邦画あ行,邦画,SF

ALIVE アライヴ
恋人を暴行した相手6人を全員殺害し、4ケ月の逃亡の後、恋人をも殺害した罪で死刑判決を受けた男、八代天周(榊英雄)。その日、彼の死刑が執行されようとしていた。
しかし電気椅子のスイッチが切られてもなお、天周は生きていた。書類上では死亡したこととなった天周に、二つの選択肢が与えられる。“生きる”か“死ぬ”か。生きることを選んだ天周は麻酔銃で意識を奪われ、彼の第二の刑が始まった。
意識を取り戻した天周を待ち受けていたのは、あらゆるものから遮断された部屋と、もう一人の死刑囚、権藤(杉本哲太)。突然スピーカーから二人の罪状を読み上げる男の声が聞こえ、彼らが実験に参加させられていることを伝える。
部屋からは一切出られず、護衛以外の人間はその部屋に入ることはできない。しかし、武器以外であれば望むものを何でも与えると言う。
監督:北村龍平
出演:榊英雄、りょう、小雪、エリカ、ベンガル、國村隼、菅田俊、坂口拓、杉本哲太
脚本:北村龍平、山口雄大、桐山勲
原題:ALIVE
製作年:2002年
製作国:日本
時間:109分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画た行,SF,サスペンス

トランス・ワールド
ジャック・ヘラー監督達、オスカー受賞スタッフが手掛けたSFサスペンス映画。
人里離れた森の中で、夫とドライブ中にガス欠になり、ガソリンを買いに行った夫を待つサマンサは、同じように車のトラブルで立ち往生しているトムに遭遇し、無人のキャビンで一緒に夫を待つことに。
そこに、もう一人、ジョディと名乗る女が現れる。寒さと飢えに震えながら、3人は奇妙なことに気づく。何度森に出ても、キャビンに戻ってきてしまうのだ。
さらには、3人それぞれが認識している現在地や時代が全く違うことに驚愕する。彼らは一体なぜこの場所にたどり着いたのか?
主な登場人物はたったの4人で、物語は終始その辺にありそうな森みたいなとこで展開されます。おそらく、製作費はそんなにかかってないと思います。それでも、このようなしっかりとしたストーリーで、見ている人の感情に刺激を与える映画だったのですごくロマンを感じました。
監督:ジャック・ヘラー
出演:サラ・パクストン、スコット・イーストウッド、キャサリン・ウォーターストーン、ショーン・サイポス、クリストファー・デナム
制作:ジャック・ヘラー、ダラス・ソニアー、ショーン・クリステンセン、ジェイソン・ドラン
脚本:ショーン・クリステンセン、ジェイソン・ドラン
音楽:ダーレン・モルゼ
原題:ENTER NOWHERE
制作年:2011年
制作国:アメリカ
時間:90分
人里離れた森の中のキャビンに迷い込んだサマンサ、トム、ジョディ。寒さと飢えのため3人は協力し合い、次第に打ち解けていく。しかし、それぞれが認識している現在地や時代が全く異なることに気付き…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画か行,SF,スリラー

黒い箱のアリス
サドラック・ゴンザレス=ペレジョン監督による、山奥のサイバーな山荘、義手の女の子と彼女に母と呼ばれる喋る犬、そこに現れる姉弟、山の中に急に置かれた謎の黒い大きな立方体、すべてのシーンから漂うなんとも居心地の悪い違和感と、不気味でよくわからない謎が張り巡らされたところから始まる箱庭系のSFスリラー。
父が起こした事故で、最愛の母と右腕を失くしてしまった少女アリス。心を閉ざした彼女は、ある日森で巨大な黒いキューブに遭遇する。その中で彼女は、なぜか彼女自身の筆跡で書かれた1通の手紙を見つける。
深々とした森に佇むエレガントな邸宅、シンメトリックな構図、近未来的な設定や小道具など、物語の魅力を押し上げてくれそうな成分で溢れているのにうまく反応してくれない。奥深さと難解さの意味を履き違えてしまっているかのような作りに私はいじけてしまったけれど、様々な解釈を呼びそうな余韻の残る作品。
監督:サドラック・ゴンザレス=ペレヨン
出演:ロウェナ・マクドネル、ジュリアン・ニコルソン、アイデ・リサンデル、マルク・プッジェネル、ウィル・ハドソン、ダニエル・M・ジェイコブズ、ルーシー・ティレット
脚本:サドラック・ゴンザレス=ペレヨン
原題:BLACK HOLLOW CAGE
上映日:2018年01月14日
制作年:2017年
制作国:スペイン
時間:105分
父親が起こした事故で母親の命と自らの右腕を失ったアリス。周囲に心を閉ざした彼女はある日、森で巨大な黒い箱を発見する。中には自身の筆跡で書かれた手紙が入っており。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画か行,アクション,アドベンチャー,SF

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
スーパーヒーロー“キャプテン・アメリカ”の活躍を描いたシリーズの続編。
アベンジャーズの戦いから2年。国際平和維持組織“S.H.I.E.L.D.”は新たな防衛システムの開発を進めていたが、キャプテン・アメリカは疑問を抱き始める。
ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが、その姿は70年前に死んだはずの親友バッキー・バーンズのものだった。
前作「ファースト・アベンジャー」から70年たっている設定にもかかわらず、しっかりと続編映画になっているのが驚き。神様の異次元バトルを見せられた後でも、ちゃんと帰ってこれるのだから良くできてる。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ロバート・レッドフォード、サミュエル・L・ジャクソン、アンソニー・マッキー
制作:スタン・リー、ケヴィン・ファイギ
原題:CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER
上映日:2014年04月19日
制作年:2014年
制作国:アメリカ
時間:136分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】