史)との戦いから数日後、魔監獄から帰還したムヒョとロージーの前に執行人・五嶺陀羅尼丸(ゴリョー/小林裕介)が現れ、ふたりを新たな戦いの渦へと巻き込んでいく。

第1話「五嶺登場」ナナのクラスメートのユミとリカが、放課後、『コックリさん』をしていた。
ナナはやめるようにと言い、バイトの為、急いで帰る。夜、『六氷魔法律相談事務所』で、ナナからその話を聞いたムヒョは、嫌な予感を抱いた。ロージーとナナがユミの元に駆け付けると、案の定、霊が襲った後であった。
すると、瀕死のユミを、二人の魔法律家が救った。それはーー『ゴリョーグループ』頭取、五嶺陀羅尼丸と助手の恵比寿花夫であった。

第2話「赤川団地跡」五嶺は、ムヒョへ、事務所を賭けて勝負を挑んできた。五嶺たちが負ければ、『コックリさん』の霊を除霊した法外な料金をタダにするという申し入れもあり、ロージーはムヒョが負ける訳がないと、その勝負を受けてしまう。舞台は、長い間廃墟となった、霊が巣食うという赤川団地跡。先に霊を倒した側が勝利となる。五嶺とムヒョの、魔法律勝負が始まった。
第4話「勝敗」
第5話「検定開始」
第6話「それぞれの試練」
原作:西義之(集英社刊)
監督:近藤信宏
出演:村瀬歩、林勇、神谷浩史、柿原徹也、明坂聡美、河村梨恵、羽多野渉、斎賀みつき、野水伊織、太田哲治
脚本:鈴木やすゆき
キャラクターデザイン:河野紘一郎
総作画監督:只野和子、松下浩美
音楽:川﨑龍
製作年:2020年
製作国:日本
【ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第1話~第12話】


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメま行

モンスター娘のお医者さん
魔族と人間がともに暮らす街リンド・ヴルムを舞台に、新米医師グレンが、モンスター娘たちを診察するメディカルファンタジーアニメ。
若くして診療所を任されるほど優秀な魔族専門の医師グレンは、マーメイドのエラを奥まで診察、フレッシュゴーレムの太ももを縫合、ハーピーの産卵の手伝い、ドラゴンの鱗をすみずみまで触診するなど患者たちを全力で診察するあまり、いつも“きわどい診察”“あぶない雰囲気”になってしまう。原作:折口良乃(「集英社ダッシュエックス文庫」集英社刊)
イラスト:Zトン
監督:岩崎良明
出演:土岐隼一、大西沙織ブリドカットセーラ恵美、藤井ゆきよ、嶋村侑
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクターデザイン:加藤裕美
美術監督:桑原悟
プロップデザイン:岩永悦宜
色彩設計:勝田綾太
撮影監督:國重元宏
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメま行

魔王学院の不適合者
かつて神々を滅ぼすほどの力をもちながらも、平和な世界を夢見た“暴虐の魔王”アノスは、平和におぼれた子孫たちが暮らす、魔法が衰退した時代に転生してしまう。あまりにも強大な力を誇るアノスは、魔王候補を育成する“魔王学院”に入学するも不適合者としての烙印を押され、周囲から侮られるなか、唯一親身になってくれたミーシャ・ネクロンを配下に加えて魔族のヒエラルキーを駆け上がっていく。

第1話「魔王学院の不適合者」二千年前、暴虐の限りを尽くした史上最強の魔王アノス。そんな彼の血を引く後継者、《魔皇(まおう)》を育成するべく、現代の魔王学院では入学試験が行われていた。試験内容は生徒同士で決闘を行う「実技試験」。そこに現れたのは、二千年前に荒んだ世界に飽き、転生した暴虐の魔王アノスの姿だった。

第2話「破滅の魔女」始祖としての莫大な魔力を有しているにも関わらず、《不適合者》の烙印を押されてしまったアノス。彼はそんな不当な扱いも意に介さず、圧倒的な実力を示し続け、班別対抗試験にはリーダーとして参加する事に。だが、クラスメイトは混血のアノスを認めず、班員はミーシャのみになってしまう。さらに対戦相手は、実の妹であるミーシャを《ガラクタ人形》と蔑む姉、サーシャ率いる班となった。

第2話「サーシャの真意」「最後に、あなたに会えてよかったわ」。意味深な言葉を残したサーシャの真意を掴めぬまま時は経ち、魔王学院では特別授業として、七魔皇老アイヴィスによる大魔法教練が開催される。七魔皇老は始祖が自らの血を使い生み出した七人の配下。「くれぐれも失礼のないように」とエミリアに念を押されたアノスだったが、躊躇いもなくアイヴィスのことを呼び捨てにしてしまう。

第3話「サーシャの真意」「最後に、あなたに会えてよかったわ」。意味深な言葉を残したサーシャの真意を掴めぬまま時は経ち、魔王学院では特別授業として、七魔皇老アイヴィスによる大魔法教練が開催される。七魔皇老は始祖が自らの血を使い生み出した七人の配下。「くれぐれも失礼のないように」とエミリアに念を押されたアノスだったが、躊躇いもなくアイヴィスのことを呼び捨てにしてしまう。

第4話「十五の誕生日」「十五歳の誕生日……。午前零時に私は消える……」。ミーシャが衝撃の事実を告げる。アイヴィス・ネクロンの掛けた魔法により、仮初めの生を過ごしていたミーシャは”本来は存在しない存在”であった。「十五年が私の一生」。それでいいのだと諦観する彼女にアノスは告げる。「俺には知らぬことが二つある。後悔と不可能だ」。《不適合者》が姉妹を縛り付ける悲劇を、理不尽を、いま粉砕する。

第5話「転入生」ミーシャ、サーシャとの邂逅。アイヴィスとの激闘も記憶に新しい中、魔王学院では、七魔皇老をも打ち負かす実力者、《錬魔の剣聖》レイが転入生として現れる。レイは有能なリーダーのもとに就きたいと言い、アノス班に入ることを希望した。しかしアノスがこれを拒否。代わりに「相応の結果を見せれば配下に加えてやる」と条件を提示する。かくしてレイは班を結成し、アノス班と、班別対抗試験で真っ向勝負をすることに。

第6話「魔剣大会」
原作:秋「魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」(「電撃文庫」KADOKAWA刊)
原作イラスト:しずまよしのり
総監督:大沼心
監督:田村正文
出演:鈴木達央、楠木ともり、夏吉ゆうこ、松本忍、豊崎愛生、小清水亜美
助監督:湊未來
キャラクターデザイン:山吉一幸
シリーズ構成:田中仁
音響監督:納谷僚介
音楽:井内啓二
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】