邦画, 邦画な行

「ラブライブ!」「ハイスクール・フリート」などで知られる人気声優・久保ユリカの実写映画初主演作。猫に囲まれながら客の相談にのるという一風変わった「猫カフェ」を舞台に、久保が演じる店主の桜木さくらと猫たち、そして店を訪れる客たちの間で起こる小さな心温まる物語を描いたオムニバスストーリー。
猫に囲まれながらお客様の相談に乗り、笑顔になってもらうという少し変わった猫カフェ。扉を開けると、陽だまりのような笑顔で悩みを聞いてくれる店主・桜木さくら(久保ユリカ)と、そっと寄り添ってくれる猫たちが迎えてくれる。「Epsode01 気になるあの子」ひょんなことから猫カフェに通うように通うようになったアイドルの並木志保(新井愛瞳)は、どこにも馴染めないのが悩みの種だった。
監督:沖田光
出演:久保ユリカ、新井愛瞳、小倉優香、池内万作、槙尾ユウスケ、岩崎う大、高萩千夏、吉川茉優、橋村理子、宮下順子
脚本:大竹菜々子、山下大士、安齋智子、皐月彩
製作年 2018年
製作国 日本
時間 90分


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

邦画, 邦画な行, ファンタジー-

犬童一心監督、沢尻エリカ主演による、人間の内面と猫の視点を魅力的に描いたファンタジードラマ。
元アイドルでアラサーの沙織(沢尻エリカ)は、経歴を隠して田舎町の小さなスーパーで働いている。
歌手の夢も捨て切れぬまま漠然と日々を過ごし、唯一心を開ける相手はスーパーの倉庫でこっそり飼っているロシアンブルーの猫 良男(吉沢亮)だけ。
何でも話してくれる沙織と過ごす内に自分が人間であると思い込んでしまった良男は、恋人である沙織を守ろうと奮闘する。
そんなある日、“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家 後藤保(峯田和伸)と出会い、沙織は不思議と心惹かれていくのだが。
監督:犬童一心
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、若松了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人
制作 木下直哉
脚本 高田亮
原作 大山淳子
音楽 水曜日のカンパネラ
制作年 2018年
制作国 日本
時間 109分
田舎町の小さなスーパー。元アイドルの沙織は経歴を隠し、レジ係として働いていた。彼女が心を開けるのは、裏の倉庫でこっそり飼っている猫だけだった。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

邦画, 邦画な行, ホラー(horror)

“愛”をテーマにして製作された新感覚ゾンビムービー。ゾンビになった引きこもりの息子をめぐって対立する夫婦を描いた『ニート・オブ・ザ・デッド』と、ゾンビ化した夫を守ろうとする妻の苦悩と決意を描いた『遺言』。
ヒキコモリだった息子。無断で外に出た息子は、ゾンビになってしまう。そこから母親と父親の対立が始まる。
【ニート・オブ・ザ・デッド】一軒家の中で篭城をはじめた家族だったが、ヒキコモリの息子(金子鈴幸)がゾンビになっていることが判明する。なんとしてでも追い出したい父親(木下ほうか)と、大人しい子で人を襲わないからこのままでいいと主張する母親(筒井真理子)が激しく対立する。二人の争いはやがて、家族とは、夫婦とは何かを自問しながら残酷な運命に向かい始める。

【遺言】ゾンビ化してしまった夫(小幡誠)を殺せず、介護を続ける妻、京子(中島菜穂)。夫を殺すべきか葛藤する中、京子は夫が生前に遺した遺言を目撃する…京子は、自警団に所属する男、佐藤(白石直也)に誘われ、ゾンビの処刑場へと足を運ぶ。そこで京子は、夫と同じ人間が射殺される光景を目撃する。
監督:南木顕生
出演:筒井真理子、木下ほうか、金子鈴幸、吉田達
制作 渡邊宙子
脚本 南木顕生
制作年 2012年
制作国 日本
時間 70分


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

邦画, 邦画な行

佐野玲於ら人気若手俳優の共演で、男子高校生たちの友情と恋を描いた青春ドラマ。
青春と将来という時間の狭間にいる高校生。
自分で生きる道を選ぶことの難しさ。何を選んでもこの先に何が起るなんてその時になってみないと誰も何も分からない。でも、今という時間を大切にし、人と関わっていくことで少し未来を想像して描けたり、その時間が大人になった時にかけがえのない時間になるのかなって。
たくさん若者に観てもらいたいし、大人が青春を思い出すきっかけになる映画でした。
監督:飯塚健
出演:佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希、山田裕貴、滝藤賢一
制作 大角正
脚本 根津理香、飯塚健
原作 水野美波
音楽 海田庄吾
制作年 2018年
制作国 日本
時間 109分


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】