邦画,邦画さ行,ホラー(horror)

心霊写真部 劇場版
ゲームから映像作品まで手掛けるホラー界のマルチクリエーター・福谷修原作の「心霊写真部」の劇場版。
心霊写真を専門に研究・調査する「心霊写真部」に入部した高校生の二宮佳夕は、部長の牧村や先輩のリリと一緒に持ち前の好奇心で調査にいそしみ、心霊写真に秘められた恐るべき真実を解き明かしていく。
しかし、そんな彼らの背後に、世間を騒がせる殺人鬼の影が気付かぬ間に忍び寄っていく。

キャスト・作品情報


監督:永江二朗
出演:奥仲麻琴、伊藤陽佑、上野優華、工藤美桜、森田亜紀、谷内里早、戸田れい
脚本:福谷修
原作:福谷修
上映日:2015年05月30日
製作年:2015年
製作国:日本
時間:102分
ふとしたきっかけで写真部に入部した高校生・二宮佳夕。だが、そこは心霊写真を専門に研究、調査する“心霊写真部”だった…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行

潜水艦カッペリーニ号の冒険
実話をもとにしたイタリア人捕虜と日本の友情を描いた話。
二次大戦中、味方であるイタリア兵達を日本に移送中、突如日独伊三国同盟が解除され、突如敵国扱いとなりイタリア兵は捕虜となってしまう。
そこからの日本人との、ニノ達との心の交流を描く。

1943年9月、太平洋のど真ん中、潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ号が日本へ物資輸送のために向かっていた。
出発時は日本と同盟を組む枢軸国だったイタリアだが、出航した後、イタリアは連合国側に寝返っていた。乗組員のイタリア人・アベーレ(ペッペ)、シモーネ(ベリッシモ・フランチェスコ)、アンジェロ(パオロ)は渡航中にまさかイタリアが日本の敵国になっていることなどつゆ知らず、日本から大歓迎を受けると期待に胸を膨らましていた。
ところが、長旅を終えようやく日本に到着した3人を待っていたのは鬼の形相をした日本海軍少佐・速水洋平(二宮和也)だった。
速水は、“人生は国を守るためにこそある”と信じてやまない超堅物。かつて、イタリアに滞在していたが、“食べて、歌って、恋をして”を信条にするイタリア人の軟派な国民性を毛嫌いしていた。
実はイタリア語を流ちょうに話せるが、上司である大佐・廣田正(堤真一)から「イタリア語を話せるのは隠しておけ。
イタリア人たちが油断してしゃべることを聞き出せ」と命じるのだった。そんなことも知らず、イタリア人たちは速水の前で、イタリア語で悪口を言いたい放題に話してしまう。
全て理解できている速水は、グッと堪えながら知らないふりをするが…。一方、速水の妹の早季子(有村架純)と同僚の鈴木香苗(愛希れいか)たちは荷車を引いて歩いていると、日本兵に引率されたイタリア人たちに出会う。
その瞬間アベーレは早季子に一目ぼれしてしまい、この恋沙汰が速水の逆鱗に触れることに・・・!

キャスト・作品情報


監督:馬場康夫
脚本:澤本嘉光
出演:二宮和也、有村架純、愛希れいか、ペッペ、ベリッシモ・フランチェスコ、パオロ、音尾琢真、今野浩喜、堤真一
製作年:2022年
公開日:2022年01月03日
製作国:日本
時間:150分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行

全員切腹
映画のクライマックスだけを切り取ったような映画。なのでかなり物足りなさはあるものの最後の切腹シーンは本当に鬼気迫るものであった。
自分の思いを訴えるが、潔さもある。かなり見ているのがつらいのだが、そうは言ってももっと切腹シーンを詳細に描くべきだったのでは。十字切りをし、斬首もちゃんと。
そのリアルなものを作ればミッドサマー」を超えるものが出来たかもしれない。
井戸に毒を撒いて疫病を広めた疑いにより、切腹を命じられた流れ者の浪人。映画の大半はこの侍の最後の口上。つまり窪塚洋介の独壇場である。
彼を引っ立てて切腹しろと迫る男たちは、町の自警団のような存在か。そして既に「疫病を広めた罪」で複数の人間が罰せられたことが窺える。
自警団は、コロナ禍で疑心暗鬼になってしまった私たちのことだろう。あるいは「自粛警察」のことでもいい。感染症への無知と恐怖から過剰に防衛しようとする集団心理。そこには論理的思考も、物的証拠もなく、ただただ安心したいためだけに他者を排斥する。吊し上げた”罪人”がいなくなれば、きっと次の罪人探しを始めるんだろう。終わらない裁き、その間も広がり続ける災禍。

キャスト・作品情報


監督:豊田利晃
脚本:豊田利晃
出演:窪塚洋介、渋川清彦、芋生悠、ユキリョウイチ、飯田団紅
上映日:2021年08月14日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:26分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行,アクション

ザ・ファブル 殺さない殺し屋
岡田准一主演、南勝久の原作を実写化したアクションドラマの続編。
1作目同様、アクションシーンは圧巻!
岡田准一と堤真一をはじめ、出演者の演技力も素晴らしく、そこに関してはとても面白かったと思います。
裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブル。1年間誰も殺さず普通に暮らすようボスから命じられた彼は、素性を隠して佐藤アキラという偽名を使い、相棒ヨウコと兄妹を装って一般人として暮らしている。
一見平和に見えるこの街では、表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏では緻密な計画で若者から金を巻き上げ殺害する危険な男・宇津帆が暗躍していた。
かつてファブルに弟を殺された宇津帆は、凄腕の殺し屋・鈴木とともに、復讐を果たすべく動き出す。
一方アキラは、過去にファブルが救えなかった車椅子の少女ヒナコと再会するが……。

キャスト・作品情報


監督:江口カン
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純(パンクブーブー)、好井まさお(井下好井)、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
制作:高橋敏弘、沢桂一、藤島ジュリーK.、菊川雄士、有馬一昭、角田真敏、田中祐介、坪内弘樹、昆野俊行、加藤智啓、森要治、小櫻顕、廣瀬健一
脚本:山浦雅大、江口カン
原作:南勝久
音楽:グランドファンク
主題歌/挿入歌:レディー・ガガ、アリアナ・グランデ
上映日:2021年06月18日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:131分
一般人として生きる伝説の殺し屋・ファブルは、“プロの普通”を極めるため奮闘中。最狂の男・宇津帆がファブルへの復讐を企む中、ファブルは4年前に救えなかったヒナコと再会し…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】