邦画,邦画さ行,アクション

ザ・ファブル 殺さない殺し屋
岡田准一主演、南勝久の原作を実写化したアクションドラマの続編。
1作目同様、アクションシーンは圧巻!
岡田准一と堤真一をはじめ、出演者の演技力も素晴らしく、そこに関してはとても面白かったと思います。
裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブル。1年間誰も殺さず普通に暮らすようボスから命じられた彼は、素性を隠して佐藤アキラという偽名を使い、相棒ヨウコと兄妹を装って一般人として暮らしている。
一見平和に見えるこの街では、表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏では緻密な計画で若者から金を巻き上げ殺害する危険な男・宇津帆が暗躍していた。
かつてファブルに弟を殺された宇津帆は、凄腕の殺し屋・鈴木とともに、復讐を果たすべく動き出す。
一方アキラは、過去にファブルが救えなかった車椅子の少女ヒナコと再会するが……。

キャスト・作品情報


監督:江口カン
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純(パンクブーブー)、好井まさお(井下好井)、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
制作:高橋敏弘、沢桂一、藤島ジュリーK.、菊川雄士、有馬一昭、角田真敏、田中祐介、坪内弘樹、昆野俊行、加藤智啓、森要治、小櫻顕、廣瀬健一
脚本:山浦雅大、江口カン
原作:南勝久
音楽:グランドファンク
主題歌/挿入歌:レディー・ガガ、アリアナ・グランデ
上映日:2021年06月18日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:131分
一般人として生きる伝説の殺し屋・ファブルは、“プロの普通”を極めるため奮闘中。最狂の男・宇津帆がファブルへの復讐を企む中、ファブルは4年前に救えなかったヒナコと再会し…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】 【ディズニープラス】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画た行,コメディ

タイトル、拒絶
劇団・ロ字ックを主催する新鋭・山田佳奈監督が同名舞台を映画化。
デリヘルの事務所を舞台にしたリアルな人間模様が面白い。裏方としてタヌキとして働くカノウの語りの力強さとウサギとして男から搾取しようとするマヒルのW主演のようにもとれるが、他の登場人物もみんな見どころがあって目が離せない。
雑居ビルの中にあるデリヘル店に体験入店するはずだったカノウはホテルの部屋で怖気づき、スタッフとしてデリヘル嬢たちの世話を焼く仕事をしていた。忙しく働きながらも、彼女は華やかさを持つ店一番の人気デリヘル嬢・マヒルと自分を比べる。ある日、若くてモデル風の体形を持つ新人が入店したことで人気嬢の勢力図が一変する。

キャスト・作品情報


監督:山田佳奈
出演:伊藤沙莉、恒松祐里、佐津川愛美、片岡礼子、でんでん、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子、大川原歩、モトーラ世理奈、池田大、田中俊介、般若
制作:Libertas
脚本:山田佳奈
上映日:2020年11月13日
製作年:2019年
製作国:日本
時間:98分
デリヘルで雑用係をしているカノウ。ある日、若くてモデルのような体型の女が入店してきたことから、店内の人間関係やそれぞれの人生背景が崩れ始める。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】 【ディズニープラス】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画ま行,ヒューマンドラマ

ミセス・ノイズィ
小説家であり、母親でもある吉岡真紀(36)。スランプ中の彼女の前に、ある日突如立ちはだかったのは、隣の住人・若田美和子による、けたたましい騒音、そして嫌がらせの数々だった。
それは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まる一方。執筆は一向に進まず、おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。
そんな日々が続く中、真紀は、美和子を小説のネタに書くことで反撃に出る。だがそれが予想外の事態を巻き起こしてしまう。2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでいき、やがてマスコミを騒がす大事件へと発展し。
あらゆる人間関係におけるいざこざや捻れは、想像力の欠如所以だと思っている。
問題を大きく拗れさせてしまった張本人が、筆一本で世界を紡ぎ出す作家というところが悲しいところだけれど。
ひとつの出来事を、別の立場、別の角度から見たら、それぞれの事情や心情があって、全く異なる印象になる。そういう当たり前の事をシンプルに描いているだけなのだけど、あまり変に尖った演出もないのでストレートに刺さる。
人間も、人間関係も、何かひとつ崩れ始めると、すべてが少しずつ歪み始めて、限界ギリギリまで壊れていってしまう、それらが徐々にエスカレートしていく、そういう脆さと危うさが苦しかった。

キャスト・作品情報


監督:天野千尋
出演:篠原ゆき子、大高洋子、新津ちせ、長尾卓磨、宮崎太一、米本来輝、洞口依子、和田雅成、田中要次、風祭ゆき
上映日:2020年12月04日
製作年:2019年
製作国:日本
時間:106分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】 【ディズニープラス】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画あ行,邦画

桶狭間〜織田信長 覇王の誕生〜
十三代目市川團十郎白猿襲名記念特別企画。
1560年、清洲城。27歳の織田信長(市川海老蔵)が「敦盛」を舞っている。
同じ時、今川軍の先鋒・松平元康(後の徳川家康)は織田軍の砦(とりで)の前で、その采配を振るう時を待っていた。駿河の総大将・今川義元(三上博史)が織田家の領地・尾張を我が物にするべく、二万五千の大軍をもって進攻してきたのだ。
前夜、今川軍に対し籠城策を訴える家老衆をあしらった信長は、翌早朝にたった五人の小姓を従えて清洲城から姿を消した。恐れをなして逃げたのだという生母・土田御前(黒木瞳)に対して、濃姫(広瀬すず)は決して逃げたりはしないと言い切り信長の身を案じる。
信長は木下藤吉郎(中尾明慶)など信用できる者たちを動かし今川軍の情報を集め、義元が大高城に向かうのではなく、織田信長軍と戦う構えで桶狭間にいることを突き止めた。やがて、織田軍本陣に家老衆が軍勢とともに到着したが、その数は二千ほどで、今川軍との差は圧倒的だった。
二万五千VS二千。果たして信長はどんな戦略でこの大軍に立ち向かうのか…。奇跡の戦いが今始まろうとしていた。

キャスト・作品情報


出演:市川海老蔵、広瀬すず、三上博史、黒木瞳、佐藤浩市、松田龍平、竹中直人、中尾明慶、北村一輝、堀越勸玄
脚本:大森寿美男
主題歌/挿入歌:宮本浩次
公開日:2021年03月26日
製作年:2021年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】 【ディズニープラス】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】