洋画(外国),洋画な行,アクション,コメディ,ラブストーリー/ロマンス

トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演で贈る、スリルとロマンス+コメディ要素満載のスパイアクション。
ジューンはある日、えたいの知れない男と思いがけない出会いを果たすが、その男はジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を負ったスパイだった。
予想外の裏切りや暗殺者による執拗な攻撃が日増しに強くなる中、ジューンは男に対して疑念を抱き始める。

キャスト・作品情報


監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、ピーター・サースガード、オリヴィエ・マルティネス、ポール・ダノ、マーク・ブルカス、マギー・グレイス
制作:キャシー・コンラッド、トッド・ガーナー
脚本:パトリック・オニール
上映日:2010年10月09日
製作年:2010年
製作国:アメリカ
原題:KNIGHT & DAY
時間:110分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画や行,ラブストーリー/ロマンス

小坂流加の原作小説を小松菜奈と坂口健太郎のW主演で藤井道人による映画化。
命を絶つニュースが多い最近だから余計に、生きたい人と死にたい人の気持ちの対比が伝わってきて、命の重さを改めて考えさせられる。
一番泣けたのはお母さんがポトフ作った時のシーン、小松菜奈ちゃんはじめ家族役の役者さんも演技上手くて感情移入がすごかった。
茉莉に出会って心から愛したことによって和くんの人生が変わっていく、そんな人に出会えるって素敵だなと思った。

キャスト・作品情報


監督:藤井道人
出演:小松菜奈、坂口健太郎、山田裕貴、奈緒、井口理、黒木華、田中哲司、原日出子、リリー・フランキー、松重豊
脚本:岡田惠和
原作:小坂流加
音楽:RADWIMPS
上映日:2022年03月04日
製作年:2022年
製作国:日本
時間:125分
不治の病で余命10年の茉莉は、生きることに執着しないよう、恋だけはしないと心に決めていた。そんな中、茉莉は同級生の和人と再会し、急接近するが…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,ラブストーリー/ロマンス

人気コメディアンのニーシー・ナッシュ、シャロン・ストーンら出演のドラマ。成功を目前にした若い歌手ビューティは、家族、重圧、愛の葛藤に苦しむことに。

キャスト・作品情報


監督:アンドリュー・ドスンム
出演:グレイシー・マリー・ブラッドリー、アリース・シャノン、ニーシー・ナッシュ、ジャンカルロ・エスポジート、カイル・バリー、マイケル・ワード、シャロン・ストーン
脚本:リナ・ウェイス
原題:Beauty
製作年:2022年
製作国:アメリカ
時間:94分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

邦画あ行,邦画,ラブストーリー/ロマンス

「私と飲んだ方が、楽しいかもよ?笑」。その 16 文字から始まった、沼のような 5 年間。明大前で開かれた退屈な飲み会。そこで出会った<彼女>に<僕>は一瞬で恋をした。下北沢で観た舞台、高円寺で一人暮らしを始めた日、フジロックに対抗するために旅をした 7 月の終わり……。世界が<彼女>で満たされる一方で、社会人になった<僕>は「こんなハズじゃなかった人生」に打ちのめされていく。息の詰まる会社、夢見た未来とは異なる現在。夜明けまで飲み明かした時間と親友と彼女だけが、救いだったあの頃。でも、僕はわかっていた。いつか、この時間に終わりが来ることを。
学生から社会人へと過渡期が描かれてる。そのなかでの男女関係とか人間関係とか。朝までのみあるいて外が明るくなってきた時のエモさはやばいよな、わかります。

キャスト・作品情報


監督:松本花奈
出演:北村匠海、黒島結菜、井上祐貴、山中崇、楽駆、菅原健、高橋春織、三島ゆたか、岩本淳、境浩一朗、永島聖羅、木崎絹子、寺田ムロラン、田原イサヲ、わちみなみ、新田さちか、宮島はるか、佐津川愛美、高橋ひとみ、濱田マリ
脚本: 小寺和久
原作:カツセマサヒコ
主題歌/挿入歌:マカロニえんぴつ
上映日:2021年12月31日
製作年:2021年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】