邦画,邦画ま行,エロティック,コメディ

映画 みんな!エスパーだよ!
園子温監督が手掛けた人気TVドラマ『みんな!エスパーだよ!』の劇場版。
豊橋市の高校に通う鴨川嘉郎は日夜同級生をネタにエロい妄想しまくりの童貞。ある晩、相棒ミギーとの共同作業に励んでいると窓の外から強烈な光が差し込み、気が付けば翌朝エスパーに!?
人の心の声が聞こえる能力を得た嘉郎でしたが、どうやら超能力を得たのは自分だけじゃないらしく他にも多数いる模様。そんなこんなで仲間のエスパーと共に悪いエスパーに立ち向かっていくんですが、この映画内での超能力、エロい事にしか使えません!!
とにかく無駄にエロ面白い。直接の描写を挟むより際どい演出のほうが妄想を引き立てるというのを監督は非常によく理解している。
『インビジブル』では透明人間になった恩恵をエロいことに使っていたが、こちらは超能力がエロいことにしか使えないという制約がかかっていたり、おバカ映画なのに妙な設定の凝り具合もツボにはまる。
監督:園子温
出演:染谷将太、池田エライザ、真野恵里菜、マキタスポーツ、深水元基、柾木玲弥、神楽坂恵、安田顕、高橋メアリージュン、冨手麻妙
脚本:園子温、田中眞一
原作:若杉公徳
主題歌/挿入歌:岡村靖幸、石崎ひゅーい、高橋優
上映日:2015年09月04日
制作年:2015年
制作国:日本
時間:114分



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画ま行,コメディ,サスペンス

メランコリック
田中征爾監督、製作主人公皆川暢二、松本役磯崎義知の三人からなる映画製作チームOneGooseのサスペンス・コメディ作品。
地元の銭湯・松の湯で同級生と遭遇した東大卒ニートの和彦は、後に彼女となる同級生の百合の勧めで松の湯で働き始めます。同時期に働き始めた松本と共に銭湯の仕事に精を出していましたが、実は松の湯には殺害兼死体処理の場所として貸し出すという裏の顔が。

和彦という一人の社会人の成長物語として、ちゃんと機能しているのが面白味を増しています。最初の「掃除」の手当てを見たときの和彦は、まるで初任給を貰ったような初々しい顔ですよね。百合を高級レストランに連れて行ったり、父親と仕事の話をしたりと、社会人として一人前になった自負をこれ見よがしに言動に表していきます。憎めないですよね。ハリーポッターの分厚い本が部屋にある辺りから憎めません。
 同期の金髪後輩キャラ・松本に対しても、ちょっと先輩ぶる初々しさ。そしてその松本が殺し屋として仕事を任されていくのに、謎の嫉妬心を抱いていく和彦。いやいや、人殺しですからね。どこに嫉妬してんだとツッコまざるを得ません。松本の言う通り、和彦はかなり甘ーい気持ちで「掃除」の仕事をしてたんでしょうね。まさに新社会人の自惚れです。
 最後の展開次第で作品のイメージがかなり変わるでしょうね。でもこれは和彦の社会人としての成長物語なので、そこらへんはもうまさに「ほっこり」してます。
監督:田中征爾
出演:皆川暢ニ、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真
脚本:田中征爾
上映日:2019年08月03日
製作年:2018年
製作国:日本
時間:114分



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画ま行,コメディ

前田建設ファンタジー営業部
前田建設が、ゼネコンのネガティブなイメージを払拭するために、アニメなどに登場する巨大建造物をどのように現実に建設するかをWEBサイトで広報する前田建設ファンタジー営業部の実話を元にしたお仕事コメディ映画。
「うちの技術で、マジンガーZ の格納庫を作っちゃおう! 」
上司の浅川(小木博明(おぎやはぎ)にムチャ振りされた広報グループの土井(高橋真宙)たち。
ミッションは、“実際には作らない”が、設計図を出し、工期を立て、見積書を完成させ、実物を作るのと全く同じように取り組むこと。
そう、これは日本の技術の底力を駆使したプロジェクトだった!
現実世界の常識では到底理解できないアニメ世界の途方も無い設定や、あいまいで辻褄の合わない設定に翻弄されながらも、彼らは、無謀なプロジェクトに立ち向かう!
監督:英勉
出演:高杉真宙、上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、町田啓太、濱田マリ、鶴見辰吾、六角精児、小木博明(おぎやはぎ)
脚本:上田誠
原作:前田建設工業株式会社、永井豪
音楽:坂本英城
主題歌/挿入歌:氣志團
上映日:2020年01月31日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:115分
マジンガーZが好きな広報部の上司浅川の思いつきに、最初はマジンガーZを知らない土田や柄本や子供じみた企画に乗り気じゃない別所も、浅川や近田の熱にやられ、掘削部の山田やダム建設のプロ不破の意見を聞いたりダムや掘削現場を見て、建設というものの面白みに目覚め、アニメならではの辻褄の合わない設定や現実離れした設定に実現するための壁にぶつかりながら実現させていく展開が、建設企業の建造物に対するロマンや異なる分野のエキスパートが力を合わせて実現させていくお仕事ものの面白みがあり、マジンガーZへのリスペクトも込められていて、ユニークなお仕事映画として楽しめる。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画ま行

町田くんの世界
『舟を編む』の石井裕也監督が演技経験ほぼゼロの新人を主演に抜擢した青春ドラマ。
原作の町田くんの優しさにほのぼのしてジワジワと感動させてくれる作風がとても好きだったのですが、映画ではそのエッセンスは残しながら、石井監督のセンスで笑いを足して、現実的な面も併せ持ちつつ魔法をかけたような作品になっています。

ストーリー


運動も勉強も苦手で見た目も地味な、取り柄のなさそうな眼鏡の高校生・町田一。けれど「人を愛する才能」だけはズバ抜けていた。ある日、猪原奈々という「人嫌い」な女の子と出会う。彼は初めて生じた「わからない感情」と向き合うことになる。

監督:石井裕也
出演:細田佳央太、関水渚、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子
制作 今村司、瀬井哲也、池田宏之、谷和男、高橋誠、田中祐介、松橋真三 脚本 片岡翔、石井裕也
原作 安藤ゆき
音楽 河野丈洋
主題歌/挿入歌 平井堅
制作年 2019年
制作国 日本
時間 120分
運動も勉強もできない地味な眼鏡の高校生・町田一。彼のたったひとつの才能は、すべての人を分け隔てなく愛すること。そんな彼が“人が大嫌いな”猪原さんに出会い。



【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】