洋画(外国), 洋画さ行, エロティック-, コメディ-

未来のエネルギー危機をコミカルに描いた艶笑コメディ。
エネルギーが枯渇した近未来、地球は電力の存在しない世界へと姿を変えていた!
そこで、イタリアの科学者がSEX時の女性のエクスタシーからエネルギーを得て、電気エネルギーに変換できるのではと考え実験を始める。
実験を重ね、ついに街灯の点灯に成功!
しかし、国民の電力を確保するためには多くのエネルギーが必要だった。そこで、SEXを奨励して電力を得ようという奇妙な作戦が開始するw
SEXを国民の義務として奨励することで電力を確保!世界は活気を取り戻す!
だが、愛を語らうだけの男女や、プラトニックを貫く男女が増えるという問題発生!
そこで今度は、愛を禁ずることにw愛を囁くのは禁止、ただSEXだけが義務として奨励される。
国民は愛を囁くことに興味を持つようになり、愛を欲求するようになる。
そしてラストは「道徳的に禁じられているときは皆あれだけ興味を持っていたのに、社会義務となった途端に興味を失うんだからな。」という台詞と教授の高笑いで終わる。
監督:パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
出演:ジジ・プロイエッティ、アゴスティーナ・ベリ、クリスチャン・デ・シーカ
脚本 オッタヴィオ・ジェンマ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
原作 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
音楽 フレッド・ボンガスト
原題 THE SEX MACHINE
製作年 1975年
製作国 イタリア
時間 81分
時は近未来。1980年代に地球上の全エネルギーを使い果たした人類は、中世時代のような生活を営んでいた。そんな中、科学者たちが女性のエクスタシーを電気に変える方法を発明し。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

洋画(外国), 洋画さ行, コメディ-, ラブストーリー/ロマンス-

本当の愛を知って、本当の友人をもって、この場を離れなければいけない寂しさと苦しみで胸がいっぱいになって、どこへこの思いをぶつけたらいいのかわからない。素晴らしい恋愛映画。
本当に愛している、運命の人。そして得た仕事。自分の人生を取るか、この運命の人の隣にいるか。時に壊れたものは直せないときがある。完全に粉々になって、破片が光るとき、それが今なのかもしれない。
監督:ジェニファー・ケイティン・ロビンソン
出演:ジーナ・ロドリゲス、ブリタニー・スノウ、ディワンダ・ワイズ、キース・スタンフィールド、ルポール・チャールズ、ピーター・ヴァック、アレックス・モファット、ロザリオ・ドーソン
製作:アンソニー・ブレグマン、ピーター・クロン、ポール・フェイグ、エミリー・ギプソン
原題 Someone Great
製作年 2019年
製作国 アメリカ
時間 92分


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

洋画(外国), 洋画さ行, ホラー(horror)

「ドッキリにハメた人が実はリアルガチの殺人鬼!」というバカバカしくもありそうで無かった設定がまず興味をそそりつつ、話が進んでいくと当初の状況から二転三転、いや四転五転するツイストが気持ちいい力作でした。

ドッキリ番組の映画だなんて一口で言ったらB級感が出たり安っぽい雰囲気がしてしまうけど、この映画はサスペンスホラーとしてまさに真っ当な二転三転さらには四転五転する展開を持ち、全く飽きさせない作りを持っていると言える。
監督:コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ
出演:ミーガン・ワーナー、オリヴィア・デヨング、イアン・メドウズ
脚本 コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ
原題 SCARE CAMPAIGN
制作年 2016年
制作国 オーストラリア
時間 80分
動画投稿サイトに押され停滞気味のTV番組「スケア・キャンペーン」。かつての栄光を取り戻すため、廃墟の病院でドッキリ撮影が行われるが。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

洋画(外国), 洋画さ行, エロティック-, サスペンス-

“シャネルのミューズ”アナ・ムグラリスとダニエル・オートゥイユ共演による官能ミステリー。
覆面作家のダニエル(ダニエル・オートゥイユ)は義理の息子の結婚式に向かう船の中で、絶世の美女ミラ(アナ・ムグラリス)と出逢う。
一目見た瞬間に心を奪われたダニエルは、ミラと一夜限りの関係を持つ。
翌日結婚式に参加したダニエルだったが、何と花嫁はミラだった。
冒頭の討論会のシーンで、ダニエルは一人の女性を見つめる。
するとその女性は夫に男性を紹介し、夫が席に着く暇を盗んで、男性とキスを交わす。
そしてその最中にダニエルに視線を向ける。
ダニエルはそれを文章にして書き留める(「姦婦の瞳は不安と喜びの間で揺れていた。目撃されることで奇妙な興奮を覚えるらしい。その興奮が生きがいのようだった」)。
作家は他人の人生を目撃し、それを作品にする。
作中出てくる「作家は他人の人生を盗む」という言葉。
作品を書いたのは盗んだ方か、それとも盗まれた方か?
作品を両者の共作と考えるなら、作家は「亡霊」のようなものかもしれない。
前半はダニエルとミラの情事を描いた恋愛ドラマ、後半はダニエルの盗作疑惑を描いたミステリー・ドラマとして楽しめる。
そして惜しげもなく裸体を披露したアナ・ムグラリスの美しさに酔い痴れる。
監督:ロベルト・アンドゥ
出演:アナ・ムグラリス、ダニエル・オートゥイユ、グレタ・スカッキ、ミシェル・ロンズデール
脚本 ロベルト・アンドゥ、サルバトーレ・マルサレッリ
原題 le Prix du De sir
制作年 2004年
制作国 フランス、イタリア、スイス
時間 109分
過去に秘密を抱える匿名の人気作家・ダニエルは、ミステリアスな美女・ミラとの出会いから自らの運命を狂わせていく。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】