邦画,邦画か行,ファンタジー,ラブストーリー/ロマンス

記憶屋 あなたを忘れない
ある日突然恋人から忘れ去られてしまった大学生遼一(山田涼介)が人の記憶を消すことができるという都市伝説的な存在【記憶屋】の正体を追う姿を描いた作品。
ある日恋人の記憶が記憶屋に消されてしまった主人公。恋人の記憶を取り戻すために、記憶屋に消してもらいたい記憶がある大学のOBの弁護士と、記憶を消された過去をもつ幼なじみの女の子とともに、記憶屋を探そうとする。
嫌な記憶を消さなければ生きていけないほど辛い目に遭う人もいれば、幼い娘が悲しまないように娘から自分の記憶を消し去りたいと願う父親、死んでもその人の記憶は生き続けるなど、記憶があるからこそ人生色々なわけで‥号泣しました。
監督:平川雄一朗
出演:山田涼介、芳根京子、泉里香、櫻井淳子、戸田菜穂、ブラザートム、濱田龍臣、佐生雪、須藤理彩、杉本哲太、佐々木すみ江、田中泯、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介
制作:大角正
脚本:鹿目けい子、平川雄一朗
原作:織守きょうや
音楽:高見優
上映日:2020年01月17日
製作年:2020年
製作国:日本
時間:105分
恋人・杏子にプロポーズし、幸せの絶頂にいた大学生・遼一。ところが、翌日から杏子と連絡が取れなくなってしまう。数日後、遼一は偶然駅で杏子を見掛け声を掛けるが、杏子は遼一のことを覚えておらず。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画か行,サスペンス

カイジ ファイナルゲーム
原作者・福本伸行が自ら手掛けたオリジナル脚本によるシリーズ最終章。
前作「〜人生奪回ゲーム」から通算で9年目の来年、満を辞して“ファイナル”と銘打ち公開される今作。回を増すごとに、カイジの独り言のボリュームがデカくなってる。
なんであんなに頭のキレる男が毎回毎回底辺からのスタートなんだろ?
そこはやはり基本ギャンブル好きのクズって事なんですね。
今回もカイジ語録が満載で面白いのですが、ギャンブル的にはわかりやすかったかな。裏の裏ももはや驚くほどではない。カイジがすぐさま種明かしの説明してくれるしね。そこがこの娯楽作品の気持ち良いところでもあるんだけど。
藤原劇場の開幕と同時にお友達の吉田鋼太郎さんも参戦。これは蜷川幸雄の舞台かな?くらいみんな唾飛ばしながらフルスロットル。
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎、松尾スズキ、生瀬勝久、天海祐希、山崎育三郎、前田公輝、瀬戸利樹、金田明夫、伊武雅刀
制作:沢桂一、堀義貴、市川南、菊川雄士、角田真敏、山口雅俊
脚本:徳永友一、福本伸行
原作:福本伸行
音楽:菅野祐悟
上映日:2020年01月10日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:128分
2020年。自堕落な生活を送っていたカイジは、帝愛グループ企業の社長に出世した大槻に誘われ、金を持て余した大金持ちの老人が主催する「若者救済イベント」に参加することに。
【カイジ 人生逆転ゲーム】
【カイジ2 人生奪回ゲーム】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画か行,サスペンス

空母いぶき
『沈まぬ太陽』の若松節朗監督作品。「沈黙の艦隊」「ジパング」などの大好きな、かわぐちかいじのコミック原作。『MOZU』シリーズの西島秀俊、『超高速!参勤交代』シリーズの佐々木蔵之介主演映画。
20XX年。日本最南端沖で国籍不明の漁船20隻が発砲を開始し、波留間群島の一部を占領して海上保安庁の隊員を捕らえる。
日本政府は、航空機搭載護衛艦いぶきをメインにした艦隊を派遣。お互いをライバルとして意識してきた航空自衛隊出身のいぶきの艦長・秋津竜太(西島秀俊)と海上自衛隊出身の副長・新波歳也(佐々木蔵之介)は、この未曽有の事態を収束しようとする。
監督:若松節朗
出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、堂珍嘉邦、片桐仁、和田正人、石田法嗣、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、工藤俊作、金井勇太、中村育二、益岡徹、斉藤由貴、藤竜也、佐藤浩市
脚本:伊藤和典、長谷川康夫
原作:かわぐちかいじ
音楽:岩代太郎
上映日:2019年05月24日
制作年:2019年
制作国:日本
時間:134分
20XX年、12月23日未明。日本の波留間群島初島が国籍不明の武装集団に占領される。海上自衛隊の護衛艦・いぶきを旗艦とする第5護衛隊群は現場海域へ向かうが。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画か行

きみの鳥はうたえる
佐藤泰志の小説を柄本佑、石橋静河、染谷将太の共演で映画化した青春ドラマ。
アパートにルームシェアして暮らす柄本佑と染谷将太、柄本佑のバイト仲間で恋人の石橋静河の三角関係。
何か特別なことが起こるわけでもなく、三人で面白おかしく夜通し遊んでいるうちに北国の短い夏は過ぎてゆく。
一見何も変わらない。
しかし流れ行く時と、人と人との化学反応は、確実に三人の人生を進めて行く。
特に目的もなく生きて、最初は誰かが来るのをただ待っていた柄本佑が、最後には誰かを求めて走り出すまでの物語。
自分本位に生きる適当な主人公・僕と、彼女と友達の三角関係が日常の中に描かれる。
演出が粋で、若者たちは個性的。石橋静河の大人っぽい童顔が魅力的だし、本屋・住宅街・アパートといった舞台は夏の暑さで溶けそうな気怠い空気との相性がとても良かった。
不思議と身近な世界のような親近感があり、ストーリーの抑揚は小さいのにずっと飽きない。
なんだかんだで、ラストは”好き”って何だろう?の答えをくれた気もする。
日常の音が聴こえてくるエンドロールもこの映画らしいし、後半が深まるほど旨みを感じられた。
監督:三宅唱
出演:柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、水間ロン、OMSB、Hi’Spec、渡辺真起子、萩原聖人
制作:Pigdom
脚本:三宅唱
原作:佐藤泰志
音楽:Hi’Spec
上映日:2018年09月01日
制作年:2018年
制作国:日本
時間:106分
函館郊外の書店で働く“僕”は、失業中の静雄と共同生活を送っていた。ある日、“僕”は同じ書店で働く佐知子と関係を持つ。すると彼女は、毎晩のように遊びに来るように。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】