洋画(外国),洋画た行,アクション,パニック,ホラー(horror)

ダウンヘル
やりたい放題やって全部放り投げて気付いたら終わってたという、観客置いてけぼり型クライムパンデミックオカルトPOVゾンビパニックモンスタースプラッタースリラーホラー。
とにかくホラー映画で取り入れられる色んな要素を詰め込めるだけ詰め込んで、設定や展開なんて二の次、三の次。
何の脈絡もなく次から次へと出してくる新要素には、製作サイドに対してもはや露出狂に近い感覚さえ覚える。
BMXの試合に出るためにチリにやってきた主人公カップル。山の中を試運転してる最中に車の中で苦しそうにしてる男を発見。感染症のような症状が見られたので、助けるために車から運び出そうとすると、謎の武装集団に襲われる。そいつらから逃げながら人里離れた山の中から脱出を試みる。
監督:パトリシオ・ヴァラダレス
出演:ナタリー・バーン、ブライス・ドレイパー、ルーク・マッシー、マティアアス・ロペス、イグナシア・アラマンド、アリエル・レビ
脚本:パトリシオ・ヴァラダレス、ジョン・キーティング
音楽:ルイジ・セヴィローリ
原題:Downhill
上映日:2017年01月14日
制作年:2016年
制作国:チリ、カナダ、フランス
時間:84分
親友をレース中の事故で亡くしたBMXレーサーのジョーは、恋人と山を下りることに。道中、彼らは何かに感染したと思しき衰弱した男と遭遇するが、その直後、謎の武装集団に襲撃され。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画あ行,邦画,ホラー(horror)

犬鳴村
ジャパニーズホラーの第一人者・清水崇監督によるホラー。
とあるカップルがふざけ半分で心霊スポットで有名な犬鳴トンネルからというある意味、ベターな開始からスタート!
犬鳴村の呪いにかかった人達が、その呪いを解くべく、今はダムの底に沈んでしまった犬鳴村にまつわる謎や因習を辿っていくうちに、更に恐ろしい真実がみてえくる。
全体を通して怖さは控えめながら、イメージとしては、アニメひぐらしのなく頃にを下地に作ったかの様な感じを受け、日本の山奥に封印されたパンドラの蓋を開け垣間見たかの内容。
後半はファンタジー要素もありつつとストーリーを見てるとテレビの2時間ドラマを見終えたような気にもなった。近年のホラーものとはひと味違うJホラーだったともいえ、ホラーものが苦手な人でもギリ大丈夫かもで、至極恐怖の沼にどっぷりと浸かりたい人には少々物足りない部分もあるかもしれない作品。
監督:清水崇
出演:三吉彩花、坂東龍汰、古川毅、宮野陽名、大谷凛香、奥菜恵、須賀貴匡、田中健、寺田農、石橋蓮司、高嶋政伸、高島礼子
脚本:保坂大輔、清水崇
音楽:海田庄吾、滝澤俊輔
上映日:2020年02月07日
制作年:2020年
制作国:日本
時間:108分
臨床心理士・森田奏の周囲で突如、奇妙な出来事が起こり始める。わらべ歌を口ずさんでおかしくなった女性や行方不明、そして変死、それらの事件の共通点は心霊スポット・犬鳴トンネルにあった。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画さ行,コメディ,ホラー(horror)

ゾンビアス
「片腕マシンガール」「電人ザボーガー」のカルト監督・井口昇が、ゾンビ映画に自身のAV監督時代からの原点とも呼べるエログロ変態要素を詰め込み撮り上げたホラー・コメディ。
監督が井口昇、タイトルが「ゾンビアス」ってだけで下品でフザけた映画だとは想像が付きました、が思っていた以上にもっと下品で汚い映画でした。
うら若き乙女たちが、汲み取り式便所から現われた汚物まみれのゾンビたちに襲われるさまを、女優陣の体当たりの演技とエログロお下劣描写満載で描く。主演は「楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女」に続いて井口作品2度目の登場となる元人気子役出身の中村有沙。
妹の死からなかなか立ち直れずにいる女子高生の恵は、先輩の亜矢に誘われキャンプに出かける。やがて山奥のさびれた村へと辿り着いた一行だったが、そんな彼女たちを、汲み取り式便所から現われた汚物まみれのゾンビたちが待ち受けていた…。
ZOMBIE ASS TOILET OF THE DEAD
監督:井口昇
出演:中村有沙、菅野麻由、護あさな、優希、ダニー、岸建太郎、亜紗美、デモ田中、島津健太郎
脚本:井口昇、村田青
原作:久保忠佳
音楽:福田裕彦
制作年:2011年
制作国:日本
時間:85分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,サスペンス,スリラー,ホラー(horror)

『サプライズ』のアダム・ウィンガード監督が手掛けたサディスティックスリラー。
元カレが猟奇殺人鬼(しかもネット上でファンサイトが作られ信者がいるようなカルト的人気を誇る殺人鬼)で、その彼氏を通報して刑務所送りにした主人公のところに、脱獄した元カレが命を狙って。
本能的に体が殺人に走ってしまうカリスマ的殺人鬼ギャレットの脱獄と、断酒セミナーで出会ったサラとケビン二人の男女の恋愛とが交互に映されます。
警察の捜査網をかいくぐりながら、どんどんと惨殺を繰り返すギャレットの一方、同じ苦しみを分かち合いながら気持ちを触れ合わせるサラとケビン、「サイコホラー?ラブロマンス?一体この話はどこに向かうの?」と困惑をしつつも、宣伝文の「This is a LOVE story」の通り、おおよそ登場する膨大な死体の数から想像できない程、切なく美しいラブストーリーに帰着する奇妙な映画がこの『ビューティフル・ダイ』です。
監督:アダム・ウィンガード
出演:AJ・ボーウェン、ジョー・スワンバーグ、エイミー・サイメッツ、ブランドン・キャロル、レイン・ヒューズ
制作:ザック・ゼマン、サイモン・バレット
脚本:サイモン・バレット
原題:A Horrible Way to Die
上映日:2013年11月30日
制作年:2010年
制作国:アメリカ
時間:87分
連続殺人の罪で服役中のギャリックは、看守を殺し刑務所を脱獄。殺人を重ねながら逃走を繰り返し、過去を捨てて生きようとする元恋人・サラの下へ向かう。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】