邦画,邦画わ行

私は絶対許さない
『受験のシンデレラ』の和田秀樹監督が、15歳で集団レイプに遭った雪村葉子の衝撃的な手記を映画化。
実話手記を元にした、性暴力から突き進んだ女性の話し。精神科医が取材を元に映像化したって事で、主観映像と内面人物が交錯した形で年月を語るので、気持ちの置き場がちょっと落ち着かない面もある。登場人物それぞれの大人の生き方って部分の投げ掛けは、意義深い所があった。
監督:和田秀樹
出演:平塚千瑛、西川可奈子、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、原奈津子、立山咲里、川瀬陽太、草野イニ、小林竜樹、高尾勇次、高橋卓郎、石橋知泰、飯島大介、栩野幸知、卯水咲流、岩間天嗣、安部智凛、椋田涼、川手淳平、吉田祐健、折原みか、南美希子、児島美ゆき、東てる美、隆大介、佐野史郎
制作:緑鐵
脚本:黒沢久子
原作:雪村葉子
音楽:三枝成彰
上映日:2018年04月07日
制作年:2018年
制作国:日本
時間:119分
元旦、若い男たちに無理やり輪姦された中学3年生の葉子。全身傷だらけで帰宅した彼女を待ち受けていたのは、冷たく突き放す家族と親戚だった。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画わ行,ラブストーリー/ロマンス

私がモテてどうすんだ
ぢゅん子の人気コミックスを吉野北人、神尾楓珠ら人気若手イケメン・キャストで実写映画化した学園ラブコメディ。
ファンタジーでぶっ飛んでる内容もコメディ映画としてちょうどいい。楽しい。
芹沼花依は自分の恋よりもイケメン同士の恋愛を妄想することに夢中なオタク女子高生。ところが大好きなアニメキャラの死のショックで激ヤセしてしまい、見違えるような美少女になってしまう。するといきなり4人のイケメン男子、六見先輩、五十嵐くん、七島くん、四ノ宮くんから好意を寄せられてしまう。しかしそんなイケメンたちを前にすると、どうしてもBL目線で妄想してしまう花依だったが。
監督:平沼紀久
出演:吉野北人、神尾楓珠、山口乃々華、富田望生、伊藤あさひ、奥野壮、上原実矩、坂口涼太郎、水島麻理奈、ざわちん
原作:ぢゅん子『私がモテてどうすんだ』
脚本:吉川菜美、福田晶平、渡辺啓、上條大輔、平沼紀久
撮影:鈴木雅也
美術:橋本創、大月由香里
編集:西潟弘記
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁
プロデューサー:福島大輔、田淵みのり
ラインプロデューサー:阿部智大
音楽:ANOTHER
音楽プロデューサー:高石真美
主題歌:Girls2『私がモテてどうすんだ』
公開日:2020年7月10日
製作年:2020年
製作国:日本
時間:90分



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,アクション,邦画わ行,サスペンス

藁の楯
『悪の教典』の三池崇史監督によるアクションミステリー・サスペンス。
賞金10億をかけられた幼女殺害犯が福岡から警視庁に移送される道中、SPは警護しなければならない。守りきれるか?
凶悪犯を警官からも守らなければいけない矛盾。面白いテーマだと思う。冒頭から緊張感があり、期待させる。警視庁、県警、警備局なんかの立場の違いが見られるので警察組織モノとしても面白い。

ストーリー


政財界を牛耳る大物・蜷川の孫娘が惨殺された。
容疑者は8年前にも少女への暴行殺人事件を起こし逮捕され、出所したばかりの清丸国秀だった。
全国に指名手配され、警察による捜査が続くが、行方はわからない。
事件の3ヶ月後、大手新聞3紙に「この男を殺してください。清丸国秀。
御礼として10億円お支払いします。 蜷川隆興」という前代未聞の全面広告が掲載された。
「人間の屑を殺せば、10億円が手に入る・・・」日本中が俄かに殺気立つ。
新聞広告が掲載された直後、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自首してきた。

監督:三池崇史
出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努
脚本:林民夫
原作:木内一裕
音楽:遠藤浩二
制作年:2013年
制作国:日本
時間:125分
孫娘を殺害された財界の大物・蜷川は、犯人・清丸の首に10億円を懸ける。市民、警察官、機動隊員までもが彼の命を狙う中、5人のSPと刑事が48時間以内に清丸を移送しようとするが。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画わ行,ヒューマンドラマ

わたしたちの家
ひとつの「家」を媒体として同時並行的に展開する「ふたつの物語」。
口語的ではなく文語的な表現が特徴的な会話や、家を含めて服装などがひと昔前の感じでなんとも不思議な見た目をした映画なのだけど、落ち着いた色の質感とか定点のカメラワークが功を奏しているのか意外と不自然ではなく、そこにちゃんと人が「いる」ことや、家やものが「ある」ことを強烈に感じさせる作品。
一つの一軒家を舞台に二つの物語が同時進行していくが、どうやらその二つは別次元の空間のようで…。という発想が先ず面白くて、その発想に負けない絵作りに期待をさせられてしまう。
監督:清原惟
出演:河西和香、安野由記子、大沢まりを、藤原芽生、菊沢将憲、古屋利雄、吉田明花音、北村海歩、小田篤
脚本:清原惟、加藤法子
製作年:2017年
製作国:日本
時間:80分



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】