洋画(外国),洋画は行,サスペンス

パラサイト 半地下の家族
半地下の家族が地上の家族の世界に入り込んでいく展開はある種痛快で、自ずと視点は半地下に寄り添うが、中盤、それが一変する展開があり、そこから怒涛の展開に雪崩れ込んでいく。
地上、半地下、そこに地下が加わることで、半地下と地下の闘争が始まる。悲しいのは、それが地上に全く届かないということだ。
地下の住人も、半地下の住人も、それぞれが物語が始まる段階では「なんとなく」地上の住人を敬愛している。
そこには怒りはない。それを「当たり前」と考えているそれ自体がどこまでも卑屈で、悲しい。しかし地上の人間と触れ合う内に、下に住む者は残酷な真実を知る。
地上の住人は、半地下にも地下にも関心がないどころか、そんな存在すら気に留めていないと。計画があるということは、それはコントロールされている、「秩序」があるということだが、それが無計画へと移り、映画は「混沌」に向かって突き進んでいく。
互いが互いへの想像力を欠き、遂には地獄の蓋が開く。禍々しい終わりを迎え、最後に半地下の家族が悟ったのは、「初めから選択肢などなかった」ということ。ある者は死を迎え、ある者は更に下へと潜り、そしてある者は叶うはずのない未来を夢見る。分かり合うことは不可能だと観客に突きつける。
ドライで、シニカルに、世界の現実がここにある。

序盤からテンポよく話が進み、所々に笑いもあり飽きることなく楽しめました。
途中から雲行きが怪しくなり、ラストに向けて加速して様は、なるほどそっち方向に進むのかと感心しました。
ギウは無意識のうちに金持ちでエリートの友人ミニョンになりきる、同化したがっているように見える。
立ち小便をしている男に説教しに行くのもそうだし、水石を常に側に置こうとするのもそう。ミニョンが言った言葉をそのままなぞって「ダヘが大学に行ったら付き合う」と言うし、結婚まで考えている。身分を偽って結婚できるはずなどないし、何よりミニョンが留学から帰ってきたらすべてがバレてしまう泡みたいな状況なのに。
追い詰められたときも「ミニョンだったらどうするだろう」と呟く。
ギウは愚かではないので、本当に信じ込んでいたというより、ミニョンに自分を投影していたことで半地下の現実からひたすら目を逸らしていたのだろうと思う。誕生日パーティのときにそれに気づきかけていたが、結局ギウだけは夢から脱出できなかった。
最後に父を取り戻すために家を買うという「計画」も、何年かかるかわからない、できるかも分からない(そもそもそれができていたらこの家族は最初から半地下に住んでいない)ので机上の空論にすらなってない。
その夢、幻想、妄想を日差しが差す綺麗なカットで見せたあと、映画冒頭と同じ構図の半地下のシーンに戻っていく流れがすごく虚しくてニコニコしちゃった。虚無だ。
エンディング曲はギウ役の人が歌っているそうですね。あの明るい曲調はギウが見る夢を感じるけど、歌詞には気づきかけた現実を感じる。
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・ヘジン、パク・ミョンフン、イ・ジョンウン、チョン・ジソ、チョン・ヒョンジュン
脚本:ポン・ジュノ
主題歌/挿入歌:チェ・ウシク
原題:기생충/Parasite
製作年:2019年
製作国:韓国
時間:132分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,パニック,ホラー(horror)

ボア
巨大化したイノシシが暴れまわる、オーストラリア発の巨大怪獣パニックアクション。
スゴい牙でぶっ刺したり、頭咥えてブンブン振り回す!
首チョンパとかあってそこそこグロもあり。
イノシシはところどころCGだけど、人を殺すシーンはアニマトロニクスで撮影しててレトロな感じ。
監督:クリス・サン
出演:ネイサン・ジョーンズ、ヒュー・シェリダン、ビル・モーズリー、クリスティン・リー・ブリテン
制作 クリス・マリック、クリスティン・ハズビー、クリス・サン
脚本 クリス・サン、クリスティ・ダラーズ
音楽 マーク・スマイス
原題 BOAR
制作年 2018年
制作国 オーストラリア
時間 96分
牧場を営んでいる弟に会う為、車を走らせていたデビー一家。その途中、巨大生物による家畜の被害を耳にする。その夜から巨大な何かが住民を食い殺していく。そしてついにはデビー一家にも巨大な影が忍び寄る。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,サスペンス

パラサイト 半地下の家族
『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督作。
貧困層御用達の半地下住宅に住む4人全員無職のキム家の面々(父親ギテク役ソン・ガンホ)。
受験浪人中の長男ギウは、留学する友人の紹介で、身分を偽って富裕層のパク家の長女で高校生のダヘの家庭教師を務めることになる。
信頼を得たギウはパク夫人が長男ダソンの美術の教師を探していることを聞きつけ、妹ギジョンを自分の後輩と偽って雇用させることを計画するが。
ジャンルは専らブラック・コメディだが、サスペンス、スリラー要素を多分に含んだジャンル横断的な作品。
監督の作家性が存分に活かされた芸術的映像、居宅ごと全て作り物という驚異の舞台セット、小物に至るまで計算され尽くした美術、完全に役そのものピッタリの役者を選択したキャスティング、味わい深いキャストの演技、全てがハイレベルであり、何より脚本が優れている。
今作の恐るべきは、映画芸術としてのクオリティとエンターテインメントとしての無類の面白さが同居している点にある。
前半のストーリーは、貧困層の家族が富裕層の家庭に取り入って寄生していく、というもの。
このあたりは割と先の読めるブラックコメディで、普通に楽しめる。
しかし、ある一時点から物語は驚くべき展開を迎え、観客は予想もしなかった彼岸に連れて行かれる。
前半で何気なく撒かれた多数の伏線は、後半尽く回収され、いずれも恐るべき意味を持つ。
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
音楽:チョン・ジェイル
原題:PARASITE/기생충/GISAENGCHUNG
主題歌/挿入歌:チェ・ウシク
上映日:2020年01月10日
制作年:2019年
制作国:韓国
時間:132分
半地下住宅で暮らす貧しいキム一家の長男・ギウは、IT企業の社長・パク一家の娘の家庭教師をすることに。これを機に、キム一家は徐々にパク一家に“パラサイト”していく。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,サスペンス

プラネタリウム
ナタリー・ポートマンとリリーローズが姉妹役で出演する死者と交信ができる美しき姉妹の物語。
1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす。
監督:レベッカ・ズロトヴスキ
出演:ナタリー・ポートマン、リリー・ローズ・デップ、エマニュエル・サランジェ、アミラ・カサール、ピエール・サルヴァドーリ、ルイ・ガレル、ダーヴィット・ベネント、ダミアン・シャペル
脚本:レベッカ・ズロトブスキ ロバン・カンピヨ
原題:Planetarium
上映日:2017年09月23日
製作年:2016年
製作国:フランス、アメリカ
時間:108分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】