邦画,邦画や行,ヒューマンドラマ

461個のおべんとう
渡辺俊美によるエッセイを井ノ原快彦、道枝駿佑共演で映画化したヒューマンドラマ。

ストーリー


息子の虹輝は父と暮らすことを選んでくれたが、15歳という多感な時期を迎える虹輝に対し、一樹は罪悪感を抱いていた。高校受験に失敗した虹輝に、これまで自由に生きてきた一樹は「学校だけがすべてではない。自由に好きに育ってくれたらそれでいい」と思っていたが、虹輝は高校進学の道を選び、翌春に高校合格を果たす。学校の昼食は「父さんのお弁当がいい」と虹輝が言ったことから、一樹はミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する。

父息子の多くはないコミュニケーションをお弁当が取り持つところに愛と温かさを感じて泣いた。どんなに忙しくてもどんなに時間がなくても朝にはお弁当が置いてある。時には失敗したんだなって思うおかずもあるし、これおいしい!っていう新しいおかずもある。
誰かが自分のために約束を果たしてくれるってすごくうれしいことだなって思った。
ありがとうごめんねがちゃんと言える家族の関係性も素敵だなと思った。

キャスト・作品情報


監督:兼重淳
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
制作:松井智、村松秀信、山元一朗、藤島ジュリーK.、小池賢太郎、東口幸司、村田嘉邦、吉川英作、鉄尾周一 脚本 清水匡、兼重淳
原作:渡辺俊美
音楽:渡辺俊美
主題歌/挿入歌:井ノ原快彦道枝駿佑
上映日:2020年11月06日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:119分
長年連れ添った妻との別れを決意した鈴本一樹。自分と暮らすことを選び、高校に進学した息子・虹輝のため、一樹は3年間欠かさずお弁当を作ることを約束し。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画や行,スリラー

約束のネバーランド
実写映画化はムリ、と言われながらついに完成! 少年ジャンプの異色作品を実写化した、映画『約束のネバーランド』。
この世界観を実写でここまで再現できるのすごいなあってくらい原作に忠実で感動しました。
アニメの1期と同じとこで終わってたから続編あるのかな?
アニメの2期が期待外れすぎたから実写に期待。
ヨーロッパの邸宅のように幸せに満ちた孤児院「グレイス=フィールドハウス」。ここで暮らす子ども、エマ・レイ・ノーマンの3人は、この楽園のような孤児院が実際には「鬼に献上する食用児を育てる農園」だと知ってしまいます。―里親が見つかったとしてさっき見送った女の子は、無残に命を奪われ、食料として出荷されている…。全てが偽りだと気づいた3人は、孤児たち全員を引き連れて脱獄計画をスタートします。

ストーリー



そこは、“楽園という名の檻”だった─。
幸せに満ち溢れた楽園のような孤児院、「グレイス=フィールドハウス」。
そこで暮らす孤児たちは、母親代わりでみんなから“ママ”と呼ばれている、イザベラ(北川景子)のもと、里親に引き取られる年齢になる日を待ちわびていた。
エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人も、いつか外の世界で暮らすことで、より幸せな日々がやってくると信じていた。
しかし、ある日“その秘密”を知ってしまう。
全てが偽りだったと気がついた3人は、孤児たち全員を引き連れた、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる…。

キャスト・作品情報



監督:平川雄一朗
出演:浜辺美波、城桧吏、板垣李光人、北川景子、渡辺直美
脚本:後藤法子
原作:白井カイウ、出水ぽすか
主題歌/挿入歌:ずっと真夜中でいいのに。
上映日:2020年12月18日
製作年:2020年
製作国:日本
時間:118分
【約束のネバーランド】
【約束のネバーランド(第2期)】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画や行

ヤクザと家族 The Family
親を亡くし、非行に走る孤独な青年が、ある事件をきっかけにヤクザとして生きることになる。そんな彼のヤクザ、そして家族の物語を30年にわたり絵が描かれた作品。
絶滅危惧種の歴史。古いヤクザの苦悩。極道の業。一人の男の叙事詩。その周りで時代の流れとともに変わる「家族」がテーマ。
1999年、2005年、2019年、と大きく3つの時代に分けられる今作ですが、その切り取り方と時代背景の絡め方が上手いです。 栄枯盛衰の中で生きる彼らの家族像が、生々しく描かれていました。
監督:藤井道人
出演:綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、菅田俊、康すおん、二ノ宮隆太郎、駿河太郎
脚本:藤井道人
主題歌/挿入歌:millennium parade
上映日:2021年01月29日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:136分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画や行

弱虫ペダル
渡辺航の人気漫画をKing & Princeの永瀬廉主演で実写化した友達のいないオタク少年がロードレースに出会って仲間と役目を見つけて光り輝く青春物語。
友達がいない総北高校の1年生、小野田坂道。希望していたアニメ研究部が休部となりショックを受けていた彼は、ひょんなことから自転車競技部に入部する。やがて自転車で走る楽しさを知った坂道は、同級生の今泉や鳴子、マネージャーの幹、部の先輩たちと共に、インターハイ出場を目指す。
人気コミックの実写映画化作品なので、やはり原作ファンの評価が分かれてしまうのは、仕方がないところでしょうか。展開が結構ご都合主義的であるのも、こうした作品では否めないところでもあります。
ただそれらを差し引いて余りあるくらい、レースシーンはまさに圧巻です。素人目に初めて観ると、誰がどのポジションをどのタイミングで走るか等で、作戦が大きく変わるという、自転車競技がまさにチーム競技であることに驚かされると同時に、だからこそ各々の絆が試される競技であることに、思わず感動させられてしまいます。
監督:三木康一郎
出演:永瀬廉(King&Prince)、伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、竜星涼、皆川猿時
脚本:板谷里乃、三木康一郎
原作:渡辺航
音楽:横山克
主題歌/挿入歌:King & Prince
上映日:2020年08月14日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:112分
千葉から秋葉原にママチャリで通う運動が苦手な高校生・小野田坂道。自転車競技部に入部した坂道は思わぬ才能を発揮し、仲間たちと共にレースで走る喜びを見出していく。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】