TV-アニメ,TVアニメら行

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
長月達平氏による人気ファンタジー小説(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化第2期。
現代から異世界に召喚された主人公のスバルが、魔女の力?により自分が死ぬことで時間が巻き戻る「死に戻り」の力を駆使して、過酷な運命に立ち向かっていく姿を描く。
第1話「それぞれの誓い」幾多の死を繰り返しながら、ついに白鯨の討伐を成功に導き、暗躍する魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウス・ロマネコンティを打ち破ったスバル。辛い決別を乗り越え、ようやく最愛の少女・エミリアとの再会を果たしたのも束の間、スバルはこの世界からレムの存在が消え去ってしまっていることを知る。死のループの中で白鯨に襲われたときに起きた《存在の消失》。白鯨を倒した今、起こり得るはずのない事態がスバルたちを襲う。

第2話「次なる場所」クルシュとの話し合いを終え、ロズワールに事態の報告と相談を行うため、アーラム村へと帰ってきたスバルたち。しかし、アーラム村に人影はなく、どうやら魔女教徒の襲撃に備えて、ラムと共に「聖域」へと避難した村人たちがまだ戻ってきていないらしい。「聖域」の情報を集めるため、ロズワールの屋敷にやってきたスバルたちを出迎えたのは、過去にロズワールの屋敷でメイドとして働いていたフレデリカという女性だった。

第3話「待ちかねた再会」「聖域」へと向かう途中、意図せずして魔女の茶会に招かれてしまったスバルは、自らを「強欲の魔女」と名乗る少女・エキドナと出会う。警戒するスバルに対して、エキドナはお茶が冷める前に早く席について欲しいと告げる。エキドナとの会話を終え、どうにか外に出ることができたスバルが目にしたものは、ぼろぼろになって地面に倒れているオットーの姿だった。事態を飲み込む暇もなく、スバルは何者かの襲撃を受ける。

第4話「親子」
第5話「踏み出した一歩」
第6話「少女の福音」
第7話「ユージン」
第8話「命の価値」
第9話「らぶらぶらぶらぶらぶらぶゆー」
第10話「地獄なら知っている」
第11話「死の味」
第12話「魔女たちの茶会」
第13話「泣きたくなる音」
第14話「STRAIGHT BET」
第15話「」
第16話「クウェインの石は一人じゃ上がらない」
第17話「記憶の旅路」
原作:長月達平(「MF文庫J」KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
出演:小林裕介、高橋李依、内山夕実、水瀬いのり、村川梨衣、新井里美、子安武人、岡本信彦、天﨑滉平、名塚佳織
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
モンスターデザイン:小柳達也
製作年:2020年
製作国:日本
【Re:ゼロから始める異世界生活 第1話~第25話】
【Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版 第1話~第13話】
【Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow】
【Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

TVアニメか行,TV-アニメ

回復術士のやり直し
月夜涙氏のファンタジー小説をテレビアニメ化。
仲間たちから搾取されながらも、ともに魔王に立ち向かった回復術士“癒の勇者”ケヤルが、世界を“回復(ヒール)”させることで4年前に戻り、復讐を試みる物語。ケヤルは自分を虐げ続けたジオラル王国の第一王女にして“術の勇者”であるフレアを新たな人格へと“改良(ヒール)”し、自らは容姿を変えてケヤルガと名乗り、おもしろおかしく人生をやり直そうとする。
原作:月夜涙(「角川スニーカー文庫」KADOKAWA刊)
監督:朝岡卓矢
出演:保住有哉、渋谷彩乃、石上静香、相川奈都姫、高森奈津美、津田美波、ふじたまみ、稲田徹
キャラクター原案:しおこんぶ
シリーズ構成・脚本:筆安一幸
キャラクターデザイン:ごとうじゅんじ
プロップデザイン:宮豊
総作画監督:ごとうじゅんじ、齊藤佳子
美術監督:甲斐政俊
美術設定:平柳悟、藤瀬智康
色彩設計:松山愛子
製作年:2021年
製作国:日本
第1話「回復術士はやり直す!」幼少の頃から勇者に憧れていたアルバン村の少年・ケヤル。穏やかな日々を過ごしていたが、ある日、どこからともなく森の奥へいざなう声が聞こえてくる。湖にたどり着くと目の前に現れた星の精霊から森羅万象を見通す「翡翠眼」を譲り受けたケヤルは、かつて【癒】の勇者として生き、この世界を《回復》した記憶を取り戻すのだった。
第2話「回復術士は、フレア王女を壊す!」
第3話「回復術士は、奴隷を買う!」


