洋画(外国),洋画な行,ファンタジー,ホラー(horror)

ナイトブック
魔女ナターシャを演じるクリステン・リッターのイジワルなドSな魅力とゴージャスなファッションが楽しめるファンタジーホラー映画。
アレックス(ウィンズロウ・フェグリー) は、怖い話が大好きな男の子。
だが、親友のジョシュから「不気味」と言われたことから傷つき、今まで集めたホラーグッズや自分が書いたホラー小説「ナイトブック」を焼き捨てて「普通」になろうとした。
ある日、悪い魔女ナターシャ(クリステン・リッター)のアパートに閉じ込められてしまい、生き残るために毎晩1つ怖い話をしなくてはならない状況に。
アレックスは、そこに同じく閉じ込められていたヤスミン (ディア・ジュウェット)と協力して、そこからに逃げ出す方法を探す。

キャスト・作品情報



監督:デヴィッド・ヤロフスキー
出演:クリステン・リッター、リディア・ジュウェット、ウィンズロウ・フェグリー、カイラ・アイン
脚本:マイキー・ドートリー、トビアス・イアコニス
原作: J・A・ホワイト
原題:Nightbooks
製作年:2021年
製作国:アメリカ
時間:100分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画ま行,ホラー(horror)

マリグナント 狂暴な悪夢
『死霊館』ユニバースの生みの親で、『ソウ』や『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたハリウッドホラー界の巨匠ジェームズ・ワンが監督を務める完全オリジナルストーリーのホラー作品。

ストーリー



マディソンは、謎の殺人鬼が次々に人を襲う悪夢に悩まされていた。殺人鬼は漆黒の姿でどこからともなく現れ、予測不能な素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、なす術なく犠牲者ばかりが増えていく。殺人が起きるたびに、マディソンはリアルな幻覚かのように凄惨な殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の隠された過去に導かれていくことに…。そして、ついにその邪悪な手はマディソンの元へ。

キャスト・作品情報



監督:ジェームズ・ワン
出演:アナベル・ウォーリス、マディー・ハッソン、ジョージ・ヤング、マイコール・ブリアナ・ホワイト、ジェイク・アベル、イングリッド・ビス
脚本:イングリッド・ビス、ジェームズ・ワン
原題:Malignant
上映日:2021年11月12日
製作年:2021年
製作国:アメリカ
時間:111分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画か行,ホラー(horror)

古の儀式
主人公クリスティーナ(ブリジット・カリ・カナレス)は幼い頃、ベラクルスの地元の人々に憑依されていると信じられていた母ちゃんとのトラウマから墨西哥(メキシコ)のベラクルスを離れ、米国に移住して異文化に身を置いていた。
彼女は記者として米国の読者を興奮させるような魔術の記事を探すべく、久しぶりにベラクルスに戻った。
しかし、彼女が禁じられた洞窟を訪れ、その結果誘拐される。
彼女は、土地の人々がいまだにそないな話をしていることを知った。
クリスティーナを拉致した白髪の老婆とその息子にとって、この誘拐は敵対行為じゃなく、救助活動であると主張しとる。
洞窟には悪霊が棲んでて、クリスティーナの家系はどうも悪霊の好物らしくて、彼女に悪魔が宿れば、コミュニティ全体が危険にさらされることになると考えた。

キャスト・作品情報



監督:クリストファー・アレンダー
出演:ブリジット・カリ・カナレス、アンドレア・コルテス、フリア・ベラ、サル・ロペス、AJ・ボーウェン
脚本:マルコス・ガブリエル
原題:The Old Ways
製作年:2020年
製作国:アメリカ
時間:90分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行,サスペンス,ホラー(horror)

シライサン
飯豊まりえ主演、ミステリー作家・乙一が安達寛高名義で長編映画監督デビューしたホラーサスペンス。白と黒、両側面を持つ作家がメガホンを持った作品。
今回は黒。黒乙というらしい。
名前を知ったら眼球が破裂して死ぬという鬼畜にも程がある呪いを持ったニューヒロインシライサン。シンプルながらその強さと大きくて真っ暗な瞳でこちらを見つめてくる姿の恐ろしさは一級品。見てる間は動けなくなり目を逸らしてると動けなくなる可愛さも超一級の可愛さだ。
話もとんでもなくシンプルだ。目の前でシライサンに呪われた友人が死ぬところを目撃した女子大生と同じくシライサンに呪われ弟を亡くした男子大学生のコンビがシライサンの謎に迫る…ホラーでは人間同士のドラマも重要な要素だがそれも丁寧に作られていた。絵面は少々単調に見えるかもしれないがそこで語られる思い出やそれぞれのドラマには確かな説得力があった。
そして絶叫の演技が皆最高に良かった。飯豊さんの絶叫も迫力があるのはもちろん、今作には2名ほど死体を見つける者がいるのだがその2人の絶叫が大変よかった。実に”あったら起こりそうな絶叫”で聞き応えがあった。しかも今作過剰に絶叫せずいざと言う時に叫ぶので過剰にぎゃー!ぎゃー!とならないのが耳に優しく良かった。

キャスト・作品情報



監督:安達寛高(乙一)
出演:飯豊まりえ、稲葉友、忍成修吾、谷村美月、江野沢愛美、染谷将太、渡辺佑太朗、仁村紗和、大江晋平、諏訪太朗
制作:大角正
脚本:安達寛高(乙一)
音楽:中川孝
主題歌/挿入歌:Cö shu Nie
上映日:2020年01月10日
製作年:2019年
製作国:日本
時間:99分
親友の突然死から立ち直れない女子大生・瑞紀は、弟の変死に直面した春男と真相を探り始める。ふたりは“シライサン”の話に行き当たり…。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】