邦画,邦画た行,ラブストーリー/ロマンス

みゆ原作のスマホ小説を中川大志と森川葵の主演で映画化したラブストーリー。
母が病院の院長をしており、医者になるように言われていたユキ。通っている名門校では美術部に所属していた。しかし、ユキは自分の絵の才能が同じ部活に所属するコウに敵わないことを知っていた。
親の敷いたレールの上を進むユキにとって、唯一の楽しみは片思いする彼がいるコンビにに寄って買い物をすることだったが。
監督:川野浩司
出演:中川大志、森川葵、藤本泉、赤楚衛二
脚本:武田樹里
原作:みゆ
制作年:2015年
制作国:日本
時間:80分
内気で恋に不器用な女子高生・ユキが恋したカレにはもう彼女がいた。現実を受け入れようと思っても、ユキの想いは募るばかり。そんなユキを同じ美術部のコウが見守っていた。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),邦画た行,アクション,サスペンス,スリラー

「アンノウン」「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」でタッグを組んできたジャウム・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが、走行中の電車の中を舞台に描くリアルタイムサスペンス。
ある日、いつもの電車で帰路につくが、車内で突然ジョアンナという女性から話しかけられる。ジョアンナは、電車が終点に到着するまでの間に、100人の乗客から1人のある人物を見つけ出せば、マイケルに多額の報酬を払うという。愛する妻が人質に取られていることが発覚し、ジョアンナからの依頼を受けざるを得なくなったマイケルは、絶体絶命の状況下で1人の人物を見つけ出そうとするが、やがて大きな陰謀に巻き込まれ。
監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:リーアム・ニーソン、ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、サム・ニール、エリザベス・マクガバン、ジョナサン・バンクス、フローレンス・ピュー
製作:アンドリュー・ローナ、アレックス・ハインマン
製作総指揮:マイケル・ドライヤー、フアン・ソラ、ジャウム・コレット=セラ、ロン・ハルパーン、ディディエ・ルプファー
原案:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ
脚本:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ、ライアン・イングル
原題:The Commuter
製作年:2018年
製作国:イギリス、アメリカ
時間:105分



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行

小さな恋のうた
沖縄に住む高校生バンドの姿を描いた作品。沖縄にある米軍基地問題を取り入れており非常に面白い作品。音楽は国境を超えるとゆう言葉に感動。沖縄出身のバンド“MONGOL800”の人気楽曲“小さな恋のうた”をモチーフに描く青春映画! 橋本光二郎監督。
米軍基地のある沖縄の小さな町で、ある高校生バンドが人気を集めていた。
自作の歌を歌いこなし、観客たちを熱狂される実力をもった彼らは、東京のレーベルにスカウトされ、プロデビューすることが決まる。
しかし喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。
そこに1曲のデモテープと米軍基地に住む1人の少女が現れる。
学校帰り制服にギター背負って 夕陽の日差しで眩しい海沿いを歩く。私の中の青春の頂点。都会離れの田舎者が東京に向かって夢語ったり希望を言い合ったりしているの すっごく愛おしい。
音楽ってやっぱり世界共通の言語だし人を惹きつける魅力も1番だと思う。
監督:橋本光二郎
出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、金山一彦、佐藤貢三、中嶋ひろ子、清水美沙、世良公則
制作:紀伊宗之
脚本:平田研也
音楽:宮内陽輔
主題歌/挿入歌:MONGOL800
上映日:2019年05月24日
制作年:2019年
制作国:日本
時間:123分
沖縄の小さな町で、バンド活動を通じて音楽という絆で結ばれた高校生たち。プロデビューまで決まった彼らだったが、突然の事故によってバンドは行く先を見失ってしまう。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行,ラブストーリー/ロマンス

タクミくんシリーズ あの、晴れた青空
全寮制男子高校を舞台にした人気ボーイズラブ小説シリーズの映画化最終章。
寮制男子校・祠堂学院の3年生になった葉山託生(タクミ)と崎義一(ギイ)。二人の恋愛は、タクミが他の生徒からの苛めをうけないようにするためのギイの配慮から人目を忍んだ恋となっていた。
そんな中、タクミは、兄の命日の6月15日を一週間前に控えて、墓参りにギイを誘うかを悩んでいたところギイの方から一緒に行きたいと申し出がある。
タクミがその申し出を手放しで喜んだのも束の間、ギイがその当日行われる生徒会行事であるスヌーカー大会に参加しないと駄目になる。タクミは、落胆すると共に心ではギイの気持ちをわかりつつもギイを責めるようになる。
まず監督の「文字や絵の作品を実写にする」時の「何を見せて、何を見せないか」の判断が絶妙だなぁと思った。
浜尾くんは、主人公とほぼ同年代でこの過酷な役どころを演じている。
虹色の硝子の頃のぎこちない少年はもういない。
渡辺くんのなりきりっぷり、ギイという現実離れした存在でさえ納得させられる風格はさすがだなと思う。
監督:横井健司
出演:浜尾京介、渡辺大輔、滝口幸広、馬場良馬、内藤大希
脚本:金杉弘子
原作:ごとうしのぶ
制作年:2011年
制作国:日本
時間:89分
全寮制男子校・祠堂学院の3年生になったタクミとギイ。ふたりの恋愛はタクミが生徒から苛めを受けないようにするため、人目を忍ぶ形で続いていたが。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】