邦画,邦画な行,サスペンス

藤原竜也、松山ケンイチのW主演による新感覚サスペンス。
孤立した島ので起こる1つの殺人。
島の復興を託された若者がやむを得ず引き起こしてしまう。
これまでの努力と島の未来を無に帰すか、隠蔽するか。
設定は重くも面白く、これはどんどん追い込まれていく系だろうなと思いながら見てると、思ったのとは違う方向に話が流れていく。
藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介って豪華すぎる!
それぞれの思惑はありながらも幼なじみの3人は協力して警察の追求を逃れようとする。

キャスト・作品情報


監督:廣木隆一
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、伊藤歩、渡辺大知、酒向芳、迫田孝也、鶴田真由、波岡一喜、菜葉菜、寺島進、余貴美子、柄本明、永瀬正敏
制作:北島直明
脚本:片岡翔
原作:筒井哲也
音楽:大友良英
上映日:2022年01月28日
製作年:2022年
製作国:日本
時間:128分
【動画】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

邦画,邦画な行,コメディ

森田芳光監督『の・ようなもの』の35年後後を描く青春コメディ。
落語家一門に入門してまもない志ん田(松山ケンイチ)が師匠の志ん米(尾藤イサオ)から、かつて一門に在籍して失踪している志ん魚(伊藤克信=前作の主役)を探してほしいと頼まれる。彼は志ん魚を高座に引っ張り出そうと考えていた。
志ん米師匠のヤンキーっぽい娘役の役柄の北川景子も可愛らしく、飄々とした松山ケンイチも前作の作風を引き継いでいる。前作の主演の伊藤克信や仲間の尾藤イサオ、でんでんもそれぞれの役の数十年後のおっさん姿で楽しんで演じているのが伝わる。
話の筋立てとしてなんてことはないので、後半に感動やカタルシスは正直無いのだけど、森田芳光監督由来の俳優、スタッフが集い、監督へのラブレターのような優しい映画でこちらもほのぼの楽しめた。

キャスト・作品情報


監督:杉山泰一
出演:松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでん、野村宏伸、鈴木亮平、ピエール瀧、佐々木蔵之介、塚地武雅、宮川一朗太、鈴木京香、仲村トオル、笹野高史、内海桂子、三田佳子
脚本:堀口正樹
原作:森田芳光(君都道幸)
主題歌/挿入歌:尾藤イサオ
上映日:2016年01月16日
製作年:2015年
製作国:日本
時間:95分
30歳で落語家になったものの、前座に甘んじている出船亭志ん田。師匠である志ん米の師匠・志ん扇の十三回忌一門会を前に、行方不明の志ん魚を捜すことになり…。
【動画】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

邦画,邦画な行,ヒューマンドラマ

重松清原作、堤真一主演、余命半年の元生徒と教師の絆を描いた人間ドラマ。
かつて熱血指導で”赤鬼”と呼ばれて恐れられていた野球部監督の高校教師が、末期ガンの元教え子”ゴルゴ”と出会い、彼の最後の夢を叶えるため奔走する。
ゴルゴに対して、あの時伝えられなかった言葉や気づいてやれなかった思いに後悔しながらも、彼と向き合い、彼の頼みを叶えてやろうと尽力する赤鬼先生の姿に、堤真一の演技力と相まって、グッとくるものがあった。
個人的には、物語の展開がありがちすぎるのかなと思った笑。しかし、物語後半は展開が分かっていても泣ける内容だった。

キャスト・作品情報


監督:兼重淳
出演:堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、佐藤玲、キムラ緑子、麻生祐未
制作:長澤昌子
脚本:上平満、兼重淳
原作:重松清
音楽:Di’ll
上映日:2019年06月14日
製作年:2019年
製作国:日本
時間:111分
野球部監督の小渕は、日に焼けた赤い顔と熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれ恐れられていた。ある日、彼は野球の才能がありながらも高校を中退した教え子・斉藤と再会し…。
【動画】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

邦画,邦画な行,コメディ

借金がかさんで豪邸に住めなくなった家族。娘がtwitterに投稿した一本の引っ越し祝いパーティの案内がきっかけで集り出す濃すぎるキャラの人々。インド人と日本人のゲイカップルが自分たちの結婚式を開く場所がないからここで開きたいと言い出したのを皮切りにカオスな雰囲気が流れ始めるが、沸き上がる会場のバックヤードではマツキヨを超えるドラッグストアを作りたいという栽培師が怪しい粉を焚き出したのをトリガーに飛んだ脳天薬漬けパラダイスが始まる。

多世代、多国籍、多種多様。カオスティック、エスニック、オカルティック、サイケデリック。地獄の様な血みどろの結婚式と、ブリブリでガンギマリなハイな葬式。そして「ただいま」と再びこの世に産み落とされる出産。超ぶっ飛んでいる。笑 しかしこれら全て表面こそは違えど、根っこは全て一緒。本作の全体像はウパニシャッド哲学の梵我一如の大真理を彷彿とさせる。ある種反権力・反体制なスタンスでもあるこの作品に出演した名優達の芸術愛も感じる。

キャスト・作品情報


監督:山本政志
出演:南果歩、いとうせいこう、田本清嵐、小川未祐玄理、村上淳、古田新太、柄本明:
脚本:山本政志、金子鈴幸
上映日:2020年11月20日
製作年:2019年
製作国:日本
時間:95分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】