海外ドラマ(外国),海外ドラマた行

チェルノブイリ
第1話『1時23分45秒』…1986年4月26日未明、旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で爆発が起こる。現場監督の副技師長ディアトロフは、部下に原子炉の炉心へ行き確認するよう指示する。一方、出動命令を受けた消防士ヴァシリーが現場に向かう中、近隣住民は、遠くで起きている火事を見物していた。そんな中、発電所幹部が核シェルターに集まり、事故は適切に対応され、甚大な被害はないという見解で一致し。

第2話『現場検証』…翌朝、核物理学者のホミョクが勤める研究所で高濃度の放射性物質が検知され、近くの病院は搬送された作業員や消防士、その家族でごった返していた。クレムリンではゴルバチョフ書記長ら政府幹部が集まり、事故は適切に対応されているとの認識を交換するが、居たたまれなくなったレガソフは原子炉が損壊している恐れがあり、高い放射能が漏れているはずだと発言。書記長はレガソフと副議長に現場検証を命じる。

第3話『KGB』…事故から4日後、被曝した消防士の妻リュドミラは夫が転送された病院に駆けつけ、絶対に彼に触れないという条件で面会を許される。現場では火災は消し止められるもメルトダウン(炉心溶融)が始まっており、汚染された水が大陸中に流出する恐れがあると気付いたレガノフは、避難区域を拡大するようゴルバチョフ書記長に訴える。ホミョクは事故当時の状況を作業員に直接聞くため彼らが搬送された病院に向かう。

第4話『掃討作戦』…当局は軍を増員して危険区域に残る家畜や残された犬などの動物の処分や、汚染された樹木や地表の処理にあたる。レガソフらは、高度の放射能汚染のため5ヵ月が経ってもまだ手を付けられていない原子炉の屋根の上の作業にロボットの使用を試みる。現場の惨状をよそに当局は、事故による被害の大きさは世界規模ではないとの見解を固持する。ホミョクは現場監督だったディアトロフに事故当時の状況を聞くが。

第5話『真実』…1987年7月、シチェルビナ、ホミョク、レガソフは、法廷で事故の当日発電所で起きた一部始終を調査した結果を法廷で証言する。レガソフの証言中、シチェルビナは激しく咳き込み、自身の体調の急激な悪化を実感する。今回の証言が前回の証言内容と異なることを指摘されたレガソフは、前回は当局やKGBを恐れて嘘の証言をしたが、隠ぺいの代償の大きさを分かって欲しいと真実を訴え、身柄を拘束されてしまう。

何が起きたかもわからないまま焼けただれていく皮膚、体中から噴き出す血液。じわじわと、しかし確実に迫ってくる未知の物体への恐怖。その描写が痛々しいほどにリアル。
「まさかそんなわけはない。」「今まで一度も起きなかったんだから、大丈夫。」そんな言葉の浅はかさを改めて、心に刻む。
製作総指揮:キャロリン・ストラウス
監督:ヨハン・レンク
出演:ジャレッド・ハリス、ステラン・スカルスガルド、エミリー・ワトソン、アダム・ナゲイティス、ジェシー・バックレイ、ポール・リッター、サム・トラウトン、カール・デイヴィス、コン・オニール、デヴィッド・デンシック
脚本:クレイグ・メイジン
原題:Chernobyl
製作年:2019年
製作国:アメリカ、イギリス


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

海外ドラマ(外国),海外ドラマた行

ポルノストリート in NY シーズン 3

ストーリー・サブタイトル


第1話「7年後」…まもなく1985年を迎えようとしている、ニューヨーク42番街の歓楽街“デュース”。街は浄化が進み、再開発の波が押し寄せようとしていた。ポルノ映画製作を続けるアイリーンは家庭用ビデオの普及で新たな岐路に立たされ、フランキーはそんなビデオポルノで一攫千金をもくろみ、人気ポルノ女優ローリーは薬物依存から脱して仕事に復帰する。そんな中、巷には“目に見えない”新たな脅威が迫っていた。

第2話「“例の病気”」…フランキーは素人ポルノで儲けようと販路を探り、ローリーは復帰したポルノ撮影現場で過激な演技を要求され激怒する。そんな中、アイリーンは、バーで知り合ったハンクと親密になり、自分の過去と現在を打ち明ける。ハンクは驚くが、そんな彼女をパーティーで友人たちに紹介する。ポールは恋人トッドが俳優として開花していく姿を見て喜ぶが、トッドの病は着実に進行していた。

第3話「放蕩娘」…NY署の風紀課ハディックスの元に初老の男が訪ねてきて、娘を捜してほしいと頼む。フランキーはルディに隠れて素人ポルノやドラッグで荒稼ぎを続け、ボビーのパーラーでは出張サービスが軌道に乗って店は繁盛する。アイリーンとハンクは深い仲になり、ハンクは彼女が撮るポルノ映画への出資を申し出る。そんな中、デュースの浄化を目指すゴールドマンは、立ち退きをしぶる古ホテルのオーナーに手を焼く。

第4話「欲望の代償」…脱ポルノ女優を目指すローリーは、ギターを習ったり新境地を模索するが、所詮自分は娼婦だと痛感する。アイリーンはフェミニスト・ポルノ映画の出演者探しに忙しく、ロレッタは反ポルノ活動に明け暮れアビーと対立する。オールストンは立ち退きを拒む古ホテルをなんとかしようと奥の手を使うことに。そんな中、荒稼ぎを続けるフランキーは、カサ増しして売ったドラッグが原因でトラブルに見舞われ。

