洋画(外国), 洋画さ行, ホラー(horror)

「ドッキリにハメた人が実はリアルガチの殺人鬼!」というバカバカしくもありそうで無かった設定がまず興味をそそりつつ、話が進んでいくと当初の状況から二転三転、いや四転五転するツイストが気持ちいい力作でした。

ドッキリ番組の映画だなんて一口で言ったらB級感が出たり安っぽい雰囲気がしてしまうけど、この映画はサスペンスホラーとしてまさに真っ当な二転三転さらには四転五転する展開を持ち、全く飽きさせない作りを持っていると言える。
監督:コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ
出演:ミーガン・ワーナー、オリヴィア・デヨング、イアン・メドウズ
脚本 コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ
原題 SCARE CAMPAIGN
制作年 2016年
制作国 オーストラリア
時間 80分
動画投稿サイトに押され停滞気味のTV番組「スケア・キャンペーン」。かつての栄光を取り戻すため、廃墟の病院でドッキリ撮影が行われるが。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

邦画, 邦画か行, エロティック-, ホラー(horror)

人気セクシー女優・高橋しょう子主演による裸ゾンビの大群に襲われる心霊エロティックホラー。
父親の看病のため借金返済に追われている主人公は、友人の紹介で行ったイメージビデオ撮影現場でレイプAVを撮られてしまうのであった。
しかも現場では謎の男たちがうろうろしているのだった。
とだけ書くと鬱系のように聞こえますが、実際はうろうろしてる謎の男たちがシュール過ぎて鬱な雰囲気はほぼ皆無。
まず初っ端からおっさんがおっさんを死姦してるシーンから始まってド肝を抜かれましたし、更にそのシーンのラストが壁に叩きつけられるチ○コというそうツッコミ入れるのが正解なのか分からないカオスさ!
ちなみにうろうろしてる謎の男たちは全裸でいい体なので、便宜上「全裸マッチョ」とします。
まあ便宜上の呼び方を決めても、今後ここ以外でその名前を使うことは特に無いのですが、最終的に全裸マッチョたちが大挙して攻めてきたせいで撮影クルーは全滅、主人公もセクシー女優の宿命として犯されてしまう訳ですが、そのシーンのシュールさも半端ない。
ゾンビ映画よろしくわらわらと押しかけてきた全裸マッチョたち、主人公を押し倒した途端に礼儀正しく綺麗な行列を作る。
別に列整理してる係員がいるわけでもないのに、ちゃんと列を作って順番待ちし、しかも事が済んだ全裸マッチョは一旦列の最後尾へ移動してまた並び直す。
監督:千葉誠治
出演:高橋しょう子、川島潤哉、高山和之、小原卓也、安保匠、天野美咲、大山真絵子、土屋雄、友松栄、道井良樹、松島圭次郎、福田優、小泉悦子
制作 山下武史
脚本 千葉誠治
音楽 諸橋邦行
制作年 2018年
制作国 日本
時間 74分
借金を背負った紀美は、高い出演料に惹かれ廃墟でのレイプビデオ撮影に参加する。乱暴された紀美が失神すると、スタッフたちが得体の知れぬ存在に惨殺されてしまう。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

洋画(外国), 洋画さ行, ホラー(horror)

最近よくある◯◯したら死ぬ系のクワイエット・プレイスで見たような設定ながらクワイエット・プレイスにはなかったパニックホラー映画です。
テレビの指示を即無視して旅を始めちゃう。吠えるのをやめられない犬を連れてきちゃう。結局やめさせられず捨てる。喘息なのにタバコを吸うおばあちゃん。案の定発作でベスプに気づかれる。命をかけて救ってくれた親友を爆破する。不法侵入がバレて怒った家主がベスプに襲われるのを放置する。
ベスプも呆れたのか中盤には自らミンチになりに行きます。ファンタスティック。
目的がよくわからないカルト教団も出てきますが気の毒なくらいなんの役割も与えられず凶暴化した主人公一家にぶん殴られまくります。
監督:ジョン・R・レオネッティ
出演:スタンリー・トゥッチ、キーナン・シプカ、ミランダ・オットー、ケイト・トロッター、ジョン・コーベット、カイル・ハリソン・ブライトコフ、デンプシー・ブリック、ビリー・マクレラン
原題:The Silence
製作:2019年
製作国:アメリカ、ドイツ
時間:90分


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】

洋画(外国), 洋画た行, アクション-, ホラー(horror)

クリスティーナ・バック主演によるホラーアクション。
アメリカド田舎のヤンキーカップルの結婚式。ジャケ写のウェディングドレスは一瞬たりとも登場しません!もっとゾンビ映画向けのドレスを着てます。これはなかなか可愛らしくて好印象。
本作の登場人物はほとんどがそのロカビリーな人というのが特徴。まぁその設定が活きているのはライブシーンとファッション、あとはウッドベースのエンドピンをゾンビに突き刺すシーンくらいなんだけど。普段真っ先に殺されてしまう彼ら彼女らの勇姿を楽しみましょう。
監督:ハイメ・ヴェレス・ソト
出演:クリスティーナ・バック、ダニエル・バルドック、ジュリー・モス、J・ラローズ、メリッサ・グルーヴァー、ランディー・モルナー
制作 ハイメ・ヴェレス・ソト、タミー・ベネット、メリッサ・グルーヴァー、ランディー・モルナー
脚本 タミー・ベネット
原題 DEAD WEDDING
制作年 2016年
制作国 アメリカ
時間 93分
ベッキーとグラントの結婚式の盛り上がりは最高潮に達していた。ふたりが永遠の愛を誓うため、ステージへと上がったその時、銃声と共に参列者のひとりがゾンビと化し、周囲の人々に襲い掛かる。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【DMM】