洋画(外国),洋画ま行,アクション,アドベンチャー,ファンタジー

監督に『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティが参戦。DC映画のような絵的な格好良さ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのようなキャラ立ちの良さとマッドマックス並みのテンポの良さを合わせたような最高な作品
アベンジャーズの一員ソーの前に<死の女神・ヘラ>が現れた。復讐と野望に燃えるヘラは、ソーの故郷へ攻撃をはじめる。故郷を奪われたソーは、この最強の敵を倒すため盟友ハルク、宿敵ロキらと型破りのチーム“リベンジャーズ”を組み極限バトルに挑む。果たして、ソーたちは史上最強の敵からこの世界を守ることができるのか?死の女神・ヘラの復讐の目的は!?そこには、ソーの運命を変える秘密が隠されていたー。新『アベンジャーズ』へのカウントダウンが始まる!
今までのソーシリーズと一線を画すコメディ要素満載の内容で最初はやや心配だったけど見ていくうちにクセになっていきましたよね。「シェアハウスウィズバンパイア」のタイカ・ワイティティ監督ということもあり、その辺のうまさが光っておりました。
監督:タイカ・ワイティティ
出演:クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、テッサ・トンプソン、アンソニー・ホプキンス
製作:ケビン・ファイギ
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、ブラッド・ビンダーバウム
原案:クレイグ・カイル、クリストファー・ヨスト、エリック・ピアソン
脚本:エリック・ピアソン
原題:Thor: Ragnarok
上映日:2017年11月03日
製作年:2017年
製作国:アメリカ
時間:131分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画ま行,アクション,アドベンチャー,ファンタジー

マイティ・ソー ダーク・ワールド
アベンジャーズのその後が描かれており、対立するしていたロキとの共闘も描かれているそんな作品。
「アベンジャーズ」の戦いから1年─ロンドンに原因不明の重力異常が発生。ソーの恋人である天文物理学者のジェーンは、調査の過程で地球滅亡の鍵となる“ダーク・エルフの力”を自らの身体に宿してしまう。ソーは地球を離れ故郷“アスガルド”にジェーンを連れていくが、そのために愛する家族や仲間たちも狙われてしまう。ダーク・エルフが全宇宙をも支配しようとする絶望的な状況に、ソーは、血のつながらない弟にして宿敵であるロキを牢獄から出し、共にこの危機に立ち上がるが。
マイティソー1作目に引き続き、今回もやはり世界観がいまいちピント来ない神話の世界。 ストーリーは置いといても、前作とアベンジャーズで敵として登場したロキが好きになれるのは間違いない今作品。 ダーシーもちゃんと頑張ってくれるので、まだ「ワンダヴィジョン」を見てない人はこの作品でダーシー愛を育んでください。
インフィニティーストーンにも深く触れ始めてくるので、この辺りからインフィニティサーガが本格的に始まりだしたなあと実感できる内容。
監督:アラン・テイラー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンス、ステラン・スカルスガルド、ザッカリー・リーヴァイ、イドリス・エルバ、レネ・ルッソ、カット・デニングス
制作:スタン・リー、ケヴィン・ファイギ
脚本:クリストファー・マルクス、クリストファー・ヨスト、スティーヴン・マクフィーリー
音楽:ブライアン・タイラー
原題:Thor:The Dark World
上映日:2014年02月01日
制作年:2013年
制作国:アメリカ
時間:112分
マーベル・コミックを実写化したヒーローアクションの続編。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画ま行,アクション,アドベンチャー,ファンタジー

アイアンマン・スパイダーマンなどを生み出してきたマーベル社が贈るヒーローアクション。
アスガルドの王オーディンは二人の息子を持ち、ソーを王にすると決める。しかしソーの戴冠式の日に、アスガルドにヨトゥンへイムの氷の巨人が侵入。ソーはヨトゥンへイムに乗り込み、その無謀さに怒ったオーディンはソーを地球へと追放する。ロキは、オーディンが眠っている隙にラフウェイをアスガルドへ侵入させ、オーディンを始末しようとする。
アスガルドとヨトゥンへイムは昔戦争をして、アスガルドが勝利していた。
そのときに拾った氷の巨人の子供はロキと名づけられ、オーディンのもとで育つ。
ロキはオーディンからそのことを聞き父のことを信じられなくなり、怒る。ただでさえ兄と比べられることが嫌だったというのに。
ソーは地球に落ちてきて、ジェーン達と共に行動する。ロキにオーディンは死んでしまったと言われ、アスガルドに戻ることを諦めようとする。ソーは一度はムジョルニルに手をかけるも動かない。しかし、ジェーンたちをデストロイヤーの攻撃から命をかけて守ることによりムジョルニルに認められ再び力を取り戻す。ここのシーンはかなり盛り上がる。
ヘイムダルが自力でロキの氷を溶かし、ソーたちをアスガルドへと送還。ソーはオーディンの元へと向かう。ロキはラフウェイを侵入させるも、女王の前でラフウェイを倒し、ロキはヨトゥンへイムを消滅しようとする。ソーとロキは戦い、ソーは虹の橋を壊してヨトゥンへイム守るも、ジェーン達とは会えなくなってしまう。戦いの末、ソーはオーディンに助けられるも、ロキは虹の橋から落ちてしまう。ジェーンに会いたいと願うソーが切なくて良いラストだった。
監督:ケネス・ブラナー
出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、トム・ヒドルストン、コルム・フィオール、浅野忠信、ジェイミー・アレクサンダー、イドリス・エルバ
上映日:2011年07月21日
製作年:2011年
製作国:アメリカ
原題:THOR
神の世界の戦士・ソーは、その傲慢さから神の国を危機にさらしてしまう。それに怒った父・オーディンは、ソーの力と権力を奪い地球に追放するが。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),アニメ(anime),洋画ま行,コメディ

ミッチェル家とマシンの反乱
デコボコ家族vsAI!笑えて笑えて笑えてほろっと泣けて笑えて笑えて笑えるファミリーアクションハートフルコメディの新たな傑作。
ある日、ロボットが反乱を起こした。そんな始まりから怒涛の勢いで、滅茶苦茶ポップでネットミーム汚染されたカーチェイス映像が一気に流れ混んでくる。
コレは始まりで、流石に時間軸は巻き戻って説明して貰えるが、過剰装飾的な映像や独特なキャラクターや設定の見せ方は抜群にユニーク!!
主人公の映像系の大学進学に伴って、半ば無理矢理の家族旅行、ロードムービーが始まるが、そこで全世界を巻き込んだ、ロボット達の反乱が巻き起こる!
ブラックジョーク満載で、ポップに巻き起こる危機に、主人公家族は完全に可笑しい行動をする様から物語は進んで行く。
印象としては、クレヨンしんちゃんシリーズの映画のドタバタ劇が最も近い。
監督:マイケル・リアンダ
出演:オリヴィア・コールマン、アビ・ジェーコブソン、ダニー・マクブライド、マーヤ・ルドルフ、エリック・アンドレ
脚本:ジェフ・ロウ
原題:Connected/The Mitchells vs. the Machines
製作年:2020年
製作国:アメリカ
時間:113分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】