第5話「復讐」…フランキーの死を悼んで親族が集まり、思い出に浸る。ポールは、入院したトッドのために両親を呼び寄せる。そんな中、ハイハットにアビーを訪ねて懐かしい人物が姿を現す。ローリーは地方へストリップ営業に出かけるが、生身の彼女を見て興奮したファンたちに恐怖を覚える。アイリーンは音信不通だった息子アダムと久々に再会。ヴィンセントは兄を殺した男の行方を追うが。

第6話「女の値段」…ヴィンセントは報復を恐れて銃を携帯するが、それが原因でアビーと口論になる。トッドの死でポールが悲しみに暮れる中、アイリーンも母親を亡くす。ボビーの店では、所属していた女の子たちが個人営業を始め、店の売り上げが落ちる。ローリーは無謀な撮影現場に行かされ、怒りを爆発させる。そんな中、オールストンたちはデュース浄化作戦の停滞に業を煮やし、奥の手を使い始めるが。

第7話「ローリー・マディソン」…仕事を失ったローリーは、アイリーンを頼ってロサンゼルスからニューヨークへ舞い戻ることに。一方、製作中の新作ポルノ映画が資金不足に陥っていたアイリーンは、人気女優であるローリーを新たに起用することで融資を得ようと思いつく。アイリーンはローリーの身辺の面倒をみてやり、ローリーは感謝して役を引き受ける。そして間もなく、ローリーが出演するシーンの撮影日が訪れるが。

第8話「夢のあと」…デュースの浄化計画が本格化し、市の新たな条例で性サービス店が次々に閉鎖に追い込まれることになる。ヴィンセントはマフィアと手を切ろうと決心し、アビーは人生の再出発を模索していた。そんな中、アイリーンは撮影中のポルノ映画が思うように進まず、製作を諦めかけるが、ハーヴィは完成させるべきだと彼女を説得する。そして月日が流れ。

キャスト・作品情報


製作:マギー・ギレンホール
出演:ジェームズ・フランコ、マギー・ギレンホール、ベンガ・アキナベ、クリス・バウアー、ゲイリー・カー、クリス・コイ、ドミニク・フィッシュバック、ローレンス・ギリアード・Jr
企画:ジョージ・ペレカノス、デヴィッド・サイモン
製作総指揮:ジェームズ・フランコ、ジョージ・ペレカノス、デヴィッド・サイモン、ニナ・コストロフ=ノーブル
原題:The Deuce Season3
製作年:2019年
製作国:アメリカ


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

海外ドラマ(外国),海外ドラマた行

逃亡者 デッドエンド
部長刑事マーカスは自宅で妻と息子を殺されるが、無情にも殺害容疑はマーカスにかかる。真相を突き止め無実を晴らすべく、マーカスは、護送車が事故を起こした混乱に乗じて脱走する。
第1話「焦燥」
マンチェスターのロングサイト署に勤務する部長刑事マーカスは、妻と2人の息子のひとりを何者かに自宅で殺される。ニュートンヒース署のラインハルトは状況証拠の数々からマーカスを犯人と断定する。
第2話「迷走」
護送車の事故に乗じて脱走したマーカスは、警察の追っ手から変装をするなどして身をかわす。自分が捜査を担当していたトルコ人犯罪組織のボス、ハッサンが殺された事件と、妻と息子殺しの関係性に着目して調べる。
第3話「真相」
ラインハルトはマーカスと揉み合って彼に逃げられたが、マーカスが犯人ではないかもしれないと思い始める。マーカスは重大事件の容疑者となるが、ついに黒幕の存在に気づき、最後の戦いに挑む。
制作総指揮:ニコラ・シンドラー
脚本:クリス・ラント
出演:ジョン・シム(マーカス・ファロー役/声:横堀悦夫)/ロージー・カヴァリエロ(スーザン・ラインハルト役/声:高乃麗)/アナスタシア・ヒル(アンドレア・マッケンジー役/声:塩田朋子)/クレイグ・パーキンソン(ショーン・デヴリン役/声:清水明彦)
原題:PREY
製作年:2014年
製作国:イギリス


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

海外ドラマ(外国),海外ドラマた行

デッドランド シーズン1
作家グレン・スタンディングの新しいテレビシリーズ。
最初の2つのエピソードを見て、マンダロリアンとウィッチャーに似たトーンと品質を持っていると思います。
償還への長い道のりにある、強力な反ヒーローは、予算と刺激的な対話、衣装とマオリ文化の振り付けの模範的な効果を持つ、歴史的なポリネシアのファンタジー設定に設定されています(動き、裸足、そして彼らの儀式のスタンスを見る感情や意図を示すために彼らの対話に組み込まれ、喜びでした)、私が見た中で最も没入型の世界の建物のいくつかのために一緒になります。
一見ユーモアとキャラクターのスプラッシュを追加しますが、すぐにニュアンスと成長とキャラクターのアーチのいくつかの本当に興味深い方向性の可能性を示します…そして間違いなく大ヒットの予算の一部を持っているショーHBOやディズニーのように、彼らの最高の側に立つことができます!
これがどこに行くのかを見て非常に興奮しており、それがふさわしいと認められることを願っています。

キャスト・作品情報


出演:テ・コエ・トゥハカ、ダーニーン・クリスチャン、カリ・コパエ
原題:The Dead Lands Season1
製作年:2020年
製作国:ニュージーランド
第1話「死者に告げる」
第2話「父の罪」
第3話「世界の端にある王国」
第4話「少年の悪魔払い」
第5話「世代戦」
第6話「アイデンティティの質問」
第7話「壊れた約束」
第8話「イノセンスの犠牲」


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】