邦画,邦画た行,コメディ

とんかつDJアゲ太郎
とんかつ屋の息子がDJを目指す青春ストーリー。舞台は渋谷で有名なスポットや楽器等々はほぼほぼ実名で登場。
渋谷の老舗とんかつ屋の3代目・アゲ太郎は、弁当の配達で初めて足を運んだクラブで憧れていた苑子に出会う。キャベツの千切りばかりの日々を送っていたアゲ太郎は、音楽でフロアを盛り上げるDJたちのプレイに刺激を受け、これまで味わったことのない高揚感に心を動かされる。苑子のハートを射止めるため、アゲ太郎は、とんかつ屋の仕事もDJも精進し、豚肉もフロアもアゲられる「とんかつDJ」 になることを決意する。

監督:二宮健
出演:北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、前原滉、池間夏海、片岡礼子、ブラザー・トム
脚本:二宮健
原作:イーピャオ、小山ゆうじろう
主題歌/挿入歌:ブルーノ・マーズ
上映日:2020年10月30日
製作年:2020年
製作国:日本
時間:100分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行,ファンタジー,ラブストーリー/ロマンス

松久淳、田中渉原作によるベストセラー小説を『深呼吸の必要』の篠原哲雄監督が竹内結子、玉山鉄二出演で映画化した「天国」と呼ばれる死後の世界に突然連れて来られてしまう青年と、ひょんなことから「恋火」と呼ばれる花火を追い求めることになる女性。所謂「あの世とこの世」の二つの物語が時折交わりつつ進む、ラブストーリー的ファンタジー。
商店街の花火大会開催に奔走している香夏子は伝説の”恋する花火”を復活させるため、ある花火師を探し出す。しかしその男・瀧本は花火を捨てており、自暴自棄な生活を 送っていた。同じ頃、天国では、生きているのになぜか「天国の本屋」で働くことになったピアニストの健太が、子供の頃憧れていたピアニスト・翔子に再会する。彼女は、ある事件がきっかけで、ピアノを弾けなくなっていた。天国と地上のふたつの出会い。花火とピアノ。それらを繋ぐものとは?健太が天国に連れてこられた理由とは?”恋する花火 “の行方は?そして健太と香夏子の関係は?

それを見たふたりは永久に結ばれるといわれる伝説の花火“恋する花火”を軸に、天国と地上に生きるふたりの男女の出会いを優く描き出す。
監督:篠原哲雄
出演:竹内結子、玉山鉄二、香里奈、新井浩文、あがた森魚、香川京子、香川照之、原田芳雄
脚本:狗飼恭子
原作:松久淳、田中渉
音楽:松任谷正隆
制作年:2004年
制作国:日本
時間:111分
主題歌/挿入歌:松任谷由実(荒井由実)
製作年:2004年
製作国:日本
時間:111分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行,サスペンス

罪の声
塩田武士原作、小栗旬と星野源共演によるグリコ・森永事件をモチーフにした同名小説の映画化。
35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。
食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、誘拐や身代金要求、そして毒物混入など数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪-。
大日新聞記者の小栗旬演じる阿久津英士は、既に時効となっているこの未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、取材を重ねる毎日を過ごしていた。
一方、京都でテーラーを営む星野源演じる曽根俊也は、家族3人で幸せに暮らしていたが、ある日、父の遺品の中に古いカセットテープを見つける。
「俺の声だ」
それは、あの日本中を震撼させた未解決事件で犯人グループが身代金の受け渡しに使用した脅迫テープと全く同じ声だった!
やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。

実際の未解決事件をモデルに、辻褄がきちんとあって納得できる展開になっているのが凄い。
複雑そうな構図だが、すっと頭に入ってくる。
とても分かりやすい。
2時間超の映画だけど、時間を感じさせず惹き込まれた。
犯行に使われた声の主の子供達3人。その家族達。
どんな事だろうと、何かが大きく捻れる時に犠牲になるのは弱者なのかと心が抉られた。
だからこそ、最後に俊也が阿久津に託した伝言に前を向かされる。
ラスト、忌まわしい筈の罪の声の使われ方が、やるせなくも素晴らしかった。
辛いだけで終わらないのが良かったです。
監督:土井裕泰
出演:小栗旬、星野源、松重豊、古舘寛治、宇野祥平、篠原ゆき子、原菜乃華、阿部亮平、尾上寛之、川口覚、阿部純子、水澤紳吾、山口祥行、堀内正美、木場勝己、橋本じゅん、桜木健一、浅茅陽子、高田聖子、佐藤蛾次郎、佐川満男、宮下順子、塩見三省、正司照枝、沼田爆、岡本麗、若葉竜也、須藤理彩、市川実日子、火野正平、宇崎竜童、梶芽衣子
制作:那須田淳、渡辺信也、進藤淳一
脚本:野木亜紀子
原作:塩田武士
音楽:佐藤直紀
主題歌/挿入歌:Uru
上映日:2020年10月30日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:142分
大日新聞記者・阿久津英士は、既に時効となった未解決事件を追う班で、取材を重ねる毎日を過ごしていた。一方、京都でテーラーを営む曽根俊也は、家族3人で幸せに暮らしていたが…。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行,アクション,パニック

ドラゴンヘッド
望月峯太郎原作の同名コミックを『さよなら、クロ』の妻夫木聡、SAYAKA共演で描いたパニックアクション。
痛みから目を覚ますとトンネル内新幹線事故により車内のクラスメートが全員死んでいた。どうやら生き残ったのは妻夫木1人のようだ。原因はなんだ。
呆然としていると物音が。山田孝之。彼はいじめられっ子、トイレに閉じ込められ助かったようだ。死んでいるクラスメートに追い打ちをかけるようにとどめをさす。
そしてもう1人の生き残り神田沙也加。
口紅で身体中を豹のように塗りたくり、自作の槍を持って2人を殺しにかかる山田孝之。どこの民族だよ。
間一髪通気口のようなところから、トンネルを抜け出す2人。山田孝之は瓦礫の下敷きとなり息絶える。彼の言った、赤の光…とは。彼は何を知っているのか。
やっとのことで、外にでるとそこは灰をかぶった終末の世界。食料を求め歩きだす2人。なんとローソンに救われる。
監督:飯田譲治
出演:妻夫木聡、神田沙也加(SAYAKA)、山田孝之、藤木直人、近藤芳正、根津甚八、寺田農、谷津勲、大川翔太、吉岡祥仁
脚本:NAKA雅MURA、飯田譲治
原作:望月峯太郎
主題歌/挿入歌:MISIA
制作年:2003年
制作国:日本
時間:123分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】