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメな行

七つの大罪 憤怒の審判
「七つの大罪」シリーズの最終章。伝説の騎士団“七つの大罪”を率いるメリオダスが、大罪人としてリオネス王国から追われながらも、はるかな昔から愛し続けてきた王女エリザベスのために世界の危機に立ち向かっていく姿を描く。
原作:鈴木央「七つの大罪」(「週刊少年マガジン」講談社刊)
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾、杉田智和
シリーズ構成:池田臨太郎
アニメーションキャラクター設定:西野理惠
音響監督:横田知加子
音楽:澤野弘之、KOHTA YAMAMOTO、和田貴史
アニメーション制作協力:マーヴィージャック
製作年:2021年
製作国:日本
【七つの大罪】
【七つの大罪 聖戦の予兆】
【七つの大罪 戒めの復活】
【七つの大罪 神々の逆鱗】
【劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人】
第1話「煉獄より」
第2話「未知との遭遇」
第3話「一途なる想い」


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

TV-アニメ,TVアニメら行

ログ・ホライズン 円卓崩壊
「ログ・ホライズン」は、橙乃ままれ氏による小説が原作。
ある日突然、人気オンラインゲーム『エルダー・テイル』の世界に、数万人のプレーヤー『冒険者』が閉じ込められた!
モンスターや魔法がリアルに存在する異世界で人々は混乱し、冒険者の街『アキバ』は秩序を失っていた―人づきあいの苦手な青年・シロエもそんな冒険者のひとりだったが、意を決したシロエは盟友の直継、アカツキ、にゃん太らとギルド『ログ・ホライズン』を結成。
さらに、持ち前の知略を武器に冒険者の結束を呼びかけ、自治組織『円卓会議』を立ち上げ、街に平和と安定を取り戻す。
この『円卓会議』を中心に、ゲーム世界のもともとの住人である『大地人』との交流も進み、筆頭貴族コーウェン家の令嬢・レイネシアがアキバに赴任するなど、冒険者と貴族や商人、一般市民などとの外交や取引も活発化していく。
しかし、冒険者たちが異世界に飛ばされた『大災害』から1年が過ぎ、つかの間の繁栄を享受していたアキバの街には、新種のモンスター『典災』の襲来や東西の貴族どうしの権力闘争、冒険者間の格差・思惑の違いなど、多くの火種がくすぶり続けていた。
そして、ついに冒険者の結束の象徴『円卓会議』に決定的な危機が訪れる。
原作:橙乃ままれ
監督:石平信司
出演:寺島拓篤、前野智昭、加藤英美里、中田譲治、山下大輝、田村奈央、松井恵理子、柿原徹也、藤井ゆきよ、原由実
シリーズ構成:根元歳三
主題歌/挿入歌:BAND-MAID
公開日:2021年01月13日
製作年:2021年
製作国:日本
【ログ・ホライズン】
【ログ・ホライズン 第2シリーズ】

第1話「レイネシアの結婚」オンラインゲーム「エルダー・テイル」の世界に、シロエたち「冒険者」が閉じ込められて1年あまりが過ぎた。ギルド「ログ・ホライズン」のメンバーが暮らすアキバの街は、自治組織「円卓会議」の発足により、安定を取り戻していた。そして、貴族の令嬢レイネシアがアキバに赴任するなど、ゲーム世界の住人「大地人」と冒険者との交流も活発になっている。そんなある日、レイネシアのもとに母・サラリヤが突然あらわれる。

第2話「アキバ公爵」「円卓会議」の一員でもある大手ギルド「ホネスティ」のリーダー・アインスが、ウエストランデ神聖皇国の斎宮家(さいぐうけ)から「アキバ公爵」に任命された。古くからの権威である斎宮家の後ろだてとあって、アキバの大地人の多くは好意的に受け止める。その一方で、斎宮家の当主・トウリからレイネシアへの縁談が持ち込まれたこともあり、シロエたちは、ウエストランデやミナミの何らかの策略ではないかと警戒する。
第3話「ひびわれる円卓」


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【動画】 【ブログランキング】