洋画(外国),洋画ま行,ヒューマンドラマ

ムクドリ
リリー(メリッサ・マッカーシー)とジャック(クリス・オダウド)の夫婦は子どもを失った悲しみとそれぞれ向き合っていました。ジャックは悲しみにくれ施設に入り、リリーは家で自分を憎み庭に巣くったムクドリと日々戦っています。そんなリリーは精神科医から獣医に転身したラリー(ケヴィン・クライン)を紹介され、彼と交流する中で悲しみを癒やしていく。

メリッサ・マッカーシーとクリス・オタウドが夫婦役っていうのが可愛らしい。
タイトルにもなっているムクドリは要所要所で象徴的に登場していた。
突然夫婦に何かが起こった後の話になる。後にそれが何かはわかるがその原因がはっきり明かされなくて想像するしかない。
このドラマの焦点は多分そこではなくて、そこから二人がどうなって、どう向き合っていくかにあったのだと思う。

キャスト・作品情報



監督:セオドア・メルフィ
出演:メリッサ・マッカーシー、ティモシー・オリファント、クリス・オダウド、べロニカ・ファルコン、ケヴィン・クライン、スカイラー・ギソンド、ローラ・ハリアー、エリザベス・ローム、ダヴィード・ディグス
原題:The Starling
製作年:2021年
製作国:アメリカ
時間:102分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行,ヒューマンドラマ

すばらしき世界
役所広司、仲野太賀 主演、西川美和監督が直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説を原案に“社会”と“人間”の今を描き出す人間ドラマ。原作も面白いが、テーマを分かりやすく抽出している。とにかく役所広司の演技が圧倒的。西川美和監督作品の中でもピカイチ。
殺人の罪で13年間刑務所に入れられていた主人公は刑期を終え出所する 前科者である主人公がなんとか真っ当に生きようと努力はするものの今一つ上手くいかず四苦八苦する そんな中事情を聞きつけたテレビマンがネタにしようと擦り寄ってくる。

キャスト・作品情報



監督:西川美和
出演:役所広司、仲野太賀、六角精児、北村有起哉、白竜、キムラ緑子、長澤まさみ、安田成美、梶芽衣子、橋爪功
制作:川城和実
脚本:西川美和
原作:佐木隆三
音楽:林正樹
上映日:2021年02月11日
製作年:2021年
製作国:日本
時間:126分
人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした三上は、心を入れ替え、社会復帰を目指していたが…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画あ行,邦画,ヒューマンドラマ

お父さんと伊藤さん
上映日:2016年10月08日『百万円と苦虫女』などのタナダユキ監督が、父親と娘、その同棲相手との3人による奇妙な同居生活を描くヒューマンドラマ。息子夫婦との同居がうまくいかず、娘とその彼氏伊藤さんと暮らすことになったお父さんが、色々な人に迷惑をかけ助けられながら人生の終末に向けて前向きに歩み出すまでを描いた物語。
書店でアルバイトをしている34歳の彩(上野樹里)は、給食センターでアルバイトをする20歳上のバツイチ男・伊藤さん(リリー・フランキー)と交際中。ある日、彼らが一緒に住むアパートを、息子の家を追われてしまった彩の父(藤竜也)が訪れる。父親は伊藤さんの存在に驚きながらも、「この家に住む」と言い。
原作:中澤日菜子
出演:上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也
脚本:黒沢久子
監督:タナダユキ
エグゼクティブプロデューサー:小西啓介
プロデューサー:木村俊樹
ラインプロデューサー:半田健
キャスティングディレクター:杉野剛
撮影:大塚亮
照明:宗賢次郎
録音:藤丸和徳
美術:仲前智治
装飾:須坂文昭
衣装:宮本茉莉
ヘアメイク:岩本みちる
編集:村上雅樹
助監督:松倉大夏
制作担当:伊達真人
My Dad And Mr. Ito
製作年:2016年
製作国:日本
時間:119分
ある日突然、お父さん(74歳)が彩(34歳)と伊藤さん(54歳)が暮らすアパートにやってきた! 爆弾のように激しい性格のお父さんは、2人の穏やかだった日常を嵐のようにかき乱していく。 お父さんが持ってきた謎の小さな箱の中身は? 付き合っていてもなかなか明かされない伊藤さんの過去には一体何があったのか? ヒミツばかりのお父さんと伊藤さんに囲まれながら、3人が少しずつ家族のようになってきた矢先、ある事件が起きて・・・・ 


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画や行,ヒューマンドラマ

461個のおべんとう
渡辺俊美によるエッセイを井ノ原快彦、道枝駿佑共演で映画化したヒューマンドラマ。

ストーリー


息子の虹輝は父と暮らすことを選んでくれたが、15歳という多感な時期を迎える虹輝に対し、一樹は罪悪感を抱いていた。高校受験に失敗した虹輝に、これまで自由に生きてきた一樹は「学校だけがすべてではない。自由に好きに育ってくれたらそれでいい」と思っていたが、虹輝は高校進学の道を選び、翌春に高校合格を果たす。学校の昼食は「父さんのお弁当がいい」と虹輝が言ったことから、一樹はミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する。

父息子の多くはないコミュニケーションをお弁当が取り持つところに愛と温かさを感じて泣いた。どんなに忙しくてもどんなに時間がなくても朝にはお弁当が置いてある。時には失敗したんだなって思うおかずもあるし、これおいしい!っていう新しいおかずもある。
誰かが自分のために約束を果たしてくれるってすごくうれしいことだなって思った。
ありがとうごめんねがちゃんと言える家族の関係性も素敵だなと思った。

キャスト・作品情報


監督:兼重淳
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
制作:松井智、村松秀信、山元一朗、藤島ジュリーK.、小池賢太郎、東口幸司、村田嘉邦、吉川英作、鉄尾周一 脚本 清水匡、兼重淳
原作:渡辺俊美
音楽:渡辺俊美
主題歌/挿入歌:井ノ原快彦道枝駿佑
上映日:2020年11月06日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:119分
長年連れ添った妻との別れを決意した鈴本一樹。自分と暮らすことを選び、高校に進学した息子・虹輝のため、一樹は3年間欠かさずお弁当を作ることを約束し。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】